好意を抱いている相手から、デートに誘われると天にも昇る気持ちですが、興味のない相手から誘われると、どうしても対応に困るものですよね。そんなとき、皆さんはどのように対応していますか?今日は興味のない男子から誘われて困った..."上手なデートの断り方"について、ご紹介します。


【相手との関係をこじらせずに断る方法】
何でもそうですが、言葉を選ぶことが大切です。思いのままをストレートに投げてしまうと、相手を傷つけてその後の関係も、険悪なものになりかねません。乗り気になれないときの、上手な断り方を3つご紹介します。


◆「今日は先約があって……」
先約があるといわれれば、さすがにそれ以上は押せませんよね。しかし、それより上手をいく人であれば、「じゃあ来週の◯曜日は空いている?」というように被せてくる可能性も……。そんなときには、間髪入れずに「◯曜日は別の予定が入っていて……」とたたみかけましょう。実際に予定が入っていなくても大丈夫!予定はあとからでも作れば良いのです。

◆「家族で出かける用事があって……」
友人との用事と違って、家族との用事となると、そちらの優先度が高くなることはほぼ確実でしょう。ですから、特に角が立つこともなくお断りできる上手い断り方です。

◆「いつか連れて行って」
相手から「食事にでも行かない?」と誘われたときに、「今度行こう」と返すのはNG。「今度」というと、割と近い日にちを連想しがちで、相手はいつにするのか日時を決めようとしてしまいます。そういったことから、「いつか」という曖昧な先のことを指定するのです。


【毎日しつこく誘ってくる相手を諦めさせるにはどうする?】
断られても断られても、しぶとく誘ってくる人っていますよね。しかし、職場が一緒だったりすると、変な断り方もできないので悩みどころ……。そんなとき、どんな風に断るのがベストなのでしょうか。


◆「彼氏がいるから……」
ここまで言って、まだ誘ってくる人はもういないでしょう。彼氏がいる女性が、他の男性と食事や映画に出かけるというのは、一般的に考えておかしいことですからね。普通の考え方の持ち主であれば、ここで諦めるはずです。

◆「変な噂がたつと困るので……」
職場恋愛がOKの職場はもちろんありますが、何かと面倒なのも事実。そんなときに、上手く利用できるのがこのセリフ。同じ職場同士、男女2人きりで出かけているのを他の人に見られて誤解されたくない旨を、遠回しに伝えます。本当は、あなたとそういう噂になりたくないとハッキリ言いたいんですけどね。


【断るときに気をつけたいポイント】
断るセリフ1つにしろ、その後の相手との関係がこじれないように細心の注意を払う必要があります。そんなとき、気をつけたいポイントをご紹介します。


◆相手に借りをつくらない
普段、何かと甘えていて、いざ誘われたときにはNO!というのは、意外と断りづらいもの。普段何かと手伝ってもらってるし、断るのが悪いな……と思いがち。そんな葛藤をしなくても良いように、普段から相手に借りをつくらないのが1番です。

◆変な言い訳はしない
普段から、そういうときのために言い訳を複数個考えておくと良いですね。興味のない相手から急に誘われた際に断るために、とっさに考えた言い訳が突拍子もないことだと、明らかにウソだと思われてしまいます。以前、筆者の友人が、興味のない相手から食事に誘われたときに、「トイレに行かなくちゃいけないから」と断ったそうです。いやいや、どう考えてもトイレにそこまで時間はかかりませんよね。あまりにも唐突だったので、動転してしまったそうな。

◆友達を巻き込まない
綿密なアリバイ工作が行われているのであれば問題はありませんが、友人との約束があって……など適当に言って、友達がその話を忘れてしまい、話のつじつまが合わなくなるということもなきにしもあらずです。そんなとき、あなたではなく、友人のほうに不快感を抱く人もいるでしょう。言い訳のために利用した友人に、迷惑がかからないようにするのはマナーです。


【思いやりの言葉を忘れずに!】
相手にも、きっと勇気を振り絞って誘ってくれている人もいるはずです。そんな人たちへ、感謝の言葉は欠かせません。過度の期待を持たせるのは良くありませんが、適度なワクワクを持たせて「誘われ上手」になることが大切です。

例えば、「誘ってくれて本当にありがとう!でも、その日はどうしても外せない用事が入っていて……。だからまた、誘ってもらえますか?」という、今回は無理だけど次回は是非!という期待を相手に持たせるくらいであれば、角が立つこともなく過ごせるのではないでしょうか。まぁ、興味のない相手なので次回もお断りするという手間は出てきますが、わだかまりをつくらないためには、必要な手間だといえるでしょう。

「断り上手」は「誘われ上手」!「お断りする」というネガティブな行為でも、相手にいかに不快感を持たせないかは、あなたの腕次第ですよ!

PAK86_aitenishitemoraenaikareshi20140321500-thumb-1050x700-5055

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)