好きな人のアドレスまたはLINEのIDを知ることが出来たけど、自分からは何を送っていいのかわからない…。片思い中や、気になる彼ができた時、女子の恋の悩みはこれにつきるでしょう。自分から行かないといけない恋の始まりは、少し空回ってしまう傾向が強いですが、空回り覚悟でいかないと彼に恋愛対象者として認識されませんからね。ここは女子の中でも頑張りどころと言えると思います。女子は基本的に受け身の方が多いので、彼から連絡が無いとなると「この恋は終わったのか…?」と悲観的になってしまいます。

ですが、どうでしょう。反対に男子のメンタルって最初の内はとても強いと感じませんか?こちらが返事をしていなくても連絡が来たり、または誘いを断っても誘い続けてくれたりと、最初の段階では男子のメンタルは中々折れません。肉食系女子が最近では増えてきたと言いますが、やはり女子は相手から誘っていただきたい、または連絡をしてほしいと感じる生き物ですから、このような悩みは基本的に女子の方が多いように思います。そんな悩める女子達必見の、気になる彼に上手いメールの送り方をご紹介いたします!

 
【彼と自分の関係性を確認する】
最初のステップは自分と彼の関係性を意識しなくてはなりません。仕事柄のお付き合い、知人の知り合い、または飲み会で知り合った彼など、出会いが違えば進め方は何十通りもあるのです。関係性を無視したメールを送ってしまうと、彼が受ける印象は良くないモノとなってしまうので、そこは意識していかなければならないポイントですね。今回は、どのような立場でも関係性でも必要なマナーや、相手に好印象を持たせることが出来るメールの方法をお話したいと思います。

 


【メールを送る時に気を付けたいこと】

◆彼がよしとするまでは基本姿勢は敬語で送る
日頃タメ口でも、敬語でも、最初のメールは敬語で行うのがいいと思います。「はい」や「分かりました」など日頃口にしないような、メールだけの口調が彼に対して新鮮味を感じさせることでしょう。彼が「敬語なんて使わなくていいよ」と言ってくれたら「何だか緊張しちゃって」なんて可愛いパスを出せるかもしれませんからね。

 

◆クエスチョンは一つのメールに一つだけ
ハテナマークを幾つも使ってたら、彼の返事の内容は答え合わせだけになってしまいます。そうなると、最終的には聞きたいことも底をつき無難で楽しくないやり取りが続いていく事になってしまうでしょう。彼を知るのに時間をかけましょう。少しづつ知っていき、楽しみはお互いの為に取っておくのです。

 

◆聞きたいことは遠まわしに言わず、ちゃんと言葉にする
気づいてほしい…この思いはメールでは伝わりにくいです。感情が乗らないデジタル化された文字ですので、自分がこんな気持ちで送っている!という思いは、そのまま彼に伝わる確率は凄く低くなってしまいます。ですから、遠まわしにまどろっこしい言い方ではなく、聞きたいことは聞いて見るのも潔くて受ける印象も違います。

 

◆自ら送る場合でも、返信する場合でも、夜分には送らない
彼にやっとの思いでメールをして、その彼の返信が夜中だったら、嬉しすぎて送ってしまいそうになりますがダメです!夜にラブレターを書くな!という言葉をご存知ですか?夜になると人は日中よりもロマンチストになる傾向が強く、そして寂しさを補うために少しオーバーになってしまうのです。
しかも、彼の返事が毎回夜中だというのなら、彼との距離を縮めるのは少し躊躇した方がいいと思います。

 

◆返事が来たら即レスではなく、一間おいてから返事をする
嬉しい気持ちが勝ってしまい、考えもせずに急いで彼に即レスしてしまったら「こんな事言うんじゃなかった…」とか「この内容が、返事が来ない理由なの?」なんて要らぬ不安に陥ってしまいますので、一息ついて何が一番いいのかな?なんて自分なりに考える時間を設ける事も大切です。だからと言って毎回毎回計算しつくされた内容を送るのは、少し違いますけどね。

 

◆メールはどれだけしてもメール止まり、勘違いしない
どれだけメールのやり取りを繰り返して、仲良くなってきたと感じても、そこはメールだけの世界なのですから勘違いしてはいけません。メールやLINEなどは、二人の関係をイイものにするためのツールでしかないのですから、ただダラダラとやり取りを繰り返しているだけなら、確実に男子は飽きてしまいます。送る時は送る、送らない時は送らないというメリハリを付けるのも作戦の一つですね。

 


【彼に送るメール内容とは?】

◆今、何してるの?スタートはNG!
この内容を使っていいのは恋人同士だけです。彼・彼女でもない相手に「何してるの?」と聞かれても困ってしまうのが落ちですから、この内容は念願のカップルになった時の為にとっておきましょう。

 

◆彼の趣味を入手し、誘いのメールではなく情報提供メールにする
遊び行こうと誘うメールは勇気がいりますが、彼の好きな事やモノに対しての情報提供メールなら、そこまで意識せずに送れますよね。彼が映画が好きなら「今度○○君が好きって言ってた俳優さんの映画がはじまるみたい!」なんて独り言風でも、自分の好きなモノを知っていたんだという安心感から、レスポンスはしやすくなっていきます。

 

◆長文は会ってからのお楽しみに取って置き、メールは基本的にシンプルISベストが基本
女子の特徴で、メールやLINEの文章が長い…。というお話を聞きますが、男子からすると最終的に何が言いたいのかな?となってしまうので、二回目のやり取り位で単刀直入に聞いてみるといいと思います。最初のやり取りで、聞きたいことを全て聞いてしまったら、自らが自爆しかねないので「今日はここまで」という風に決めておくのも楽しいと思います。

 

◆誘い+イベント=相手の予定確認が常識!
間違った例 私「○月○日って予定ある?」彼「どうかな?何で?」私「こういうイベントがあるんだけどね?」この内容と流れはNGです。何故かというと、何があるかという知らせを答えにして、先に予定を伺う行為は、相手に構えさせてしまいますし、ほぼの確率で断られることが多いからです。ですが「今度こういうイベントがあるんだって!一緒に行かない?」がスタートだと、イベントへの興味がプラスされ誘いに乗ってくれる場合もあるからです。最初の誘い方ですと、売りは自分だけとなってしまうので、彼があなたに興味がない限りあえて時間を割くことはないでしょう。

 

◆クエスチョンで返すことが大事!とは限らない
女子同士のようにいつまでも続くやり取りを男子は望みません。ですから、毎度毎度「~なの?」というような返しをしていたら、きっと彼は「いつまで続くのだろう?」と感じてしまうかもしれませんですから、自分からメールを送りやり取りをスタートさせたなら、引き際も自分で見極めなくてはいけません。

ダラダラ感が少しでも感じたら「ありがとね!また連絡するね」とでも言って退散しましょう。

引く時は引く、これが出来ないと「面倒だな」と思われてしまう可能性が高くなり、あなたが送ったメールが大切な内容だったとしても彼にとってワクワクするものでは無くなってしまうからです。このように忘れてはいけない事は、メールやLINEは恋愛における、ただのツールだということです。いくら連絡不精であっても、楽しいメールを送れなかったとしても、彼を配慮した内容なら自然にやり取りは続くのです。自分はこうして欲しいからした!という考えも大切ですが、相手も同じだとは限らないという事を頭に置いておくことも必要だと思います。

メール

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)