草食系男子が増えてきた現代男子。肉食系女子が増える一方で男子のガツガツ感は薄れていっているように感じます。

男子の中でも、今まで誰ともお付き合いをしたことがない方や、付き合ったことはあるけど童貞だという男子もいます。反対に女子が処女だという言葉の重さと、男子が童貞だという言葉の重さは少し違う感じがしますよね・・・きっとそれは初めての場合、やはり男子がリードしてくれるものだという女子の考えが根強いのだと思います。

しかも、彼女に経験があって彼にないとなると、彼のプレッシャーを考えると複雑な気もしますが、女子は経験がなかろうがあろうが、好きな人と結ばれることを幸せに感じるのです。

男子も同様ですが、童貞の自分が進んで事を運んでいくのに勇気がいると思います。そんな彼の気持ちを、優しく解きほぐし、お互い深くまで知ることが、彼女の役目でもあります。そんな童貞彼氏を持つ女子の皆さんに、彼に引かれないリードの仕方をご紹介したいと思います。


【童貞彼氏をエッチまでリードする方法】


◆そういう雰囲気になったら、彼女から「エッチしたい」と言ってみよう


何も恥ずかしい事なんてない、好き同士なら当たり前だという気持ちを持って、彼に素直に自分から言ってみましょう。彼はきっと思っていても、自分からは言い出しにくいものですから、彼の雰囲気も汲み取って「私もしたいな」と同じ気持ちだという事を伝えましょう。

◆エッチの前のキスに時間をかけ、彼の理性を吹っ飛ばす

エッチの前のキスを沢山しましょう。これでもかと言う位時間をかけることで、彼の理性は一気にぶっ飛んでしまいエッチまでの流れがスムーズに進むと思います。最初からディープなキスで相手を攻めずに、徐々に深くなっていく事が大切です。息も荒くなってくる時に、先ほどの「エッチしたい」と言う言葉で、彼の気分をそのまま繋げていきましょう。色気ムンムンな雰囲気よりも、恥じらいや緊張感を意識して、大っぴらにならないように気を付けてください。


◆服はお互いに脱がせ合うこと


ブラジャーの外し方も知らないのは当然なのですから、もたついているようなら自分でゆっくり外してみるのも雰囲気を壊さない方法です。反対に彼が外したいと言うのなら、無言にならず「恥ずかしいね」なんて軽い会話を交わしながら彼が外し終わるのを待っていましょう。彼の服も時間をかけ脱がしていってあげましょう、初体験だと前戯に時間はかける事が難しいので、最初のキスから服を脱がしている間も前戯だと思いましょう。ですから、行為の一つ一つを大切にし、その時間を楽しみましょう。

◆こうするものだ!という今までの自分のパターンを彼に押し付けない

彼女に今までの経験を、彼にしないことが大切です。今までのパターンを彼に実践することで、彼のパターンもそうなってしまうのです。二人の二人だけの進め方で、特別を作っていく意識が、彼女には大切ですね。
彼も一瞬でも、そう感じてしまったら、きっと頭の中はエッチどころではないと思います。今まではこうしていたんだ、きっと前の彼がそうだったのかな?と言う風に、童貞男子は繊細なので意識が違う所に持っていかれてしまったら、たたなくなってしまうという男子が多いのも納得です。それでなくても緊張で思うようにいかないのに、初めての場合は彼のペースに合わせ尚且つ、リードするという女として気合いを入れなくてはならない場面だと思います。

◆一緒にしていこう、という気持ちを忘れない

きっと彼は「こんな事もしてみたい!」「あんなこともしてみたい」と妄想で一杯だと思います。ですから、お互いにどうすればもっと相手は気持ちよくなれるのだろうという思いは持っておかなければなりません。こうしたらきっと気持ち良い!という自分よがりな考えではなく、少しづつ彼に聞いてあげてください。そうすることで二人だけの方法や、二人で作り上げていくエッチが出来ると思います。


【さいごに】

いかがでしたか?童貞彼氏は何かと大変かも・・・なんて思いましたか?いいえ!そうではありません。男子でも女子でも同じこと、初めては分からなくて当たり前で、2人で作り上げていく事に意味があるのです。

彼にはやっぱりリードして欲しいなんて思っているかもしれませんが、それは心配無用です。男子はそれでなくても女子よりも性欲が強い生き物。初体験を済ませば、彼自身のつっかえていた緊張なんかよりも、彼女と触れ合う気持ちよさに目覚め、ちゃんとあなたをリードしてくれる彼になっていくのです。

きっと最初のころの性欲は激しいかもしれませんが、そこで「いや!」という言葉は避けてください。
この言葉を言われてしまうと、どうしたらいいか分からなくなってしまうのが、童貞男子。彼の好奇心や愛情を汲み取ってあげることが出来るのは、彼女である、あなただけなのですから。








(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)