嫉妬と聞くと【女】と言うイメージがすぐさま思いついてしまうものですが、嫉妬心が芽生えるのは女だけには限っていません。
そりゃあ人間ですから、男女関係なく嫉妬はするものです。ですが、女の嫉妬って聞くだけで背筋が凍る感じがしますよね?ネチネチ・ドロドロした感じが付きまとっているようで、しかも女子は嫉妬をする期間がとても長いように感じます。

そして反対に男子の嫉妬ってあまり聞いた事がないのはなぜなのでしょうか?男子はそんなにも嫉妬をすることがないのでしょうか?男子のイメージだと嫉妬ではなくヤキモチの方が近いかもしれません。それではまず嫉妬とヤキモチの違いをお話したいと思います。


【嫉妬とヤキモチの違いとは?】
そもそもヤキモチと嫉妬は、根本的に同じ意味合いですが良い方が違うだけという方が正しいかもしれません。
ですが、ヤキモチと嫉妬はニュアンスが異なりますよね?例えば「俺の彼女ヤキモチ妬きなんだよね~」と「俺の彼女嫉妬深いんだよね~」では重さが全く違います。聞く側も言う側も捉え方が違ってくるのです。

ヤキモチとは簡単にいえばまだ可愛げがある、または相手も自分もそんなには悪い気はしていないという感じがしますが、嫉妬は彼の周りの異性に対して攻撃的になるイメージですね。そしてその攻撃的な雰囲気は彼の周りにいる異性だけに向けられるのではなく、彼自身にも向けられるものもあるので、嫉妬は精神的に凶暴になっていってしまうのです。ヤキモチから女子特有のヒステリックにはなりませんが、嫉妬はヒステリック性を増していき、女子の最大の武器である可愛げが全くなくなってしまうという最悪な結末になりかねないので、嫉妬は持たない事が正解なのです。


【男子の嫉妬は女子よりも怖い…?】
先ほども書いた通り、嫉妬は人の心を凶暴的に攻撃的にしてしまいます。ですが、どれだけ凶暴的に攻撃的になっても女子なので、することには制限があります。女子の場合はドンドン嫌な気持ちが積み重なっていってしまうので、最終的には爆発してしまうのですが、男子の場合は男の力を使ってくる恐れがあるので、女子とはまた違ってきます。嫉妬の極限の感情は、相手を自分のモノにしたいという征服欲や支配欲でもあるので、男子がその気持ちを持ってしまうと、暴力などで表してくる場合があるので危険です。

ですが、ここまでいってしまったら最後なので、そうならないためにも男子の嫉妬心を上手くやり過ごす方法や、交わす方法をご紹介したいと思います。そして男子は恋人に対して嫉妬をするのは少なく、どちらかと言うと会社の人間や友人などに対して思う事が多いと言われています。そんな男子の見極め方なども一緒に紹介したいと思います。


【男子の嫉妬とは】
男子の嫉妬は先ほども書いた通り、会社など社会的にたいして思う事が多く、男子が嫉妬心を芽生えた時一番思ってしまう事は、相手を社会的に抹殺してやろうという意識まで持ってしまうという所です。女子の嫉妬は目先の感じがしますが、男子の場合は広い世界で生きているので、その嫉妬心のスケールも大きくなってしまうのだと思います。会社の仲間で嫉妬してしまう傾向が強い対人関係は、上司と部下の関係性です。部下が上司に対して嫉妬する場合もありますが、多くは上司が部下に対して嫉妬してしまう事が多いのです。

その理由は、自分よりも人望がある、または仕事がデキる部下なら尚更嫉妬の対象になりやすくて、部下の手柄を我が物顔でかっさらってしまうなんてことも、今の世の中じゃ当たり前のことですが、そうなると下からの信用はなく会社でも孤立してしまうかもしれません。そんなこともすべて含めて、最近ではパワハラなど権力を自分の思うがまま使う人間が増えてきているように感じます。このように嫉妬は近くにいる人に対して思いやすく、そして嫉妬しやすいタイプの人間は、権力や地位を気にしすぎている人や、人からどう見られているかを敏感に感じてしまう人、そして自分の事を過大評価してしまう人間が陥りやすい心の闇ですね。


【男の嫉妬をやり過ごす方法は?】
そんな嫉妬心が根深い男子をどういう風にやり過ごすことが一番の解決策なのでしょうか?それは、人間関係に一番大切な心構えを決して忘れない事です。それは謙虚な気持ち、そして相手を尊敬する心です。どんな人間にだって自分よりは勝っている所もあるし、そして勝っている所もあります。ですから、人を見下す気持ちや蔑む気持ち、羨む気持ち、妬む気持ちはなんのプラスも生みだしません。ですから、何か良い事があったら、何か仕事でも成果があったら、それは周りにいる人たちのお陰だという気持ちを決して忘れなければ、嫉妬深い男子なんて怖がる必要は全くないのです。


男の嫉妬は、どちらかというと恋愛に関係するものではなく、社会的立場にて嫉妬する場合が多いです。ですから、彼の嫉妬心を煽らないためにも、謙虚な気持ちで接することをお勧めします。

pls8004172

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)