結婚してからというもの、自由な時間がない!やらなくてはならないことはたくさんあるし、一体どうしたら良いの!?と頭をグシャグシャにしているそこのアナタ。きちんとストレス発散はできていますか?今日はそんなストレス溜めている女性に向けた、是非とも実践していただきたいストレス発散法について、お話していきます。

【専業主婦がストレスを抱えやすい原因】
専業主婦ってもっと楽なものじゃなかったの!?という人も少なくないはず。夫の稼ぎで、手の空いた時間にはお稽古事に通ってみたり、お友達とランチをして楽しくおしゃべりするというのを夢見ていたのでは?現実はそんなに甘くなかった……家事に子育てと、家にいなくてはならない時間が長いこと長いこと。自分の自由な時間が1つもない!と思う専業主婦は、たくさんいると思います。
実際に、2014年4月4日から4月7日までにオウチーノ総研が調べた、20歳から49歳までの専業主婦・兼業主婦 各370人を対象とした「家庭と仕事に関するアンケート調査」によると、専業主婦の9割以上、兼業主婦の8割以上が家庭生活でのストレスを感じると答えています。なかでも、そのストレスの原因に驚きです。

〜家庭生活でのストレスの原因〜オウチーノ総研調べ
1位………旦那
「家事や育児を手伝わない」という意見が最多。その他に「旦那の稼ぎが少ない」、「旦那が家にいることが多い」、「旦那が飲みに出かけることが多い」、「感謝の気持ちを全く感じられない」、「旦那の帰りが遅い」など、様々。

2位………子ども
「言うことを聞かない」、「勉強をしない」、「わがままを言う」など、様々な意見。専業主婦は、半数以上が「子どもがストレス」と答えたのに対し、兼業主婦は3割以下にとどまった。世の中の旦那様、かわいそう……と言いたいところですが、これがリアルなので仕方ありませんね。2位の「子どもがストレス」という結果は、専業主婦と兼業主婦では割合に差が出ています。
専業主婦は、育児をしながら家の仕事をするという、1日のほとんどを自宅で過ごすケースが多いなか、兼業主婦は育児をしながら日中は外に働きに出ているという違いがあります。
兼業主婦は、育児もし、外での仕事もし、なおかつ家事もするという役割も多く、大変なように思えますが、家にいる時間や子どもと過ごす時間が専業主婦よりも少なく、その分外で発散できているという実情もあるようです。
もちろん、働きに出ている分、仕事のストレスというのがプラスされますが、子どもへのストレスという罪悪感が減る面では、精神衛生上に良いかもしれません。

【複数のキャラクターを持つ】
メディアにも多数出ている心理評論家の植木理恵先生も、こうおっしゃっています。「複数のペルソナをもつことで、夫婦生活も円満になる」要するに、自分のなかで複数のキャラクターをつくるということですね。専業主婦の場合は、夫に対して「妻」というキャラクターと、子どもに対しては「お母さん」というキャラクター。
実は、このキャラクターが多いほど、ストレスは軽減されるそうなのです。その場その場に合わせて、そのキャラクターに集中し、他の何者でもなくなるということ。趣味を持つことも1つの手です。「妻」「母」「◯◯(趣味)をすることが大好きな女性」というキャラクターを使い分けることで、気持ちの切り替えができ、ストレスを軽減することができるそうです。

【ストレスを吐き出す場所】
自宅にいて、かつストレスを発散できる方法の1つとして「ブログ」があります。SNSだと本名でやることも多く、いろいろな友人との絡みもあることから愚痴っぽいことはなかなか発信できませんが、ブログであればペンネームで行うことも可能!
なおかつ、「ブログを書く◯◯」というまた1つのキャラクターができることで、日常から少し離れることができるのもメリットの1つです。自分の好きなネタに対して、ハウツー記事などを書いてみるのも気分転換に良いかもしれません。

【1人の時間をつくる努力】
これは家族の協力が、必要不可欠です。週に1度、1ヶ月に1度でも構いません。小一時間でも1人の時間をもらうだけで、だいぶ気分転換ができてストレス発散もできるでしょう。たまには美容院やネイルサロンに行かせてもらうというのも、女性にとってはとても有効なストレス発散になると思います。

【日頃の周りの人との関わり方】
女性は、なんだかんだいって困ったことや悩んでいることを人に話すことで、ストレス発散することが多いと思います。ストレスも、気の置ける友人に話してスッキリするというのも1つの手段です。おしゃべりのお供に、美味しいスイーツというのも良いかもしれませんね!
日頃から、持ちつ持たれつ周りの人との関係性を築いて、ストレスが溜まってどうしようもない!というときには、専業主婦同士、他愛のない話でもしてストレスなんか吹き飛ばしましょう!

o0500035711978197350
(
女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)