結婚前はお互いに何でも協力し合って、向上できる関係性を築いていこう!と言っていたのに…結婚後はもう「釣った魚にエサはやらない」的な状況に様変わりしてしまったという夫婦が増えてきています。よく奥さんは「結婚前は…」という会話を漏らしますが、男性はやはりそんな事も頭からすっぽり抜け落ちてしまうのでしょうか。
こんな現状が多い中、海外セレブの間では結婚前に事前に「婚前契約書」というものを夫婦で作っていると言うではありませんか。日本では、まだまだ認知は薄いと思いますが、最近では結婚前にお互い了承のもと契約を交わすことで、この後の夫婦生活をもっと快適良く過ごせるための必需品だといいます。この「婚前契約書」とは、一体どういった内容で作られるものなのか?をご説明したいと思います。

【婚前契約書とは?】
後に話し合わなければならない財産の取り扱い、そして考えたくもありませんが離婚時に無駄な裁判や話し合いを防ぐための条件、ほかに結婚生活においての夫婦の約束事や決め事を、初めの段階で決めてしまうことを「婚前契約」と言います。
海外セレブの方たちは、私達一般人に比べ資産など桁外れです。ですからうやむやにならないために、そうなった時に事前に対処できるようにと、海外では常識となってきている「プレナップ」が日本でいう婚前契約なのです。このように海外での認知度は高く、結婚前に契約を交わすなんて…と抵抗があるように感じますが、事前にお互いが良い方向へ向かうための約束事という意味で捉えるべきですね。

【婚前契約を交わす必要性】
婚前契約は、離婚時や財産など、大きな物事に対してだけの契約と勘違いされやすいですが、夫婦の小さな決まり事から大きな内容までと幅広く決めることでもあります。些細なことでケンカになってしまうようなこと、例えば「お正月はどちらの家で過ごすか?」とか「育児や家事の分担はどうしていくか」または「両親の面倒はどうしていくか」など夫婦間の決め事は沢山あるのです。
その一つ一つを事前に話し合う事で、その度の話し合いをなくすというイメージを持っていただけたらいいと思います。弁護士さんを交えてという話し合いは少し堅苦しいし、結婚前にそんなこと話し合いたくないという方たちなら、カジュアルにお互いだけで話し合い、その結果を箇条書きの覚書でもかまいません。話し合った結果を一応紙に書いて残しておこうという軽い気持ちでも十分です。
このように、いつかはでてくるであろう問題に対して、前向きに捉えるための契約、というか決まり事を夫婦で確認し合うことは、これからの時代大切だと思います。

【婚前契約書に書くべき事】
・財産の割り振り
・子供の権利
・離婚時の条件
・家事や育児の分担
・親の老後はどうするか
この上記は、起こりうる可能性がある問題でもありますので、決めるべき事として意識しておく必要があります。ですが、財産や子供、離婚時の条件などは、きっとお互いに納得のいく話し合いにはならないと思いますので、そんな時は弁護士や行政書士に相談しながら契約内容をお互い納得いくまで話し合った方が良いと思います。些細な事や小さなこと、お互い夫婦だけで決められる決まりごとは、お互いで話し合い行う方がいいですね。
ですが「夫の意見や支持には従う事」とか「妻の言い分は配慮すべき」などという、どちらかが拘束されたりする内容はお勧めではありません。婚前契約の大きな意味でもある、結婚生活を円満にという根本から大きくずれている場合は、お互いにとってマイナスでしかないですよね。この婚前契約は、もしもこうなった場合どうするか?というものではなく、お互いに理解を始めの段階で済ますことで、素敵な未来を二人で描いていこうという前向きなものです。
そこを意識していないと、どちらかが我満しなくてはならないという最悪な現状になってしまう可能性があるので気を付けなければなりません。最近は「こんなはずじゃなかった!」とあっけなく結婚生活にピリオドをうつ夫婦が増えてきました。それもその筈、お互いが「きっとこうであろう」という確認も無しに相手を決めつけ締まっている場合が多いからです。
だからといって婚前契約書を交わすことで、全ての夫婦が円満に過ごしているわけではありませんが、結婚前に話し合いお互いの意志や意見が聞けることで、色々な見方が変わってきますよね。自分に都合がいい事ばかりではなく、相手の意見も事前に聞いておくことで、結婚後の不満や愚痴などは減っていくと思います。嬉しい!楽しい!という感情も大切ですが、結婚は紙切れ一枚のモノ、その紙切れ一枚が自分の人生を大きく作用しているという事の重大さ、そしてその第二の人生結婚生活をお互い無理せず過ごしていきたいのであれば婚前契約は交わすべき新常識となることでしょう。

shutterstock_71124592
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)