付き合い始めの頃は、まだお互いどこかぎこちなくて、気遣いをし合えていたのに・・・。

人は簡単に慣れるもの!お互いが当たり前の存在となり、大切に思っているのに大事にしなくなります。そんな中ケンカは些細な所から勃発され、あれよあれよと破局の道にのまれていってしまいます。この様な末路を辿る恋人たちは少なくありません。

「ここまで言わなきゃよかった・・・」とか「あんな事言うつもりなんてなかった」と思っても後の祭り!言う前に気づく事・言葉はぶつけるものじゃなく伝えるもの、という事を頭に置いて
【たとえケンカ中でも言ってはいけないNGフレーズ】をお話ししたいと思います。

〈あなたの好きにしたらいいよ・・・〉
このフレーズは女性が活用する場面が多いのではないでしょうか?一見一歩下がり冷静なような感じもしますが、この言葉を言われた側は納得なんてできません。二人のケンカにも関わらず、彼女は戦線離脱を決めたのですから、彼からすると「はぁ?」となってしまいます。
ですが、この言葉を発してしまうのは、ケンカに疲れたから(お互いですが)。ただ、今、投げやりになってしまっただけなのです。こんな時は「もうケンカしたくない」と素直になることをお勧めします。


〈もう、面倒くさい!!〉
ごもっともなフレーズですよね。ケンカというものは面倒なものです。お互いにもっと理解し合い、分かり合うためのものならそんな風に思わないけど、慣れから生じる些細なケンカは犬も食いません。
例え面倒だと感じても、ケンカを始めたのはお互いなのですからグッとこらえ、仲直りをしたいのであれば二人で見つけていきましょう。


〈私たち合わないんだね・・・〉
この言葉は絶対に言ってはいけないフレーズ上位です。このフレーズを言われてしまったら、もうお手上げですよね。この後に続く言葉は「そんな風に思うなら別れるしかないね」です。相手に合わないなんて思われながら、お付き合いを続けていけるほど私達の心は広くありません。
このフレーズは本当に別れたい時にお使いください。


〈あなたといると疲れる・・・〉
疲れてしまうのはお互い様です。自分だけ悲劇のヒロインだと思うのはやめましょう。大きなケンカも些細なケンカも、一人に原因があるわけではありません(浮気などは別ですが)!!
ケンカはお互いが疲れてしまうものです。ならばそうならないように、そう思わないように思われないように、互いを思い合う事は必須です。

PAK86_pokapoka20140321500-thumb-1050x700-4894
今回は女性がケンカの際によく言ってしまいがちなフレーズを抜粋しましたが、男性よりも女性の方がこういうのが馴れているように思います。男性よりも女性の方が打算的で、我が強い生き物だという方もおられますが、筆者もその意見には賛同です。
だからこそ母親になれるし、どの世界でも女性は強いのです。ですからこの女性特有の思考を良いものに持っていければ、より最良ではありませんか?

思ってもいない事を口走ってしまう前に、まずは一拍おきましょう。そして自分の言葉には責任を持ちましょう。後の祭りほど情けなくて悲しいものはありませんからね。




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss







*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ!!

≪魔女のスティック ≫twitterで話題のダイエットグッズ

www.tanpopomall.com
いつもの食事に混ぜるだけ!「1週間で-5キロ」に!
20140804cimg02.1