近頃では、男女平等と謳われる世界になってきましたが、わが国日本ではまだまだ男尊女卑という意識が根強く残っています。その大きな理由は、やはり日本の代表が女性になる事は、今の時代ではまだ考えられないからです。団塊の世代の人たちが、未だ社会を動かそうとしているため、世界から来る新しい感覚は踏みつぶされ、先進国の一つとも言われている日本では考えられない現実です。

ですが、海外進出している企業はやはり、会社の形態自体が、どんどん変化しており、女性たちも働きやすく、発言しやすくなってきているように感じます。だからといって、日本を支えている企業たちがどれだけ頑張ったところで、日本の根本の考えを見直されない限り、男性と女性の差は縮まる事はないと思いました。
では、難しい話はここまでにして、もっと噛み砕いた、男社会で生きるために女性に必要なことというお話をしたいと思います。



女のくせに、女だからと言う言葉を言われないためにするには人一倍の努力を

全ての物事において、女だからと言う言葉で締めくくられるのは、とても腹が立つことですよね。同じ失敗をしていても、男だったら、男だからと言う言葉は上司からは発せられないのです。男性は無意識のうちに、社会は男で回っていると感じているので、自然にそのようなモラルハラスメントと言われるような言葉が口から出てくるのでしょう。


ですがそんな言葉に負けていられません。女だからと言う言葉を発せられないためには、やはりそれ相応の努力が必要となってくるのです。
そして女だからと言う言葉を、男性が使う理由はもう一つあり、女性自身まだ女は仕事を頑張るものではないと言う、昭和的な考えを持った若い女性が多いのも理由の1つでしょう。


ここで不思議に思うことが1つありますよね。現代の若い女性に限って、物わかりがよく社会においても女と言う武器を存分に使ってくるところです。
これからの時代を背負っていく、世代の女性なのに、未来を諦めているかのようにも感じます。そして、女だからと言ってなめてもらっちゃ困る!と言う社会に生きる女性の多くは、過半数だということです。私たち女性自身も、知らず知らずのうちに、自分たちの事を卑下しているのかもしれません。



そんな世の中になったらもう終わりだと感じるのは筆者だけでしょうか?これからの時代、どんどん貧富の差も開いていき、社会的な立場も開いていき、縮まることがない世界になっていくのに、結婚をゴールと考えている女性たちはこれからどうやって生きていくのでしょうか。これからの時代に求められる女性は、自立心を持ち、経済的余裕、心の余裕は、自分自身で補って行かなくてはいけない時代となっていくのです。

女性は未来に不安を感じると、結婚を最終目標に設定します。ですから、社会に対してもどこか俯瞰で見ているような気がします。

せっかく現代に生きているのですから、今を感じなくて、いつ私たち女性はやればできるのだと感じることができるのでしょうか。



男と同じように働くのではなく、女は女のやり方で働いていくべき


男性と同じような事をしても、社会の目がまだ女性に対して冷たいのですから、風当たりは強くなる一方です。ですが社会に生きる女性たちは、男性と肩を並べて仕事がしたいと言う意識が強いため、男性と同じことで成果を上げようとします。ですがそれは根本から間違っており、私たちは女性なのですから、女性独自の目線から見た物事の捉え方で、進んでいくべきではないでしょうか。女の武器を使うというわけではなく、女性にしか見えない世界を、反対に男性社会に植え付ける位の覚悟を持つことが、これからの世界に必要な女性の価値なのだと思います。その価値をちゃんと見極めている会社は、やはり世界に進出しており、会社と言う小さな世界だけかもしれませんが、女だからと言う言葉を吐く上司はいないのだと思います。



ぽきっとおられてしまうプライドを持つのではなく、柳のようにしなやかなプライド
男性のプライドと言うものは、どちらかと言うと折れてしまいやすく、反対に女性のプライドはしなやかにたくましいものというイメージが強いです。ですので、精神的なメンタルな部分で言うと、男性よりも女性の方が根本的に強い生き物なのです。

ですから、女性のみなさんは、私たちは風にも雨にも嵐にも負けない、いろいろなことを受け流しつつ、だけど芯はしっかり1本通っているプライドを意識してほしいです。そうでないと、男性からの心ない言葉や、女性の弱い部分が、いろいろなところで邪魔されていってしまうのです。



これからの時代の若者たちに、女だから、男だからという、仕方のない言い訳を並べられない位、私たち女性は、これから社会に出る女性のために道をつくっていかなければならないのだと思います。きっとこの役割は、とてもつらく苦しい時もあると思いますが、きっとこれからの時代必要になって来る希望の道筋となることでしょう。

lgf01c201306070900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)