恥ずかしくて人に聞くことができないあの悩み!乳首や乳輪の悩みって誰しも抱えていると思います。普通はどんな色?どんな形?と人と比べたくなることもありますよね。そんなあなたに、こっそり教えます!

乳首や乳輪を上手にケアして「美乳」をゲットする方法をご紹介しましょう。

【乳首や乳輪のことで多い悩みとは?】
顔がそれぞれ違うように、乳首や乳輪も人によって様々です。それに伴い、お悩みもたくさんあります。
・乳首や乳輪の黒ずみ
・乳首や乳輪が大きい(または小さい)
・乳輪のまわりに毛が生えている
黒ずみの理由としては、下着との擦れや妊娠出産を経ての色素沈着など様々です。乳首や乳輪が大きかったり小さかったりするのも、個性として良いのですが、どうしても周りと比べてコンプレックスになりがちです。
そして、乳輪周りの毛。これは産毛なので体にあって当然の毛です。でも私って人よりも濃いのでは?と気になる部分でもあります。

【美乳をゲットするためのケア方法とは?】
雑誌に載っているような美しいピンク色の乳首や乳輪は、何もせずには手に入りません。美しいピンク色を目指すにはケアが必要なのです。
・加齢による色素沈着
誰しももともとはピンク色なのです。それが下着の擦れや加齢と共に色素沈着をして色が黒っぽく見えてしまうのです。加齢とともにターンオーバーのサイクルが遅くなるのは、お顔と一緒です。乳首や乳輪もターンオーバーのサイクルに合わせて、古い角質が剥がれ落ちています。
ただ、メラニンの生成も加齢とともに衰えるので、きちんとケアをすることでピンク色に戻すことも夢ではありません。
・ホルモンバランスの変化
妊娠や出産を経験することで、ホルモンバランスが変わり体にも変化がおきます。妊娠中期あたりから、女性ホルモンが急激に増え、そのホルモンがメラニン色素の色素細胞を刺激します。そのため、人によっては顔にシミやソバカスができるという方もいます。
乳首や乳輪も同じです。ホルモンがメラニン色素の色素細胞を刺激することにより、色素沈着がおこりやすくなります。


■ピンク色を手に入れる!乳首や乳輪のケア方法
乳首や乳輪も他の体の部分と同じ皮膚でできています。そうとなればケア方法は一緒。ピンク色を手に入れるには黒ずみを解消しなければなりません。簡単にご自宅でできるケアとしては、美白成分が配合された乳液やクリームを使います。顔の美白ケアと同じく、メラニンを薄くする成分が配合されているとより効果的です。

もう一歩進んだケアをしたい!という方は、ターンオーバーを促すピーリング剤やハイドロキノン、ビタミンC誘導体も効果的。今はそういったケア剤も多く販売しているので、試しに使ってみても良いかもしれませんね。

■セルフケアでは納得がいかない!確実に黒ずみを除去したい!
セルフケアをしてみたけれど、効果がいまいち。でも黒ずみをどうしても解消したい!という方には、皮膚科や美容クリニックを受診することをおすすめします。市販では扱えない濃度の美容成分など、医療的で治療に近いものが受けられます。セルフケアに比べはるかに効果は高いので、検討してみるのもアリですね!

xf0755007196lいかがでしたでしょうか。人それぞれ悩む部分は違いますが、同じ悩みを持っている方が多いのも事実です。なかなか言えないけど気になる!ということも、こっそり周りのお友達と共有してみるのも良いかもしれません。これらのケア方法を参考に、まずはやってみましょう!



↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ