恐ろしいものでございます、ストーカー。経験ございますでしょうか、した事、された事。連絡を取っていない旧友をSNSで探求している最中にふと、ストーカーちっくだな、なんて思った事もあるのではないでしょうか。まあ、ある意味ストーカーですね。

さて冗談は置いておきまして本題のほうを。相手に夢中になっている間はどうしても周囲の声を聞き入れられなかったり、判断力に欠けてしまったりするでしょう。文章を検索して「もしかしたら」なんて思う頃には大抵手遅れな状態が多いはずでございます。ですから既に被害に合っている人は専門家に任せておいて、これから恋愛を始めるアナタも人事じゃないぞって事で予習をしてまいりましょう。


【彼女/彼氏の兆候を見逃すな】
付き合いたいと思う相手、現在進行形で付き合っている相手の「兆候」というものを調べてまいりました。予備軍というヤツですね。相手の心の闇や深層心理までは各々違いますから一概に言えませんが、大雑把なポイントで見て参りましょう。


◆連絡がマメすぎる。
男性が連絡マメな場合。女性からしたら初めは嬉しい事でしょうが、そもそも男性は連絡マメでは無いのが一般的でございましょう。基本は連絡事項の伝達が目的であり、そこにオプションを付けるのは女性特有であります。そんな男性が、マメ過ぎて一時間返信できないと再度新たな文が来る。もうこれは疑いを持っていいようでございます。エスカレートしますと、返信できない事に逆上したり執拗に煽ってきたり、が始まります。
女性が連絡マメなのは一般的なため、男性からしたらマメなだけで判断するのは難しいかと。しかし放置して様子を見ましょう。その反応で異常か否か解るはずであります。

◆自分に自信がなかった人。
良く目にします「恋愛経験の少ない…」これを言ってしまったら偏見であります。
今迄、自信が付かないまま来てしまった人は、出来た恋人に対して執着しがちであります。そりゃあ、アナタのお陰で少しは自信が漲るようになるわけですから、この人は私の事を理解して受け入れてくれたんだわ、満更でもない自分も恋人ができるんだ、ってな具合で。この人しか居ない!という執着も、これは所有物だ!という支配欲も、根本にはそれがあったりするのですね、このタイプは。奥手で大人しそうでパッとしない、外見ももちろんパッとしない。一見すれば真面目だとか優しいという抽象的な形容をされますが、意外にも、なんて事もありますからね。男女諸共。

◆しつこい人。
根に持つタイプ。それが恨みに変わり怒りに変わり、ストーカーになる、という流れのようですね。記憶力が良いのと訳がちがいますね。女で根に持つタイプもシンドイですが、男で根に持つ人も厄介でございます。

◆暴力をふるう人、自虐的な人。
デートdvというものに触れた事がありますが、それであります。些細な言動でもそれが暴力的であったら注意しておくのが良いでしょう。殴るフリをしたり、動物に対して冷酷であったり、そういった警告を見逃さない事であります。自虐的な人も注意が必要でしょう。○○だから手首を切った、自殺する、さようなら等。不気味極まりないです。


【一方的にストーカーされていた……】
恋人同士でもなければ話した事すらあまり無い。なのにストーカーされている!そういうケースも多い世の中でございます。物騒です。不気味です。相手はもう恋人になっているつもりだったり、勝手に両思いだと考えていたり、様々でございます。真っ向勝負をしかけても、暖簾に腕押しなのが現実で、これが職場であったり簡単に逃げられない環境下であったら、回避ほぼ不可。


対処法は環境によって違ってまいりますが、周りの理解も必要になってくるかと思われます。アドレスを変えても、番号を変えても、職場仲間や上司がストーカーに教えてしまっては意味がありませんからね。火の無い所に煙は立たぬ、しかしとんだ放火でありましょう。


【ストーカー化させない別れ方】
一番気になる所でございましょう。上記したように、話し合っても通じない、自分に好都合な解釈、暴力に発展する場合もあるわけですから、別れるだけでも骨が折れましょう。

一番の近道...それは「幻滅させる事」であります。片っ端から相手がドン引きする言動をしましょう。口を空けて咀嚼したり、変な臭いをさせたり、相手が腕を切ったら自分は倍の傷を描いて見せるとか、とにかく「彼/彼女が幻滅する行動○選!」を全部やるのです。プライドなんて捨てて下さいませ。ストーカーされるより遥かにマシでございます。

というのも、変に気を遣ったり刺激してしまうとストーカー化が加速してしまうからであります。一日も早く、アナタに幻滅して貰う事が先決。案外、難しい事でありますが、それが一番の別れる方法でございます。

PAK85_otonashikushiyagaredon20140830184335500-thumb-1606x1000-5960

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)