付き合ってて「あれ?なんかこの人、違うかも?」という瞬間ってないですか?それはもしかしたら相性が合っていないのかもしれません。相性が合っていない人と無理して付き合っていてもあまりいいことはありません。この人とはダメだ!と思ったら、別れて次の人に行くのも一つの勇気です。ただ、ちょっと違うな?と思っただけなら、お互いの価値観をすり合わせてうまくいくケースもあります。本当に相性が合っていない場合とそうでない場合がありますので見極めが大切でしょう。


今回は、この違和感は大事にしたほうが良い!と言う、相性が合わないサインを3つだけピックアップしてみたので参考にしていてください。

①金銭感覚が合わない。
金銭感覚の違いはお互いをすり合わせるのは難しいでしょう。浪費癖がある彼氏は、一緒にいて楽しいかも知れませんが、将来借金をする可能性もありますし、目先の楽しみばかりを追求するタイプが多いですので、要注意です。
そして、矯正しようにも、一度散財の楽しさを知ってしまっているので再発する可能性も。また、浪費とは逆にケチくさいカレも要注意。細かいとこまでケチケチしていると一緒にいて疲れてきますし、カレ以外の人と会っているときに、ついカレの癖が移ってしまっていて恥ずかしい思いをしてしまうことも。友人や家族に会わせる時にカレが貧乏くさい行動をしたら恥ずかしい思いをするのはあなたですので、注意してください。金銭感覚の不一致は、実は夫婦間でも離婚問題に発展するほどの、大きな問題です。軽く考えず、努力して感覚のすり合わせをしましょう。それでもダメなら別れることを視野に入れたほうがいいかもしれない案件です。

②食生活の違い
これも大きな問題です。育ってきた環境が違うのですから、食べ物の嗜好が合わないのは当然、出身の県や国が違えばもっと合わないでしょう。でも、そんなのはお互いの譲歩で何とかなるもの!困るのは決定的な味覚の違いや、マナーに関する価値観の違いです。
例えば、作った料理の味も見ず、マヨネーズやしょうゆをドバシャアアなどの病的な濃い味好き、口を開けてものを噛む、クチャラー、肩肘や片足を立てて食べる下品系、箸の持ち方がおかしい幼児系などがあります。味覚の違いについては、体質もあり、あまりにも濃い味好きであるのであれば、味覚障害も疑われますので、治療するなどの方向に持って行けるのであれば大丈夫でしょう。問題は食事のマナーがはっきりと違う時です。食事マナーの違いは家庭環境の違いでもあります。
すなわち、カレのご両親とも合わない可能性が高いのです。その後のお付き合いも考えているのであれば、カレだけを矯正しても意味がありませんので、少し考えなければいけないケースかと思います。

③会話のレベルが違う
会話のレベルが違うのは、意外とつらいもの。だって興味の範囲が違うということですから。全国ニュースになっている程度の話題ならついていけても、海外ニュースの話題、学会で発表されるような論文の話題、かなり深い内容のある一定の話題などは、ついていける人は少ないです。もしあなたが、そういった類の話題をしている方であれば、少し、相手に合わせたほうがいいでしょう。
相手がそういう話題を出してくるときは、こちらも勉強して応答するのがベストなのですが、かなり専門的な話になるとそれも難しいですよね。普通は、そういう話題は興味のない人には振らないものですが、振るという時点であまり相手のことを考えない彼氏なのかな?という印象を受けます。相手に「ちょっと難しい話はよく分からない」と素直にいってみるのも手かもしれませんね。
また、興味の内容が全く違う場合、自分がその内容に興味を持てなさそうであれば、どうしようもありません。何か共通の話題があり、それで楽しめるのならいいのですが、そうでない場合は、お付き合いを続けても息苦しくなっていくばかりかもしれませんので、一度2人の関係を見つめなおしてみたほうがいいかもしれませんね。


この他にも相手と合わないなと感じる瞬間はたくさんあるでしょう。確かに好きになってお付き合いした相手なのですから、すぐに別れよう!となるのは短絡的な気がします。でも、一緒に楽しい時間を過ごすことができるってとても大切なことですので、それができない相手とは、一緒にいる意味がなくなってしまうケースもあるのです。恋人に会わせて無理をしすぎるのはよくありません。
好きになってもらおうと、自分以外の誰かを演じるのは自分にとって最も不幸なことですし、相手にとっても同じこと。特に女性は、将来子どもを産もうと考えている場合、明確なタイムリミットが存在していますので、「いつか相手が変わってくれるかも・・・」なんて気持ちでダラダラ交際を続けるのは、リスクの高い行動です。ある程度ドライに考えないと、将来の自分に跳ね返ってきてしまいますので、相性が合わないな?と感じたら、よく考えてみるようにしましょう。

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_m

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)