最近彼が構ってくれない!友達と遊んでばっかりで中々デートの約束も取り付けられない…好き同士でお付き合いを始めたのに一体何が原因で、この様な事になってしまうのでしょうか?この手の恋人同士の問題は意外にも多くて、お付き合いが長くなってきた時期位から勃発してきます。では一体なぜ彼は、彼女を優先せずに友達と遊ぶことを優先しだしたのか?その理由と彼の心情をお話していきたいと思います。

 
【彼女をそっちのけにしてまで友達と遊ぶ理由】

◆男子の仲間内による嫌われたくない願望
これは、男子特有の男子の世界から省かれるのを嫌がるという理由から、友達優先になってしまっていると考えられる原因の一つです。彼女ばっかりになると周りからは「彼女ばっかりだな!アイツ」と嫉妬される原因にもなるため、男子はそれを極端に嫌います。「男の付き合いってものがあるんだ!」と男子はよく言いますが、その理由はこの「嫌われたくない願望」が強く出てしまうためだと思われます。

◆優先順位は彼女ではなく「自分」
友達優先・彼女優先という男子は多いですが、やはり最優先重視は自分だから、このような問題が起きてしまうのでしょう。自分が友達と遊びたいから彼女をほっておく、男の付き合いがあるんだよ!というのも、裏を返せば自分が遊びに行きたいからというシンプルな思考の結果です。

◆彼女と居ても楽しくないから…
お付き合いも長くなってきたら新鮮味というものは薄らいでいってしまいます。しかもお互いに楽しめる趣味がない場合、デートはパターン化してきてしまい「何する?」「どこに行く?」と、マンネリしてきてしまいます。そうなったらせっかくの休みを彼女とダラダラと過ごすよりも、気の合う仲間と遊んでいる方が楽しい!彼女はいつでも会えるし…なんて思われてしまいます。
付き合いたての頃はデートとなると、どこにでも連れて行ってくれたり、彼女が行きたいな~と軽く口走った些細な言葉でさえ覚えていたりと頑張る男子ですが、マンネリ化が進むと極端な行動に出るのも男子の特徴です。連絡も減っていき、合う事すら出来難くなっていくようなら、彼のあなたに対しての気持ちは冷めてきていると言っても過言ではありません。

 
【自分勝手な彼を彼女優先にさせる方法】
男子が友達とばかり遊んでいる状況は、もしかしたら女子にも原因があるかもしれません。もしくはただ単に、友達と遊びたい時期というのもありますが、そんな彼に「寂しい」と気づいてほしいなら、そこは言葉一つで大きく変わるという事を忘れないようにして下さい。

◆「あなたが友達と遊びに行くって言うなら、私も遊びに行くね!」はNG言葉
この言葉は明らかに彼女の嫌味が混じっているのが分かりますよね?ですが、毎回毎回休みに友達と遊びに出掛けられていたら言いたくなる気持ちも分かります。
ですが、そこは「行ってらっしゃい」と気持ちよく送り出してあげましょう。自分勝手な意見ですが「せっかくこれから遊びに出掛けようとしているのに、気分落ちるような嫌味は言わないで!」と思われてしまう事を回避するのです。女子は思わず嫌味の一つや二つは自然と会話に盛り込んでしまう傾向があるので、そこを気を付けるのです。そうすることで男子自身「自分ばっかり遊びに行って悪いな…」という気持ちを自己認識させる必要があります。

◆今はほっておこうと、心に余裕を持ってみましょう
彼はきっと今遊びに行きたい時期なんだな、これからもっと大人になっていくと友達たちとの時間は自然と合わなくなっていくのだから、今は思う存分遊んでらっしゃい!というような大きな気持ちを持ってあげる事も、男子には大切です。男子同士で集まると、彼らは幾つになっても学生時代のように戻れるので、女子の交友関係と男子の交友関係は少し違ってきます。ですから女子の中の交友関係と、男子の中の交友関係を比べるのは間違っているのです。男が集まればろくなことがない!と思ってしまうかもしれませんが、そこは信用してみるのも大事だと思います。ですが、男のノリで女関係に手を出したら知らないわよ!と釘だけは打っておきましょう。

 
いかがでしたでしょうか?男子は友達と遊んでばかりでも、彼女を蔑ろにしているという意識はあまり無いようにも感じますよね。男子が彼女を嫌になってくる原因は、この様な問題が起きた時の彼女の対応により気持ちが冷めていってしまうと思いました。男子と違い女子は「休みの日は彼とデートは当たり前」という意識が強いので、このようなトラブルが勃発してしまうのです。
ですから、彼が今友達と遊びたい時期ならば心に余裕を持ってみたり、または自分も時間を見直し好きなように使ってみるのもいいと思います。彼ばかりになっている自分と卒業し、彼との関係に深みを増していくお付き合いの仕方を学んでいくのも必要です。

かまって

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)