生きていると様々な出会いと別れが列をなして起きて参ります。長く続くものもあれば、すれ違うだけの縁もありまして、まさに袖触れ合うも何とやらでございます。縁を結び、しかし別れが訪れ、その別れ際がどうも気まずいものであったなら、黒歴史に登録されるわけでありますが、その縁に、もう一度触れたいと思う時が来たら、どうしますでしょうか。今回はそんな事をテーマにコラムを執筆して参りたいと思います。

【誰にまた会いたいですか?】
何も気まずく別れた彼氏だけが対象ではないのです。友達や同僚、上司そして親族まで、心残りな人全てが対象でございます。

【素直に言えないのは何故か】
問題は「また会おう」と簡単に言えないということではないでしょうか。それぞれの理由があり気まずい最後になったはずでありますから、アナタの中でそれが後ろめたいのでしょう。つまり原因は自分にあったと言う事でありますね。
一方的にそう思い込んでしまっていて、相手は気にもしていないのに、という取り越し苦労の場合もあり、そうであればキッカケさえ超えてしまえば楽になるのですが。明らかにアナタの所為で周りが去った、となると難しいし意固地にならざるを得ないわけですね。
何故言えないんだろう、ともう一度考えてみて下さいませ。以下、例として。

①…連絡先を知らない/変わってしまっている
最近はSNSもありますから、まだ望みはあります。辛いのはそれすらも見つけられない/相手がそもそもやっていない場合でございましょう。

②…酷い事を言ってしまった
虐めてた同級生に会いたい、罵倒してしまった元カレに会いたい、そういった場合です。これは多分相手が再会を嫌がりそうであります。

③…失態をおかしてしまった
所謂、黒歴史であります。あの日、アノ人の前であんな事をしてしまった、あんな事を言ってしまった、奇妙な態度を取ってしまった等。夜中にフと思い出して叫びたくなるレベルのアレコレであります。つまり相手が絶対引いてしまったよな、と思っている場合ですね。

【会える方法!?】
 正直、ありませんね。アナタの中で「気まずい」という感情がある以上は、どんな事を言っても無理でありますから。忘れるか、気まずさを取っ払うか、の二択であります。相手が気まずいかどうかは解らないのですから。良く、相手が迷惑なんじゃないか、と奇麗事を抜かす人がいますが、そんな事誰も知り得ません。迷惑なら返事は来ませんし、そうでないならスムーズに行くのです。アナタが連絡できない事を相手の所為にするのは辞めましょう、実際思ってもいない事なのですから。先述しましたように、取り越し苦労の場合もあります。しかし結果は行動してからでないと解らないのでありますね。
例①のような場合は、もう諦めるか、運命を信じて待つか、という極端な方法になってしまいます。共通の友達から連絡先を聞くのも良い方法ですが、いつもいつも簡単な人生ではありませんからね。一期一会を大切にしろ、とはこういう事であるのかもしれませんね。

E1370584307107_1
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)