ナンパなり合コンなりで、言い寄ってくる男っているものです。その中にいる男の中には、「遊び」の男もいますし、「本気」でアナタと付き合いたいと思っている男性もいます。付き合うのであれば、アナタのことを「本気」で思ってくれる人と付き合いたいものです。では、言い寄ってくる男の本気度はどうやったら見極められるのでしょうか?


◆言い寄ってくる男の本気度を手っ取り早く確認する方法とは?


①「私のどこが好き?」と冷静に聞いてみましょう。
この質問をしたときに、「全部」と答えるのではなく、「××なところ」とかなどと、内面のいいところをきちんと言ってくれる人は、いい加減ではなく、本当にそういったところを見てくれている男性だと思えます。

②「私、本気になると結構うざいよ?」と言ってみる。
目を見てまっすぐに、「私、本気になるとものすごくうざくなるよ?」と言ってみましょう。そこで「え~、まじで」と本当に嫌な顔をしたら、そんな男は相手にしないほうがいいです。真剣に、「それくらいだと嬉しい」と言ってくれる人だとアナタも本気になりやすいのではないでしょうか。

③目を見る彼かどうか?
遊びの男は、見るところはアナタの「体」です。胸だったり足だったりして、アナタの目を見ずに体を見てきます。露出度の高い服を着て、体を見てくるような男ならアウトですね。

④「私の名前をフルネームで言ってみて」と聞いてみる。
アナタが最初の方に自己紹介していたら聞いてみるといいでしょう。本気で付き合いたいと思っている彼女の名前が答えられないわけありませんよね。

⑤「携帯見られても平気ならいいよ~」と言ってみる
ここで「え、ヤダ」というようなら、「じゃ、無理」と言ってください。「私、彼氏の携帯とかチェックするタイプだから」と宣言して、彼が「いいよ」と見せてくれるなら、かなりの本命彼氏ですね。

⑥「私と付き合うなら、1日目で親に会ってほしいんだけど」と言ってみましょう。
いきなり初回で親に会う・・・なんて尻込みしていまうものです。しかし、本気だったら「いいよ」と答えられるはずですよね。まじめな交際するつもりなら、親に会うのも当然ですから、「うーん、早くない?」なんて言ってくるようであれば、「なら仕方ないね~。お友達ということで」と返してください。


◆遊び男の上手な振り払い方
遊び男の上手な振り方なんて簡単です。「好きな人がいる」で十分ではないでしょうか。または、「誰とも付き合う気はない」とか「フリーの時間を楽しんでいるから」でいいと思いますよ。思わせぶりな態度でずるずるいくほうが、よっぽどたちが悪いです。それこそ、恋愛関係のもつれからトラブルになる可能性もありますので、付き合う気がないのであれば、はっきりときっぱりと断りましょう。


◆本気男と上手に発展する方法
1:ゼロからの関係だからこそ・・・
合コンなどで出会った場合、「ゼロ」からの関係がスタートしますよね。ですから、より時間をかけて関係を築き上げたいところですが、友達ではないのでゆっくり時間をかけてもいられません。もし二人の関係をうまくいかせたいのであれば、会う回数をこれからどんどん増やしていくようにしましょう。
相手から誘ってくれないのであれば、自分から誘ってもいいではありませんか。それこそ、ただご飯を食べるというだけでもいいのです。大切なのは「回数を増やしてお互いを知る時間を作っていくこと」なんですよ。

2:素を出していこう
うまくいくためには、素をあえて出していくことです。作り物の自分を好きになってもらっても仕方ありませんし、疲れてしまいます。ですから、自分の普段の姿を相手に見せて、相手の素も見せてもらう。これでお互いの共通点を見つけていき、妥協点も見つけていくようにしてください。


◆さいごに
相手が本気なら、自分もきちんと受け入れるようにしましょう。それこそ、その彼と付き合いたいと思うのであれば、彼の気持ちをきちんとくみ取ってあげることですね。言い寄ってきたからといって、下心だけがあるわけではありませんから、身構えてばかりじゃいけませんよ。合コンや飲み会、友達の紹介の場合、相手をまだよく知りませんから、縁も簡単に切れてしまいます。でも逆に考えてみてください。
実際に回数を増やしていったときに、「合わないな~」と思うことがあれば、縁を切りやすい相手だからそのままフェードアウトということもできます。どう転ぶかはアナタ次第だということですね。ゆっくりと時間をかけていくのか、それとも、スピードを速めていくのかもアナタ次第で決まっていきます。

もし会う時間がなかなか取れないのであれば、LINEやメールで頻繁にやりとりをしてもいいと思いますよ。

shinjyuku-kabuki20140921225442500-thumb-1200x800-5683

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)