最近では育メン男子や、ロールキャベツ系男子、草食系男子など○○系男子というカテゴリー分けが増えてきて、正直何が何だかわからない!という皆さんの意見はごもっともですが、今期大注目○○系男子…それはヌクメン男子なのです!!もうその類のお話は耳にタコと言われるかもしれませんが、聞きなれないヌクメン男子とはヌクヌク…温もりを与える男子のようです。草食系男子位から、新しい男性像が定着してきたように思いますが、最近の○○系男子は、基本的に男・男していない男子が人気の様子です。そしてヌクメン男子も同様、男らしさが基本ではなくて、どちらかというと癒しや安らぎ、安心感を感じさせてくれる男子なのです。それでは、まだまだ世間に浸透されていない「ヌクメン男子」の生態を、徹底調査していきたいと思います。

 
【ヌクメン男子とは、一体どんなタイプの男子なの?】
ヌクメン男子の代表格と言われている「千葉雄大さん」です。その他にも千葉雄大さん演じる、大人気少女漫画「アオハライド」の菊池君のような青少年が、今女子人気急上昇のヌクメン男子なのです。しかもアオハライドの菊池君役が、なんと千葉雄大さんというから驚きですよね。わかってらっしゃる!と心の中で安心したものです。アオハライドを読んだ事がある方なら「ヌクメン男子って、菊池君タイプなんだな」と分かりやすいかもしれませんが、知らない方のためにもヌクメン男子の生態をご紹介していきたいと思います。

◆仕事ではパリッとしているけど、お休みはボケっとしているオンとオフがハッキリしている
お仕事や、しなくてはいけない事をテキパキとこなし、仕事が出来ないということはありません。その代り、お休みや休憩のときはフニャとなったりオンとオフがハッキリしている部分がヌクメン要素ともいえます。

◆優しさが基本よりも高スペック
優しい男子はモテル!という事実は世界中の誰しもが分かっていることですが、自然に優しく出来る男子は限られています。不自然な優しさも、不器用な優しさも、全て誰かと自分を思っての行動なのですが、ヌクメン男子の優しさは相手に気を使わせない優しさが表現できる高スペック男子のことなのです。

◆笑ったり、しょんぼりしたり、嬉しかったりと子犬のように表情豊か
表情豊かを武器にするのは女子の特権でもありますが、このヌクメン男子は子犬のように表情がコロコロ変わるのが特徴です。男子の癖に可愛さ抜群なヌクメン男子に思わず「こんな女子がいたらモテるだろうな…」と思ってしまうほどです。笑顔は男子女子に限らず、オールマイティに好かれるポイントなので、ヌクメン男子に欠かせない部分ですね。

◆キュートな雰囲気とは裏腹に、体のライン・細部までがキレイ
マッチョでもなくガリガリでもない、顔がキュートだから余計に体のラインが強調されるのかもしれません。ヌクメン男子に必要な清潔感は、体の細部がキレイであることが最も大切なのです。指先がキレイな男子は、女子に好感が持たれやすく、ヌクメン男子は指までがキレイという所が高ポイントなのです。

◆優しいだけじゃなく柔軟な男らしさを兼ね備えている温かみのある男子=ヌクメン男子というと、少し男らしさではなく優しいだけの男子と感じられやすいと思いますが、ヌクメン男子の魅力は優しさだけではないのです。男らしい一面、それはエスコート能力もあり「僕は男だから」という意識は決して忘れていません。ですから、ロールキャベツ男子とか草食系男子のように、女子に守ってもらいたい男子ではなく、ヌクメン男子は男として女を守らなければならない意識は持っているのです。優しさ溢れる草食系男子と女は守るもの!という男意識を持っている、最強男子とも言えますよね。

◆子供や動物などから好かれやすいタイプ
子供や動物に好かれる人に悪い人はいない!と言われるほど、この最強タッグに好かれると「この人きっといい人なんだ…」と思わせることが出来ると言います。言い方が少し悪いですが、この純粋無垢な生き物に好かれるということは、同じ匂いを持っていると感じるのでしょうね。
ですから、女子の定番である「こんな女子はモテる!」と言われる、赤ちゃんや子犬を見たら甲高い声で「可愛い~」と近づいていく女子が存在するのでしょう。計算ではなく素のままで好かれるヌクメン男子に、心奪われるのは仕方がないとも言えますよね。

 
いかがでしたでしょうか?最近人気球場暑中のヌクメン男子の生態はお分かりいただけたでしょうか?ある意味男としてというよりも、人として「いい人間」=ヌクメン男子のように感じます。男子はよく癒される存在を欲しますが、それは女子も同じこと。癒しは生きていく中で最も大切な部分なので、好きな人が、そんな存在ならいう事なし!だと思います。これからは草食系男子やロールキャベツ男子ではなく、ヌクメン男子が人気になるでしょう!

ヌクメン

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)