自分の彼氏とセックスするとき、彼の立ちが悪くて途中で終わってしまった・・・という経験はありませんか?こればかりはいろいろな理由があるので仕方ありません。私に魅力がないの?と自分を責めてしまう女性もいますが、男性だって、途中で不能になってしまった自分にいらだちを覚えているものですから、お互いがお互い、自分のことをせめてはいけません。


◆彼の立ちが悪いやスタミナがないなど女性が男性に持っている不満
女性がセックスで男性に対して不満に思っていることはたくさんあるでしょう。

【前戯が短い/長い】
前戯は挿入する前の「お互いの気持ちを盛り上げる」ための大切な時間です。それなのに、その時間を短時間で終わらせてしまうなんて最低ですよね。逆に長すぎるのも疲れてしまいます。それに女性の性器も痛くなって挿入するときには「もうやめて欲しい」となっている可能性が高くなるでしょう。短すぎるのも長すぎるのもよくありませんね。

【ことこまかに説明】
恥ずかしがらせようとしていちいち実況中継のように言葉攻めをするような男がいますが、これってシラけてしまいますよね。気持ち悪いです。独りよがりなセックスは、女性はうんざりしてしまうでしょう。二人で楽しむことをはき違えた行動です。

【激しくすればいい】
ただ単に激しくすればいいと思っている男性もイタイものです。胸を激しく舐めまくる。挿入してピストン運動を激しくする。AVビデオをお手本にしたかのようなセックスはげんなりします。

【早漏&遅漏】
入れてすぐにイッテしまう。または、入れてもなかなかイカない。両方とも冷めちゃうでしょう。一緒にイケることはなかなかなかったとしても、女性をもう少し満足させてからイッテもらいたいものです。

【しつこく感想を言わせる】
「どうだった?」「気持ちよかった?」としつこく感想を聞いてくる男も嫌なものです。堂々としてほしいと思うのが女心ですね。

【知らないうちにイッテいる】
知らないうちにいっちゃって、気付いたら終わっていた・・・なんていうこともあります。「え?もう終わったの?」とびっくりしてしまうでしょう。


◆絶倫男にするためには?
彼氏の持続力がないのであれば、絶倫男に変えさせればいいだけです。ではどうやったら絶倫男に変えることができるのでしょう。

【足腰を鍛える】
セックスのときに大切なのは足腰の筋肉です。足腰の筋肉を鍛えることで、立ちの状態がよくなります。

【肉を食べる】
足腰の筋肉を付ける以外にも、やっぱり精力を付けることも大切ですね。納豆、山芋などのヌルヌル系食材もたいせつですが、なんといってもお肉を食べさせましょう。特に羊肉は効果がりますから、セックスをする前にジンキスカンなどを食べるといいかもしれません。

【亜鉛】
「海のミルク」とも称される牡蛎には亜鉛が含まれています。亜鉛は「セックスミネラル」と呼ばれる栄養素ですし、精子を濃くすると言われています。

【黒胡椒】
黒コショウには、全身の流れをさらさらにする効果があります。脳血管疾患にも効果があるとされており、老け予防にも効果があるとのこと。食事に黒コショウをかけて食べるとより効果があるのではないでしょうか。

【うなぎ】
うなぎには、ビタミンAが多く含まれていますし、ビタミンEも含まれています。これにおって老化促進物質を抑えてくれますから、老け防止にもつながります。さらにうなぎは精力アップに効果があると言われている食材なので、進んで食べるといいでしょう。ただ問題なのは、うなぎはそんなに安くないということです。毎日食べられるほど余裕がある人はいいのですが、このご時世ですからそうはいかいことおあるでしょう。そういう場合は、サプリメントなどを利用するといいのではないかと思います。

【ナッツ】
もっと手軽な食べ物で精力をアップさせたいのであれば、ナッツ類なんかもオススメですね。主に、くるみ、ピスタチオ、アーモンドが効果的だとされており、特に、ピスタチオを積極的に食べるようにするといいでしょう。ナッツはおやつ感覚で食べられますから、ふとした瞬間に食べることができますし、「精力アップに効果があるんだって」と言って彼氏に食べてもらうこともしなくていいですね。「今日はおやつでナッツを買っておいたの♪」と言って、さりげなく出してあげるといいのではないでしょうか。


◆さいごに
手軽さを考えるのであれば、ナッツ類が一番いいかもしれません。いきなり「足腰鍛えて」なんていうのもさすがに無理ですからね。ちょっとずつ絶倫男に仕上げていけばいいと思います。

medium_3581564978

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)