人にはなかなか聞けないアソコの毛の処理方法。聞けないけど、とっても気になりますよね!見えないところもキレイに整えるのが女子力の高い証拠。ワキの毛と違って、人になかなか聞けないアンダーヘアのセルフケア方法をご紹介します。

【恥ずかしくて聞けない!けど知りたい!みんなのアンダーヘアのお悩み】
誰しも聞きたくなるような他人のアンダーヘアのお悩み。そう悩んでいたのはあなただけではなかった!?
・とにかくジャングル。密林のようになっている
・ゴワゴワしていて、下着に収まらない
・自分で処理をしてみたけれど、チクチクして下着からツンツンでてくる
・Tバックショーツを履くと後ろから毛がはみ出ている
・生理時などむれてかぶれを起こす
など、このような代表的な悩み。あなたも感じていませんか?アンダーヘアは髪の毛と同じで、生まれつき毛量が多かったり、質感にも差があります。

【箇所によって呼び名がある?】
アンダーヘアの呼び名は場所によって違います。アンダーヘアって1カ所ではないの?と思うのですが、部分によって呼び名が違うのです。
・Vライン(ビキニライン)
ビキニラインというとわかりやすいと思います。ショーツを履いたときに、左右にはみ出るラインのことをいいます。
・Iライン(陰部からお尻にかけてのライン)
この部分はなかなかセルフケアが難しいといわれています。ここをケアすることで、Tバックショーツや水着などを着用してもはみ出ることがありません。また、生理時のナプキンなどの蒸れからも解放されます。
・Oライン(肛門の周りのライン)
この部分もセルフケアはかなり困難です。生えていないように見えるほど薄い方もいれば、肛門を囲むくらい濃い方もいるのが事実です。ここをケアすると、排泄物の付着が少なく衛生面に良いといわれています。

【自宅でできるセルフケアとは?】
近年では、脱毛サロンでアンダーヘアをケアする人も増えてきました。しかし、サロンに行くのも気が引ける…自宅でなんとかできないのか?というお声に応えまして、今日は簡単に自宅でできるVラインのセルフケア方法をご紹介します。
■使用する道具
・はさみ
・電気シェーバー
・電熱線仕様のトリマー
まずここで注意したいのが、毛抜きやカミソリは肌トラブルを引き起こす原因にもなるので使用はおすすめしません。

①まず「はさみ」もしくは「電熱線仕様のトリマー」(電熱線で焼き切るもの)を使用して短くしましょう。毛の長い状態からいきなり電気シェーバーを使用すると毛が絡んでしまって痛みを伴うことがあります。まずはある程度の長さまで「はさみ」もしくは「電熱線仕様のトリマー」(電熱線で焼き切るもの)を使用して短くしましょう。
②毛流れに沿って形を整えます。大体の目安は3cm程度です。実際に普段履くショーツなどをあててはみ出る部分があれば、それに合わせてカットします。
③シェーバーで処理した肌の部分にローションやクリームをつけて終了です。

sexy-swimwear-sexy-bikini-lady-s-beachwear-fashion-bathing-suit-halter-bikini-monokini-tankinis-flower-swimsuitアフターケアはとっても大事。
あとで肌トラブルになることもあるので、お手入れをしたら必ずアフターケアを怠らないこと!

いかがでしたでしょうか。人にはなかなか聞けない密かな悩み。方法がわかれば自宅でこっそりケアすることも可能です。見えない部分もしっかりケアをして、女子力アップを目指しましょう!



RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss







*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ!!

≪魔女のスティック ≫twitterで話題のダイエットグッズ

www.tanpopomall.com
いつもの食事に混ぜるだけ!「1週間で-5キロ」に!
20140804cimg02.1