エッチの要求は彼に伝えていますか?という質問たいして‶いいえ”という女子が大半です。ですが男子の場合、‶はい”という答えが返ってくることが多いと言うのが、今回の重要なポイントです。男子は基本的に、エッチシーンでの要求はちゃんと言葉にします。セックスの興味が高いのも男子の方なので、過激なプレイのきっかけは男子の要望からという事が多いです。
ですが、女子は恥じらいがあるので、中々自分が望むエッチシーンを彼に伝える事が出来ません。そんな恥じらう乙女の気持ちを、今回は代弁し世の中の男子に伝えたいと思います!

【嫌よ嫌よも好きのうち・・・少し強引な感じで押し倒されたい】
女子が望むセックスは、洋服を脱ぐ前から始まっています。男子と違い、目や耳、言葉などで気分を盛り上げていかないと、女子が満足できるセックスは出来ません。ですから‶もしかしてセックスしたいのかな?”と感じながらでも、彼の手を「ダメ」と拒否することで、自分自身気分を盛り上げていくのです。

そして重要なポイントは、彼が「もう我慢出来ない!」という位強引に押し倒され、無造作に服を脱がされ彼の欲望に負けてしまいました・・・という少し彼にS気があるセックスシーンを望んでいる女子は多いです。多くの女子はM気質が多いので、この意見は女子の中では、よくある願望ですね。

【愛撫をもっと重要視してほしい!雑な扱いだと気分はダダ下がり】
愛撫が雑なのが一番嫌だ!女子がセックスシーン中で一番多い悩みです。ですが男子が我慢できなくなり挿入という流れが大半ですよね。女子が興奮する愛撫の仕方は、じっくりゆっくり、少しずつが最適で、特に背中から責められるのが一番興奮してくるポイントです。
性感帯は人それぞれですが、特に背中と首筋が性感帯だという女子が多いです。背中から抱き寄せられて、背中をゆっくり舐められると興奮しない女子はいないと思います。そして、恥ずかしい気持ちもありますが、色々な部分をゆっくりと優しく愛撫されることで、興奮は最上級に高まり女子自ら挿入をお願いするというのが、女子の理想でもあります。

【イカせることを諦めないで!中途半端だと満足しない】
女子のオーガニズムは、本当に人それぞれで、中には一回もイッタことがないという女子も少なくありません。ですが、こればっかりは男子も気にする所でしょう。イカセルまでに時間がかかって、手や顎が大変な事になることも覚悟の上です。

そんな彼を見かねて、イッタ振りをする女子が多いのも仕方がないと思います。でも、女子はイッタ後の挿入が何よりも気持ちがいいもので、イカズに挿入し彼がフィニッシュを迎えるというセックスを続けていると、物足りなさが増していき、不満へと変化してしまう事もあります。

【望むセックスシーンの可愛い伝え方で、男子をもっとその気にさせちゃおう!】
男子は、行動で女子にリードされることがあまり好きではありません(Mっ気男子は別として)。ですが、彼女も自分と同じように気持ちよくなって欲しいという思いはあるので、「どうしてほしい?」と聞かれたら素直に要望を伝えるのも大切な事です。何も言わずに、あまり気持ちよくなさそう・満足してなさそう、というよりも伝えることでよりよいセックスライフが送れるとのです。

ですが、ここでポイントなのが行動でガツガツリードするわけではなく、あくまでも女子の恥じらいは捨てずに、恥ずかしいけど言っちゃったという雰囲気が男子の頑張る!と言う気持ちを掻き立てるのです。

◆「もっとしてほしいな・・・」◆
この一言で全ての要望を伝えることは出来ません。ですが、自ら行動でもっていき、この一言を言うだけで男子の理性はぶっ飛ぶこと間違いなしです。

◆「恥ずかしい・・・」◆
この言葉を、して欲しいセックスシーンを伝える前に付けくわえるだけで、ほとんどの男子は女子の要望を受け止めてくれます。この「恥ずかしい・・・」という、セックスにおいての魔法の言葉は、使いようで男子の興奮はピークに立たすことができ、尚且つ彼女の望みも聞いてくれるセックスには必要な言葉です。

昼は淑女、夜は娼婦とも言いますが、やはりセックス中でも女子の‶恥じらい”は、いつの時代も男子には欠かせないポイントなのです。恥かしいのに、伝えてくる。というギャップが男子のキュンキュンポイントでもあり、もっとしてあげようと頑張ってくれます。

◆「そんなことしちゃ、ダメッ」◆
女子の「ダメ」と言う言葉は、基本的には「もっとして!」という事。男子も、本当にダメか。それとも、嫌よ嫌よも好きのうとのダメかは見分けがつきます。ですので、女子のこうして欲しいという場面では、あえて「そんなことしちゃ、ダメッ」と可愛く言って彼の興奮を煽りましょう。

「ダメ」と「気持ちいい」を交互に使う事で、彼女はこういうのが好きなんだなと、彼自身自然にわかりますし、次回からのセックスに組み込まれるようになるのです。彼にして欲しい事、して欲しくない事は、「気持ちい」や「もっとして欲しい」と言う言葉を出すか、出さないかで変化を出していくのです。
「それは、嫌」と本音を直接ぶつけるのは、気分も雰囲気もなくなってしまうので、「良い!」と言う時はあえて「気持ちい」と言う言葉を頻繁に使っていく事で、彼の中で有りと、無しの区別がつくようになります。

いかがでしたでしょうか?女子のセックスに対しての思いは、男子同様にお互い気持ちよくなりたいと思っています。愛の行為なのですから、よりよいセックスライフを楽しむことで、ラブラブな関係はずっと続くこと間違いなしです。


Vman

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)