今、日本で一番使われているであろう無料通話アプリ「LINE」ですが、メールと違って相手が見ているか、見ていないかという‶既読“が分かってしまうのが問題です。連絡不精の人からすると、この機能なくていいんじゃない・・・なんて思ってしまいますが、女子からすると有難い機能でもあります。

例えば、彼にLINEをして既読になったという事は、今携帯を見ている!という確認でもありますし、見ていないの?という不安から取り除かれます。ですが、LINEを見ていると分かりきったうえで、彼からの返信が無いと不安でたまらなくなってしまいますよね。

今回は「既読になってるのに、何で連絡返さないの?!」という女子の不安を取り除こうと思います。男子は女子と違い、駆け引きと言うものをあまりしません。そのことをご承知の上、この先を読んでください。


【そもそも返信をあまりしないオトコの特徴】

このタイプなら、返信が遅いのもうなずける。というタイプがいますよね!
ですが、反対にこの項目に当てはまらない男子については、後ほどご説明したいと思います。

◆携帯に執着がない

◆誰に対しても遅いという、周りの話
◆仕事が忙しい・勉強が忙しい
◆生活リズムの違い

あなたの気になる彼は、この項目に当てはまりましたか?
一つでも当てはまるのであれば、連絡が遅いとか既読スルーというのもうなずけますよね。現に仕事が忙しいという男性は、プライベートと仕事をきっちり分けている方が多いので、仕事中に連絡しても邪魔になるかも・・・という女子の配慮が必要です。


【既読スルーする男子の本音】

では、ここからいよいよ本題の既読スルーされる理由についてお話したいと思います。これはきっと男子に限らず女子にも言えるのではないでしょうか?同じ人間ですからね、男子も女子も興味のない相手にはこんな対応になってしまうのです。

◆「返すのが面倒だから」
この場合、既読スルーされていても、何日か後に返信があるという事があります。返すのが面倒だからというのは、あなた自身が面倒だからと言うよりは、あなたが送ってきたLINEの内容が面倒だと感じた証拠です。だから、チャット方式でレスポンスが早いLINEなのにも関わらず、既読無視プラス放置というこうどうにでてしまうのでしょう。

「相手に興味がないから、既読スルーでも何て思われてもいい」
この場合は、完全にアウトです!どれだけ送っても返事は来ない一方でしょう。対して興味のない会話なら、ただ既読無視を繰り返されるのがオチです。彼からあまり返事が来ないから、自分も送らないでおこう!という駆け引きなんて無用なほど、決定的に彼はあなたに興味がないということです。

◆「この子とのLINEは楽しくない」
好きだとか、嫌いだとか、そんなんじゃなくて。ただあなたとのlineが楽しくないと思っている場合。最初にも書きましたが、返すのが面倒だからという男子同様、会話が楽しいものであれば、人は自然に返事をしています。
ですが、笑いもネタも驚きも興味もないやり取りなんて、いくらカップルでもその頻度は減っていく事でしょう。必要な連絡事項だけを述べ、他の会話はあった時でイイかな、と言う風に。


【私とのLINEって楽しい!と思わせる方法】

片思いの彼の場合でも、お付き合いをしている彼の場合でも「彼女との会話でも何でも楽しい!」と思わせる事は出来ます。今、軽く既読スルーがあるようなら、この打開策で彼の興味をこちらに向けることが必要です。
ですが、上記の通り手遅れだと思う方は、もう諦めて次の恋に精を出すことをお勧めします。

◆方法1:「おはよう」「おやすみ」というパターン化を失くす!
「おはよー!今日も一日頑張ってね」というお決まりすぎる内容が、毎日毎日送られてきても楽しくありませんよね。「ありがとう」や「◯◯ちゃんもね!」という無難な返答しか、相手も出来なくなってしまいます。この日常会話というものを、一旦やめる。というのがパターン化を失くす一番の方法です。
何か言いたいことだけを言うようにするとか、言いたいことが無い場合は送らないなど、メリハリをつけることであなたからのLINEが‶当たり前”という認識を失くせると思います。パターン化は飽きてしまう事が多く、マンネリになり新鮮味がなくなるため、あなたに特別意識が薄れていくのでしょう。

◆方法2:自分も好きな時に送る、相手の返事に対しても好きな時に送る
必要なやり取りをしている時に返信が遅いと、反対に嫌になってしまいますが。何てことない普通のやり取りなら、返信率は下げても大丈夫です。彼が送ったら、速攻で返事が返ってくる相手に、男子は焦りを感じることはありません。
男子とて人間なのですから自分に興味を持ってくれている相手だと、変に安心感を持ってしまうのです。ですから、いつもならすぐに返事がくるのに、最近遅いなと彼自身気づいてもらうことが大切です。


【さいごに】

最近の世の中は便利になっていますが、便利すぎて無駄に傷つくことが多いようにも感じます。携帯が無い時代の方が、もっと相手を思いやり考えていたでしょう。返信を強制することは出来ませんが、既読スルーを回避することはまだまだ出来るという事をお忘れなく。




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)