前日から、酷い時は何週間も前から、ドキドキウキウキしながら当日の服装を考え、メイクを研究し、前髪を少し切って、恋のテクニックだのHow toだのを読み漁り…………デートの醍醐味はそこでございます。楽しいやら緊張やらで、普段の生活にちょっとした華を添えてくれるわけでありますが、いざ当日、何かと頑張った成果やちょっとした変化に全く気が付かない彼氏に、募らせたキラキラの感情が一転する経験、お持ちですね。どの女性も必ずぶち当たるヤキモキする様な壁でございます。男は鈍感な生き物なのか、否か。どこに目がついているんだと煮える気持ちを今一度抑えて、コラムを読んで下さいませ。


【理由は大まかに二つ】

①……ズバリ、興味が無い!
少々極端且つ、厳しい言葉でありますが、真実は知っておくべきで在ります故、悪しからず。興味がアナタに向いているわけでは無い、しかし友達として簡単に飲みに行ける・遊びに行ける、そんなパターンでございます。自身も友達程度の感情ならばそれで波風は立たないのですが、一定以上の感情と期待を持っていたならば、腹のたつ事でありますね。分け目を変えた、カラーリングを変えた、ネイルを変えた、新しいワンピースで登場した云々、アナタの外面に興味が行かない彼にとって到底気が付くものではないのであります。”友達(アナタ)との楽しいお出かけ”に意識が集中していますから。そう考えると、別段イラつく事でもないように思えますでしょう。纏めると、意識がアナタの外面に向いていない、と言う事でございます。なんせ、友達ですからね。

②……元々鈍感!
上記とは違い、彼氏が気付いてくれない場合。男性というのはどうも”鈍感”なようで。女性側から言わせるとこの言葉で形容するわけでありますが、根本的な事を考えると言葉違いであることに気付きます。そもそも、男性は細かい所に気が向かないものでございます。機転・融通性また空気読む読まない等とは別の話しです。女性同士で当たり前にある「前髪切った?」「財布変えたんだ」「前のカラーの方が○○ちゃんに似合ってるのにー」云々の会話、彼氏に求めるのは勘弁して上げて下さいませ。少し髪を切った事や、メイクを変えた事、その他アナタが磨いた女子力には注意が行かないのです。女子の努力など何処吹く風、服装のダメ出しなんかは一丁前にしてくるわけであります。どこに力を入れて磨くかは、男女では大きく違いが出るわけです。彼が例えば真新しい洋服を着て来たとして、気が付きますでしょうか。彼のクローゼットを熟知しない限り、難しい事であります。毎回同じセットの服だったのに今日は違う!と言う時は直に解りますが。そして新品の服に気付かないアナタに対し、仏頂面をしたり捻くれたりするでしょうか。しませんね。気付いて貰おうなんて思っていないからであります。そこら辺が大きく違うのですね。

彼の為に頑張っているんだよ!という姿勢を見せたいのであれば、自分から宣伝しましょう。今日は先日買ったワンピで登場してみました、と。

 
【解ってよ、は伝わりません】
稀に、少女漫画のように念じた事が相手に伝わり嬉しい事はありますが、稀でございます。解ってくれと心で呪文を唱えても、伝わらない事のほうが多いわけでありますね。基本は違う生き物ですから、男女は。そこで突然ブスッとしてみたり、ぶっきらぼうになってみたり、どうしたの?と問われても「何でも」と返してみたり。余計伝わりませんね。彼も困り果ててしまうわけです。困るという事は、身に覚えがないから困るのであります。つまり、アナタの外面変化に気付かないのも、彼としてはわざとでは無いと言う事であります。嫌いだから、無関心だから、そう言う事では無いのです。先述した事と重なりますが、アナタと一緒の時間に意識を高めているわけです。

良く、変化に敏感でない彼は最低だ、とシビアなレッテルを張る女性が居ますが、そんな事は無いのであります。アナタの事を好いてくれているのなら、良いではないですか。女子力磨きは楽しいし、それを褒めてもらいたいと言う気持ちは痛い程頷けます。もう少し、彼の反応への期待を緩めてみてくださいませ。「知られないで当然」くらいの余裕があると、不意打ちに言葉を貰ったりして、喜びは増大いたしますから。

外見

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)