晩婚化が進む現代、仕事にいきる女性が増えてきました。昔は25歳を過ぎたら売れ残り・・・なんて言われていましたが、今は25歳で結婚すると「早っ」なんて言ってくる人もいるようです。でも、心の中では「早く結婚したい」という願望は捨てきれていないんじゃないかなって私は思います。

さて、そんな未婚アラサーたちを描写したマンガ、「東京タラレバ娘」が話題を呼んでいるのをご存知ですか?どうやら、このマンガにやられているアラサー女子がいっぱいいるようで・・・(笑)


東京タラレバ娘の内容を簡単にご説明しましょう。
主人公は鎌田倫子33歳、脚本家(ただしネットドラマ)です。自分ではけっこうイケてると思ってはいるけれど結婚ができずにいる状態。自分で食べていけるだけの収入はあり、仕事もばりばりこなしているけれど結婚願望はある。昔振った男がいまだに自分のことを好きじゃないのかという勘違いをしてへこんだり、脚本の仕事を別の若い女に奪われたり・・・と散々な様子。

わかります?なぜ世のアラサーたちに人気があるのか?
それは、まさに「自分を映しているかのよう」だからです。

主人公の楽しみは、同い年で同じく独身の女友達二人と愚痴りながら酒を酌み交わすことなんですが、突然現れたイケメンに「うるさい」「『◯◯だったら』と『◯◯すれば』」ばっかり言ってたからそんな歳まで独身なんだろ」「もう女の子じゃないんだよ?」などなどの罵倒に怒りを覚えながらも反論できない自分に気づき・・・というのがあらすじです。

ああ・・・耳が痛い人もいるでしょう。確かに30過ぎの女が「私、お酒に弱い子なんです」っていったら気持ち悪い。「年収が●●円だったら結婚するのに」「もう少しイケメンだったら」・・・なんて、「タラレバ話」ばかりをしている。は~、これじゃ結婚もできないし、どんどん深みに入るだけですよね。

タラレバ娘から見る独身アラサー女性の結婚観や恋愛観というのは、やっぱり「そりゃ結婚できないだろう」っていうのが多いのでは。若いころと恋愛観がまったく違うんですよね。愛情を押し付けたり、相手を束縛したりしないので、大人になってしまっている。でも、それじゃ何のかわいらしさもない。

ドキドキよりも「一緒にいて安心する男性」が魅力的に感じ出しているし、経済力も重視。バツイチ男でも恋愛対象になってくるし、男性を顔で選ばなくなってくるのもあるでしょう。タラレバ娘を見ていると、何となく、自分の将来の姿のような気がしてくるという女性が多いと言います。

さらに、自分の将来が不安になってくるということも。私の友達も未婚の子がいますが、20代のころは「別に結婚しなくてもいい」なんて言っていたんですよ。でも、それが30代になったとき、「結婚はしなくてもいいけど、本当にこれでいいのかなと思うようになってきた」と言います。

やっぱり女子って、「仕事にいきる」といいながら、どこか結婚願望はあるんですよね。タラレバ娘を読んで、自分を見つめなおすのもいいと思います。





↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》