大好きな彼とのセックスなのに、なぜか感じない…。もしかして不感症?と心配になってしまった経験はありませんか?女子は男子と違い‶感じるセックス“を堪能することは少し難しい気もします。セックスはどちらかというと「男子の為のもの」という認識を持っている女子も多く、その理由から「セックスがなくても大丈夫」という女子が増えてきているのでしょう。
感じるセックスを堪能出来たら、セックスがなくても大丈夫です!なんて言っていられないと思います。それほどセックスは最大の愛情表現であるということなのです。ですが、性に対してオープンになれない女子なら尚更、どうしたらもっと気持ちよく、感じるようになるのか自問自答の日々ですよね。彼に直接「感じない」なんて言ってしまっては、彼のプライドはズタズタになってしまいます。ですが感じるセックスには彼の行動にもかかっているので、そこは上手い事進めていくしかありません。

彼とのセックスが感じれない=彼の事が好きではない、とイコールではない事を女子自身認識して、好きな彼とだからより一層お互いが満足できるセックスに変化させていく必要があるのです。その為にも、何故気持ちよく感じられないのか?という自分の身体と真剣に見つめ合う事が必要です。今回は、大好きな彼とのセックスをより良いものにするためにも、もっと自分自身を知ろう!というお話をしたいと思います。

 
【彼とのセックスが感じられない理由とは?】

◆ムード・雰囲気が全くない状態からスタートしている
「デートではいつもセックスをしている」というカップルの場合、長く付き合っていくうちに「することが当たり前」という認識になっていってしまいます。好きな人と会っているのですから、セックスをしたくなるのは当たり前ではありますが、慣れてきた時男子は最初の頃のようにムード作りや雰囲気を一切気にすることなくセックスを始めようとしてしまうようになります。そうなると気持ちも盛り上がることなく始まり、彼がフィニッシュを迎えたと同時に終わるというセックスがパターン化してくることでしょう。

◆前戯が短い(彼のペースで時間配分されている)
先ほど書いた「ムード作りが無いままスタートしている」というお話同様、女子は頭で気持ちよくなっていく生き物ですので前戯が短くては、セックスに目一杯集中することは難しいのです。前戯が短い傾向が強いのは若い男子に多く、彼女よりも「気持ちがいい」という気持ちが勝ってしまい、自分よがりなセックスをしてしまうのです。

◆セックスをする時は基本的に部屋が明るい

女子は脳内でセックスを盛り上げていくのに、部屋が明るいと妄想が中断されてしまうため、盛り上がることなくどんどん冷めていってしまう可能性が高いです。

いつも暗い中で行っているのなら、明るい場所でのセックスは効果的かもしれませんが、部屋が明るい、またはテレビや外の雑音が耳に入ってくると、気持ちはダダ下がりになってしまいます。

◆セックスの前、セックス中キスをあまりしない
キスを忘れる男子が多いのは皆さんご存知ですか?お付き合いが長くなってきたらセックス中にキスをすることが減ってきてしまいます。キスを忘れると言った方が正しいかもしれません。セックスを一番盛り上げる方法は、男子と女子とでは違うのです。女子は前戯が大切で、スピーディーなセックスよりもソロースターターのセックスの方が気持ちいいと感じやすく、その為にはキスで気持ちを少しずつ盛り上げていくしかないのです。

◆最初から最後まで、セックスの時間が短い
女子がオーガニズムを感じるまでにかかる時間は人それぞれですが、最低でも前戯から合わせて一時間半~二時間は必要なのです。その理由は女子自身感じる体になるためには、開発が必要になってきてしまいますし、どれだけセックスに夢中になれるかが掛かっているからです。ですから、男子のセックス所要時間で事を済ませてしまうと、物足りないと感じる女子は多いと思います。どこが気持ちいとか、そこはダメと言ったセックスにおける要望は、女子はあまり口に出しません。それ以外の事に関してはバンバン言いたいことを言う女子であっても、セックス中の要望は彼に遠慮をしてしまう女子が多いからです。

男のプライドが一番傷つくところなのだと思うから、こうして欲しいという要望が伝えられないのです。
「そこじゃない」とか「違う」といった否定的な言葉を発してしまうと、男のプライドは傷ついてしまいます。ですが「そこも気持ちいけど、ここもしてほしい」といった否定ではなく、付けたし言葉が大切なのです。男子は女子が思っているよりセックスに積極的な女子の方が燃えるという意見が多いので、こうして欲しいという思いは素直に伝えるべき所なのです。

 
セックスで感じられないと悩む前に、セックスに集中できる雰囲気を作ることを意識していきましょう。初めのステップは、まずはそこから始まるのです。頭の中がセックスに集中出来やすくなってきたら、次のステップは自己開発を始めるのがいいと思います。自分自身どこが気持ちいいのか知ることも大切ですからね。

セックス

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)