最近では自分でムダ毛処理をする女子は少なくなったように思います。

毎回のムダ毛処理が面倒で、しかも間違った処理方法なら自身でするよりも断然脱毛の方がお勧めです。ですが、脱毛にもデメリットがあるので、出来る事なら自身でもツルツルな処理方法を知っておきたいですよね。

今回は、部分ごとに処理方法・処理後のケア方法をご紹介したいと思います。
部分ごとに脱毛がお勧めな所と、自分で処理できる所というのは違いますので、その違いなども一緒にお話ししたいと思います。 


『お肌を傷つけないムダ毛処理の方法』
お肌を傷つけない為に知っておきたいのが、ムダ毛処理は抜くのではなく、剃るということです。抜いたほうが剃るよりも長持ちしますし、剃り残しがないため良いと思いがちですが、抜く方が後にデメリットが出てきてしまいます。

毛根ごと抜いてしまいますと、毛根を支えている筋肉が衰え毛穴の開きや、部位自体のたるみにも繋がってしまうからです。

<ワキ>
ワキは一番濃くてしっかりした毛が生えてくるところなので、処理方法やアフターケアをしっかりしないと黒ずみや、毛穴の開きが目立ってしまいます。ワキが一番脱毛される方が多く、私自身も脱毛が一番お勧めですが、しっかりした毛なので脱毛も何回か通わないとダメと言う、少し面倒なところがあります。

自身でする処理方法は、まず部位を蒸しタオルなどで温め、毛穴を開き柔らかくします。保湿クリームを塗った後で行うのも、お肌を傷つけないためには効果的です。

黒ずみの原因は乾燥などからも来るものなので、ワキは特に保湿重視のケアが必要となってきます。

<腕>
腕の皮膚は他の部分と違い、強く出来ています。しかも腕の毛は、皮膚の表面にでてきて、自然と抜けるまで三カ月から半年と周期が長いため自身で処理する方が多いです。
ですが、気を付けたいことは、周期が長い事を知らず、頻繁に剃っていると毛穴が埋まる原因となってしまうので、気を付けたいところです。

特に外に出ている部分なので、乾燥もしやすく紫外線から守るためUVケアもしなくてはなりません。
UVケアはお肌に負担がかかるので、日々の保湿が重要となってきます。

<足>
足は範囲が広く、腕よりも毛が太くなり、剃り残しが目立ってしまう所です。ワキ同様脱毛する方が多い部分ですが、正しい保湿と処理後のケアをすればきれいな足を保つことが出来ます。

剃る率が高いのもこの部分なので、毛穴ケアにも徹底しなくてはなりません。黒いぽつぽつが出来ないように、処理する際は入浴中に蒸しタオルなどで柔らかくし、処理してください。

<VIOライン>
このアンダーケアは、脱毛か自己処理かで悩ましい所です。脱毛をIOラインにすると支えている筋肉がたるむ可能性があり、この部分は剃った方が良いのではと言う意見も多いです。

生理前などはこの部分を刺激するのは良くないので、周期などを守った方がいい部分です。


hiaruron


『ムダ毛処理の大事な事は、処理後のケア』
処理後のケアが一番大切で、黒ずみなどには美白効果のあるクリームを使用するなどしてメラニンの生成を抑えてください。

カミソリで剃った後は摩擦で熱が持つ場合もあるし、毛穴を引き締めるためにも冷たいタオルなどでクールダウンしてください。その後は、保湿クリームを塗ってお肌を柔らかく保ちましょう。

ムダ毛処理はやはり脱毛が一番なのでは?と思いますが、保湿すること、毛の生え変わる周期を知ること、切れ味の悪いカミソリを使わない事を意識していれば、脱毛するか悩んでしまう部分でも安心して自身で処理できるようになると思います。





↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ