男は浮気をするもの、昔からそう言われ続けてきました。それが男の甲斐性だとも言われてきましたが、はたしてそうでしょうか?女子からすると浮気なんてされたくない、他の女に行きたいのならコソコソしなければいいと、男子よりも男らしく感じます。男の浮気を心で泣きながら、顔は笑って見過ごさないといけないのか?それはとても酷な事ですよね。

結婚し二人の間に子供がいるとなると話は変わってきますが、お付き合いをしている段階で浮気をするようなら、正直先はないかもしれないという思いも持っておかなければなりません。
でも浮気をするということは、もしかしたら彼女にも原因があったかもしれない。この考えは彼が好きで、別れたくないと思う女子に多い思考の変換ですが、この考えは正解であり不正解です。この式に該当する男子は既婚者が多くて、未婚の男子には当てはまりにくい事が多いからです。一時の気の迷い、少しの好奇心、彼女ではなく違う誰かで埋めたくなった心の隙間、という方が正しいと思います。

契約を交わしていないだけで別れは簡単に出来ると感じる女子に比べ、男子は別れ話自体が嫌いという人が多いので、何か決定的な事がない限り男子から別れ話を切り出されることは少ないです。この部分が「男の浮気を防止するために必要なポイント」なのです。


【彼を浮気に走らせない為に気を付けるべきポイント】

◆浮気は許さない、だけど別れる気はないと彼に言っておく

浮気したら別れてやる!という女子が多いと思いますが、そんな事を言ったって浮気する男子はするのです。浮気は許さないけど、あなたと別れる気持ちなんてないと言われる方が、彼からすると「?」となってしまうでしょう。
「俺が浮気をしても別れる気はないのだ」と安心するでしょうが、それほど一緒に居たいと思ってくれているのかとも感じるこの思いは、恋人同士にとってプラスとなる可能性の方が高いと言えます。「信じるものは救われる」という言葉を忘れないようにしたいですね。

◆彼女は彼のとって楽しい・安心する・尊敬できる存在。この三拍子を意識する
浮気させたくないのなら、自分磨きだ!という恋愛指南書が多いですが、これは正解です。だからと言って何をどうしたらいいの?大雑把すぎて分からなくなってしまいますが、反対に自分自身相手の彼がどのような人間だと、この人と離れる事はないと心から思えるのかを考えるのです。
それはきっと、一緒に居ると楽しくて、この人と居ると自分は大丈夫だという安心感、そして相手を尊敬できるという、三拍子が揃っていれば怖いものなんてありません。自分磨きと言うと女子力アップと思われる方が多いと思いますが、これは人間力の向上を意識してもらいたいと思います。

◆一緒に居る時は「他の子見ちゃダメ!」でも別々の時は詮索をしない
二人の時間は二人の時間、だから嫌な事は嫌と言っていいのです。ですが、お互い別々の時間の時まで「今何しているの?」「誰と居るの?」なんて彼を詮索しない事です。一緒の時間を過ごしていない時でも、彼女の頭の中は彼で一杯かもしれません。だからといって、彼もそうでないとダメなんて決まりは恋愛にはありません。
しかも男子なら仕事中や仲間でいる時など特に、彼女の事は頭にありません。そこは寂しがる必要なんてないのです。それほど不器用なのだと余裕な心でいることが、二人をより良い関係にしてくれるのです。

◆追いかけるよりも追いかけられる女子になること
男子の本能は追いかけたいという願望が備わっています。ですから、危機感を敢えて与えるわけではないのですが、離れている時は何しているのかな?と彼自身に思ってもらえたら、浮気の心配は無に等しいですね。「俺がいないとダメな彼女」という間違った安心感よりも「彼女がいないとダメな俺」という思いの方が、彼女に対する恋愛感は長続きすると思います。


このように、浮気をさせない方法は沢山あります。ですが、そのどれもがメリットとデメリットを持ち合わせていて、彼にはどんな言葉や行動が合うのかなんて、それぞれです。
ですが、どんな人間でも共通することは彼自身に「手放せない」と思われる女子になることが、一番の浮気防止方法なのです。だからと言って、皆さんがそうなれるとは限られていませんし。そうなる努力をしなくても、彼が自ら思ってくれる場合もあります。人間の魅力が尽きないと感じる相手は、いつまでたっても刺激があり、お付き合いが長くなることで安心感も生まれます。
ですから、浮気したら知らないからね?という脅しを恋愛関係で使うよりも、信じる気持ちの方が相手は裏切れない気持ちにさせるのです。彼に依存せずに、自分の時間は楽しみ、彼との時間はもっと楽しみ、お互いが向上できる関係性を築けたら「彼女しかいないな」と自然な流れで思ってくれる事でしょう。

36851_1316_c673d340_ac937a76

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)