付き合い始めたばかりなのにもう、セックスレス!?
男ってセックス大好きな生き物なんじゃないの!?

草食系男子と言う言葉がはやり始めたころから、こういう話をよく聞くようになってきました。確かに、最近の男性の中には淡泊であまりセックスに関して興味が少ない人もいるようです。
けれど、他にも理由がある場合もあるわけで、性の事情は一言では言い表すことができないような複雑な背景をはらんでいることを念頭に入れておきましょう。そのうえで、自分たちのセックスレスの原因と、男性側の気持ちを推察し、良い方向へ行くようにお互いで努力していくことが、セックスレス解消のキーポイントになるのではないでしょうか?


【セックスに嫌悪感や罪悪感を持っているケース】
セックスに対し、嫌悪感や罪悪感を持っている男性は少なからず存在します。潔癖な母親がいたり、思春期の時期にうまく、周りの同性と性の話ができなかったりした場合、そうなるケースが多いようですね。SEXは汚いものでは無く、愛情交換だとわかってもらえれば、何とかなるでしょう。時間をかけてゆったりと信頼を築き上げていきましょう。ごく少数ですが、性的なトラウマを持つ男性もいます。

この場合のトラウマは、両親のSEXを見た、不倫現場を目撃した、自身が悪戯をされた、などかなりデリケートな問題であることが多く、あまり触れてはいけない部分になります。本人が「どうにかしたい!」と言う思いがあればカウンセリングを受けてみるのも手ではありますが、気長に寄り添ってあげるのが一番ではないでしょうか?

こういったタイプとのSEXはポリネシアンセックスがおすすめです。肌を寄せ合い、愛を確かめるSEX法ですので、嫌悪感が薄らぐのではないでしょうか?いやらしい雰囲気を漂わせるSEXではなく、愛を交わす神聖なモノであるという雰囲気で臨むのがベストでしょう。

【身だしなみが悪くなったケース】
「やった~!付き合えた!」と浮かれて、今まで気にしていた身だしなみを気にしなくなったなんてことないですか?短期間で激太りなんてしてませんか?女性は雰囲気で興奮しますが、男性は主に視覚や聴覚、嗅覚で興奮を覚えます。性的興奮できるような女性でいるよう、心がけましょう。

【ストレスを抱えているケース】
男性はプレッシャーに弱く、ストレスが大きいとどうしても、出来なくなってしまうことがあります。そんな時に「どうしてよ!ちゃんとHしてよ!」と責められるとますます状態は悪化。むしろ、男性のストレスを癒してあげたほうが治りはいいかもしれませんね。ちょっと優しく接してあげましょう。

【多忙で肉体的限界なケース】
すみません。この場合は本当に休ませてあげてください。Hって男性にとっては体力を使うものだそうで、無理にさせると倒れちゃうと思います。

【女性のほうが性欲があるだけ】
ただ単に女性の性欲が強すぎて、男性自体はセックスレスだと思ってないケースがあります。週に一回、セックスがあれば十分です。まだ若いカップルで月に一回だと少ないですが、それでもまだ、セックスレスとまでは言えないと思いますので、そのあたりは話し合いで決着をつけるしかないですね。

【雰囲気が良くないケース】
雑然とした部屋、いつも同じ空間、同じタイミング、こういうのは男性は嫌います。付き合って3か月を過ぎたころからこういった感情が芽生え始めますので、雰囲気作りは大事にするようにしましょう。

【男性が年を取っている】
個人差がありますが、30代を過ぎたころからぼちぼちとセックスがつらくなってくる男性が出てき始めます。「え!?男っていつでもどこでもできるんじゃないの!?」と思うかもしれませんが、実際はそうではなく、性欲のピークは10代~20代中盤くらいまでで、その後は緩やかに下っていくものなんです。早い人は30代中盤くらいでリタイア、遅い人は80歳でも現役バリバリっていうくらい個人差があります。

こればっかりはしょうがないです。ペッティングなどでカラダのふれあいのみで満足できる方法を見つけるのも手ですね。彼のほうもしたくない!というわけではないでしょうから、そうこうしているうちに改善されることもあります。どうしても!という場合は必尿器科で相談するといいですね。EDや勃起不全の治療相談も併せて行ってくれるでしょう。


あなたの彼はどのタイプでしたか?
セックスはデリケートな問題。誰にも言えない悩みですよね。でも、それは男性側も同じ。男性側も悩んでいる場合がありますし、女性に責められると申し訳なさでいっぱいになったりもしちゃうんです。ですので、二人で力を合わせて折り合いをつけていくようにしないといけません。愛はどちらか一方の気持ちだけでは成り立ちません。二人一緒に育んでいくものなのです。

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_m

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)