とても気になるけど誰に聞けば良いの?というデリケートなお悩み。女性の数だけお悩みがあります。極端な話ですが人の顔が全員違うのと同じで、女性器も全員違うのです。男性も同じです。男性の数だけ性器の形も様々です。何も問題がなく最高のセックスライフ!という方もなかにはいらっしゃるかと思いますが、なかなかそういう方も少ないかと思います。お悩みがあって当然なのです。他の女性はどんなことで悩んでいるのだろう…と気になったことはありませんか?そんな女性の皆様が共感できるようなお悩みTOP 5をまとめてみました。

 【女性が抱えるセックスの悩みTOP 5】
 ■1位 オーガズムに達しない(イケない)
 ■2位 不感症かもしれない セックスが気持ちよくない
 ■3位 性交痛がある
 ■4位 彼よりも私の方の性欲が強いかも
 ■5位 セックスがマンネリ化してきた

1位にランクインした「オーガズムに達しない」というお悩みはよく耳にしますね。男性は射精することによってイクということを目視できますが、女性は目視できないので難しいところです。また、オーガズムに達するとこうなる!という例は様々目にしますが、やはり形ではないのでなかなか伝わりづらいですね。果たして、自分が感じているものがオーガズムなのか否かというのも確かめようがないという問題もあります。

2位にランクインした「不感症かもしれない 気持ちよくない」というお悩み。「気持ち良い」という感覚も千差万別です。手や口で愛撫されていると気持ちよく感じるけど、挿入したら気持ちよくない…など様々です。

3位にランクインした「性交痛」。痛いけどなかなか相手の男性に言い出しづらくて我慢しているという女性も多いようです。極端な話、凸と凹が重なるわけですから合わない形もあると思います。そうなるとどうしても痛みが出てしまうこともあるようですね。

4位にランクインした「性欲のバランス」の問題。彼よりも私の方がエロいの?彼よりも私の方が求めてしまう!など、たくさんの声を聞きます。相手よりも自分の性欲が強いというと、なんとなく恥ずかしい気持ちがしますね。お互いに50%ずつの性欲で合わせて100%ということなのであれば丁度いいのですが、なかなかそうもいきません。

5位にランクインした「マンネリ化」問題。パートナーと長くいればいるほど起こりうるマンネリ化問題。片方だけがマンネリと感じていると、溝が深まりやすくなります。相手になかなか言い出せずにいてもどかしい…という声もチラホラ。


【そんな悩みをどう解決する?】
■1位 オーガズムに達しない
そもそもオーガズムとは人によって様々です。雑誌等で「頭が真っ白になる」「やみつきになる」とよく取り上げられています。セックスは相手とのコミュニケーションの上に成り立ちます。なので、必ずしもオーガズムに達しなければならないという決まりもありません。オーガズムに達しないから悪い!ということもありません。固定観念を捨てることが大事です。セックスではオーガズムに達しないけど、マスターベーションでは達することができる女性も多くいます。ならばセックスのバリエーションを変えてみれば良いのです。挿入だけでイク決まりはないのですから、彼に愛撫してもらったり、お互いに触り合いをするのも1つの手段です。

■2位 不感症かもしれない セックスが気持ちよくない
こちらも1位のお悩みと重なる部分はありますが、これは相性ももちろんあります。別の人とはものすごく気持ちよく感じるのに、彼ではダメという女性もいます。 AVでは女性はあんなに気持ちよさそうなのに、私はそんなに気持ちよくないと比べてしまう方も。他人と比べるのはよくありません。だってあなたとは形も違いますし、セックスする相手との兼ね合いもあります。不感症には精神的な理由も肉体的な理由もあり、様々です。そんなときには1人で悩まず、クリニックに相談するのも1つの手かもしれません。

■3位 性交痛がある
これは判断がとても難しいです。ただ単に濡れてないということも考えられますが、「実は病気だった」というケースもあります。膣や子宮などの婦人科系の病気は目に見えないことが多いです。たまたま性交痛で判明することも少なくありません。性交痛を感じたら、まずはクリニックで相談されるのが1番安心ですね。

■4位 彼よりも私の方の性欲が強いかも
強くても良いのです。強いから悪いということではないのですから。片方の性欲が強いからもうセックスはしないということはないと思いますので、自分はしたいけれど相手はその気ではない…というのであれば、相手をその気にするテクニックを学んでみても良いかも!相手があっての行為なので、その段階も楽しむことが大切です。

■5位 セックスがマンネリ化してきた
これは年齢問わず、本当に多いお悩みですね。これが理由で破局してしまうこともあるわけですから、非常にナーバスな問題です。マンネリは仕方のないことです。同じ場所、同じ時間、同じ仕方など同じ相手同士がしているのですから、似通ってしまうのは当然のことです。そのマンネリをどう打開するかがポイントになってきます。受け身にならず、自分が行動することです。相手はマンネリと思っていないかもしれません。しかしあなたはマンネリと思っている。相手が変わるのを待つのではなくて、自分から少し変わった行動を起こしてみるとまた違うスパイスが入って刺激的なセックスになるかもしれませんよ。


セックスはどうしても女性が受け身になりがちです。たまには女性が主導権を握るのもありかも。 どのお悩みもそうですが、相手とのコミュニケーションがとても大事です。素直に口にすることは難しいかもしれませんが、気持ちよくないなら気持ちよくなる角度を探してみる、痛いのであれば痛くない方法を探すなど、互いにここをこうしたらもっと良くなるかも!という向上心も大切です。考え方1つで、お悩みも視点を変えればポジティブに考えられるかもしれませんよ!


RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss







*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ!!

≪魔女のスティック ≫twitterで話題のダイエットグッズ

www.tanpopomall.com
いつもの食事に混ぜるだけ!「1週間で-5キロ」に!

img02.1