付き合いたては毎日とてもワクワクドキドキ。でも、気を付けないと、すぐにダメになってしまいます。付き合い始めだからこそ、いろんなところに気を付けて、恋を長続きさせるための基盤を作りましょう。
いつも、交際が長続きしない、3か月以内にお別れしてしまう・・・そんな人には何らかの原因があるはず。その原因を探り、改善しないと次の恋もダメになってしまいますので、まずは原因を見極め、改善策を試してみましょう。


①恋人に依存しすぎ!
付き合いはじめはばかりの頃は、舞い上がってしまい、どうしてもカレを中心に考えてしまいがち。でも、「一分一秒でも長く一緒にいたい!」「男友達なんかより私を優先して!」「明日は初めて手をつないだ一か月記念で、その次に二人で映画観た記念で・・・」
とまあ、こんな感じで、相手の男性しか見えていない状況になった場合、相手の男性には、愛がとても重く感じられてしまうのです。相手に重く感じられてしまっては、すぐにお別れコースになってしまうので、愛の押し付けをしないように気を付けましょう。ラブラブな時期に楽しみたいのはわかりますが、ここでぐっと冷静になって相手の気持ちを考えてあげることができれば、二人の間に信頼関係が生まれることでしょう。


②食事のマナーがなっていない。
付き合って、二人で初めていったデートで相手の食事マナーの悪さに気づいて愕然とした。こんな話はどこにでも転がっています。食事のマナーについてはかなり重要で、これがなっていない場合、早々に別れを切り出されてしまう可能性があります。特に嫌われるのが、くちゃくちゃ言わせて食べる、肩肘をつく、ひざを立てる、箸の持ち方がおかしい、このあたりでしょうか?
もし、思い当たることがあったなら、このマナーの悪さが原因ということも考えられますので、矯正するよう心掛けましょう。どうやったら矯正できるの!?と思った人、今はマナー本がたくさん出ていますので、それらを読んで勉強してみるといいですよ。食事のマナーは家庭環境がバッチリ出てきます。相手の男性が良い家庭で育った人であればあるほど、食事マナーの粗悪さは見逃せないモノになってくるでしょう。次の恋を実らせるために、食事マナーの基本はしっかりと押さえておきましょう。


③否定が多い
かわいいねと褒めらて、「ありがとう!」と笑顔で返すのと「そんなことないよ!○○ちゃんのほうがかわいいって!」と一生懸命否定するのでは、素直にありがとうと言った方が好印象です。謙遜のつもりで言ったのでしょうが、せっかく褒められたのですから素直にお礼を言いましょう。一度や二度の否定程度では、即お別れとはなりませんが、毎回否定し続けていると、相手もめんどくさく感じてきますので、ネガティブな発言は抑えめにしましょうね。



④コミュニケーションがうまく取れない
コミュニケーションと言うのは、相手の意思とこちらの意思がきちんとお互いに伝わることを指します。ですので、何か聞かれても自分の意見を言えない、反対に、相手が口をはさむ隙もないほど話し続け、相手の意思を聞かないというケースもコミュニケーションが取れていない状態なのです。
振り返ってみてください。相手の話を聞きましたか?相手が話した内容を覚えていますか?それにあなたはどう返答していましたか?コミュニケーションが取れない相手と恋愛をするのは無理があります。相手の話を聞き、自分の気持ちも伝え、お互いがお互いの気持ちを理解できる関係を作ることができない限り、早いうちにその関係は消えてなくなってしまうことでしょう。どんな些細なことでもいいのです。話して聞いて笑って泣いて、そうやってきずなを深めていくものなんですよ。


⑤束縛が激しい。
束縛が激しい人も、恋愛は長続きしません。束縛は、あまり好まれるものでは無いため、ほどほどにしておきましょう。「昨日どこ行ってたの?」「誰とあそんだの?」「○○ってだれ?」こんなことを毎日のように言ってたら、聞かれたほうはたまったもんじゃありません。常に監視されているような、自由がないような、そんな息苦しさを感じてしまうもの。 
付き合っていて、楽しい>辛いとなったら、やっぱり別れちゃいますよね。恋愛を長続きさせるのには、、お互いが気持ちよく過ごせないとダメなのです。相手に「こいつといたら楽しいな」と思ってもらわないと、恋愛っは続きません。嫉妬するのもわかりますが、少し相手を信用して、束縛はほどほどにしておきましょう。


せっかくスキ同士で付き合い始めたのですから、その恋、長続きさせたいものですよね。たくさんの思い出を作っていくためにも、まずは冷静になって、二人の信頼関係を築くところから始めてみましょう。

uwaki-tyoko[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)