「こんなに頑張っているのに、恋愛がうまくいかない・・・」と悩んだことは誰にでもあると思います。しかし、そもそも『頑張る』恋愛は正しくありません。頑張るという言葉の意味は、困難にめげないで我慢してやり抜く、という意味があります。楽しむための恋愛を困難と受け止め、それを我慢してやり抜くなんて、間違っていますよね。今回は恋愛を成功させるための心構えなどについて紹介していきます。



【頑張らない恋愛のコツとは】
恋愛を頑張らず、楽しむためにはいくつかコツがあります。まずは、相手に良く思われたいと思うことをやめることです。デートには絶対遅刻せず、いつもきれいなファッションとメイクをばっちり決めて行くとなると、疲れますよね。それは足に合わない高いヒールを履いてマラソンを走るようなもので、長続きしません。相手の好みではなく、自分が好きな、自分が動きやすいファッションで出かけてみましょう。次に少しずつ、素の自分をさらけ出していくことです。お家デートの時などにいつも完璧に片付けるのではなく、最初はわざと少し片付けないでおくといいでしょう。たとえば、掃除をしたあと、フローリングの掃除スティックを出しっぱなしにしておくなど、詰めの甘さを見せることです。洗濯物を片付けないという冒険は最終段階になりますので、最初からやらないようにしてくださいね。



【上手な恋愛のポイント】
上手な恋愛をしたいと思うなら、パートナーに依存し過ぎないことが重要になります。パートナーからこういうメイクをしてこういう服を着てデートに来てほしい、と言われたとしても、パートナーの誕生日など特別な時しかその要望に応えないことです。いつもいつも要望に応えていてはそれこそ、頑張る恋愛になってしまいます。その上、パートナーには言えば簡単にやってくれるからそれほど負担ではないのだろう、と誤解させてしまい、要望がエスカレートしかねません。きっぱり断らないまでも、応える頻度を下げることで自分の負担も減り、頑張らない恋愛を楽しむことができます。パートナーを大切にすることと、甘やかすことは似て非なるものです。そこをしっかり分ける必要があります。



いかがでしたか?
普段何気なく使っている『頑張る』という言葉は、呪いの言葉のようなもので、知らず知らずのうちに自分をがんじがらめにして今います。口癖になっているな、と感じているなら、すぐ止めるように努力してください。頑張る恋愛は自分だけでなくパートナーも、幸せではない恋愛に巻き込んでしまいます。逆に自分が楽しいと思える恋愛は、パートナーにも幸せを感じてもらえるものなんですよ。

AL0012-uwamedukaiol20140722500-thumb-1200x800-5277[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)