男性の思いがけない姿にドキっとしたことはありませんか?同じように男性だって女性の仕草や雰囲気に思わずドキっとするものです。見慣れた姿ではなく、ちょっと変わった姿を見せることで、相手をひきつけることができるんですよ。いわば「ギャップ萌え」ですね。ギャップ萌えを使って、男子を萌え萌えにさせちゃいましょう(笑)

眼鏡
いつもコンタクトだったり、裸眼の子が眼鏡をかけてきたとき。「いつもと雰囲気が違う」と思うようですね。知的さやエロさがあるようです。伊達眼鏡も流行っていますが、どちらかというと、本当に目が悪くて眼鏡をかけてる女の子にキュンとする男子が多いよう。

一見クールなのに、たまに送ってくるかわいらしい絵文字入りのメール
いつもはクールな女性から、たまに絵文字が入っているメールを送られるとドキっとする男子が多いとのこと。女性らしさを垣間見えるということなのでしょう。もちろん、絵文字だらけのメールを送られてしまっても困りますが、上手に絵文字が使えることで、より印象が深まるようですね。

たまのドジ
いつも完璧に仕事をこなす女性が、たまに失敗してしまってドジる姿を見ると、「あ~、やっぱり女の子だな」と思います。逆に、仕事をほめられて真っ赤になって照れてる姿も、また可愛くてしかたないと感じるでしょう。同じように、いつもパンツスタイルなのにたまにスカートをはいてくる姿なども萌えポイントとなるでしょう。

しっかり者だった
普段はおとなしいのに、大事な場面ではしっかりと自分の意見を言える子は、見た目によらずしっかりしているなという印象を与え信頼も得られます。それに、遊んでそうに見えるのに、恋愛にとても一途だったりするのもキュンとするギャップですよね。

料理ができる
ネイルも化粧もばっちりで、どっちかっていうと、家庭的な風に見えないのにお弁当は自分できちんと作っていたり、きちんと自炊をしている女の子は生活力があるので男性は感心するでしょう。ご飯が作れないと思っている子の家に遊びに行って、さっと手料理が出てきたらもう彼はメロメロになること間違いなしですね。

【ゲンメツされるギャップには注意して!】
いいギャップがあれば男性の気持ちを引き寄せることができますが、逆にゲンメツされるようなギャップを見せてしまう人がいます。例えば、とても料理が上手そうに見えるのに、全然料理ができない・・・などもそうですよね。または、とても清純そうに見えるのに、ものすごく遊び人だった・・・などもそうです。
「ものすごく控えめでおとなしそうな子なのに、実は5股を平気でしていたのにはものすごく驚いた。好きにならなくてよかった。(20歳 男性)」
「一見お姉さまタイプに見えていたのに、一緒に飲みにいったらただのおばさん化した。(25歳 男性)」
上記いがいにも、こんな意見もあります。

とてもスタイルがいい女性だと思っていたのに、脱いだらすごいビールっ腹だったとかです(笑)

とても残念なギャップがあると、男性にひかれてしまいますので本当に注意したいものですよね。

【さいごに】
ギャップ萌えをさせたいけれど、どうしたらギャップ萌えさせられることができるのかわからないということであれば、いつもと違う自分になってみてはいかがでしょうか?先ほども例であげましたが、パンツスタイルばかりなら、たまにはスカートをはいてみてください。男っぽいと言われる女性であれば、女の子っぽさをアピールしてみてください。
年齢が30代とかであっても、子供っぽさを演出しても可愛いと思いますよ。かわいいぬいぐるみを「かわいい」と言ってみるだけでも、十分ではないでしょうか。持ち物などにかわいらしいキャラクターものを持っていてもいいですね。もちろん、年相応のキャラというのもありますので、40代の女性がポケモンとかを持っていたら「・・・」となるかもしれませんが、年齢問わず愛されるキャラクターだったらいいと思います。(例えば、トトロとか)
また、男性にとって女性から頼られるというのはとても嬉しいものになりますから、ぜひとも頼ってあげるようにしてくだあい。いくら仕事ができるからといっても、たまには、「お願いしてもいい?」と甘えてみましょう。もし甘えにくかったら、電球の付け替えなどをお願いしたり、男性にとって得意なものをお願いしてみてはいかがでしょうか?甘え上手はとてもいいことですよ。
いつもは完璧な女性であっても、「あ、こういうことが苦手なんだな」と思わせることも、上手なギャップ萌えテクニックです。「俺がいなくても大丈夫な人」と思わせるのではなく、「やっぱり女の子なんだな」と思わせるほうがいいということですね。

o04000265imagephpimage_uid00008735w400
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)