別れた彼女の話を「アイツはあ~だった」「こ~だった」って言ってくる男の人がいます。正直言って、「はいはい。だから何?」と言いたくなりますよね。それだけ彼女が好きならば、元に戻ればいいじゃんって話ですが、男って、どうも別れた女を忘れることができないそうです。
しかし、元カノの話をする男性は、元カノとヨリを戻したいからじゃないって知っていましたか?


・別れた元カノの自慢話をしてる男性、未練たらたらじゃないか?・
別れた元カノの話をする男性は、その元カノに未練があるのでしょうか?心理を少し覗いてみましょう。

◆武勇伝を聞いてほしい
多くの男性は、ただ過去の武勇伝を聞いて欲しいだけの人が多いようです。今まで付き合ったⅡずうやデートした場所など、それらをただ自慢したいだけです。

◆やきもちを焼いてほしい
元カノの話をして、アナタにやきもちを欲しいと思っている場合もあります。
「元カノは、よくスカートをはいていたな」「料理をよく作ってくれた」
・・・などといって、対抗意識を燃やそうとさせます。

◆自分がモテることをアピール
自分がモテることをアピールしたい男も、元カノの話をしてきます。でも、こんなことをしたって、何もならないって気づかないのもまた男なんですよね。


・女性が聞いててイラッとする元カノが〇〇な話・
女性が聞いていてイラっとする元カノの話の実例を挙げてみましょう。

「料理が得意だったらしい彼氏の元カノ。週末は彼が泊りにいくと、翌朝は彼が起きる前に起きて朝ごはんを用意していたらしいです。初めて私の家に泊まりに来た時に、彼が起きるまで一緒に寝ていたら「朝飯は?」と聞かれたことに驚きました。元カノと一緒にするなって思いましたね」

「足が太いからあまりスカートをはきたくないのに、元カノがスカートをよく履いていたからお前もはけって言われたときは、ふざけるなって思いました。」

「元カノは彼のお母さんととても仲良くしてたそう。私はあまり仲良くできていないので、それをいちいち言ってくるのはむかつきます。別れようかな・・・」

「自分よりもバリバリ仕事をしている元カノと比較されてうんざりします。会社が休みの日に「旧自治出勤しないの?元カノはサービス残業とか当たり前にやってたから、お前とはゆっくり過ごせる分嬉しいわ・・・と言われ、微妙か気持ちになりました」

・・・・他にもいろいろあるようですが、元カノの話を出されて比較されるとやっぱりイラっとしますよね。朝ごはんを作っておくのが当たり前っていうのは、困りものです。


・さいごに・
元カノの話をする男性は、その女性に未練があるかどうかというとそうではありません。戻りたいという気持ちはないという男性がほとんどです。本当にヨリを戻したいと思うのであれば、おそらくバレないように元カノに会ったりして連絡を取り合っているでしょう。

もし、あまりにも話をされるから「ヨリを戻したいなら戻せばいいじゃん」なんて怒ってしまっては後の祭りです。アナタに元カノの話をするという行為は、気を引きたいという現れですし、見栄をはりたい。アナタを焦らせたい・・・そんな心理が隠されているということに気づきましょう。男性の中で、付き合った人数をステータスに思っている人もいます。過去に付き合った人数が1人しかいない・・・などと言った場合は、男として恥ずかしいというプライドもあるのかもしれませんね。さらに、アナタと一緒にいることで、ものすごく幸せだからこそ過去の話をしてくることもあるというわけですね。とはいっても、過去の女性の話をするなんて、無神経です。

好きだからこそ、元カノの話をされたくないという人もいることでしょう。
そういう場合は、「元カノの話しないでほしいな。だってやきもち焼いちゃうよ」と伝えてみるのもいいでしょう。無神経な男はきちんと言葉で伝えないとわからないものですからね。
ちなみに、言ってもわからないような男であれば、元カノの話をされたらすかさず自分も元カレの話をしてみましょう。「元カノは料理を作ってくれた」ときたら、「元カレは私の好きな料理をあえて作ってくれた。しかも私が仕事から帰ってきてすぐに食べられるようにと、時間もはかってやってくれてたけどね」・・・という感じですね。もし彼が「あ、いやだな」と思ったら、相手も言わなくなるでしょう。

それでも相手が元カノの話をずっとし続けるのであれば、「私よりも元カノの方があなたに合ってるんじゃない」と言ってみるといいのではないでしょうか。「私よりも元カノのほうがいいよ」といわれるほうが、よっぽどこたえますからね(笑)

001

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)