スマホやケータイが普及したことで、メールで気軽に気持ちを伝えられるようになった現代。しかし、そんな現代でも大切な気持ちは手紙で伝えたいものです。メールだけでは伝わらない手紙の良さがあります。今回は自分の気持ちを手紙に込めたい方に向けて、手紙の良さを紹介します。



【メールと手紙の違いってなに?】
メールと手紙の違いには色々なポイントがあります。それらの違いを知り、それぞれの良さをうまく使い分けていくことが必要となります。メールももちろん便利ですが、手紙の方が気持ちをしっかりと伝えることができます。


◆メールのメリット・デメリット
メールは誰でも簡単に気持ちを伝えることができるものです。しかし、大切な感情はメールでは伝わりにくいものです。伝えられなかった気持ちをメールで伝えるというのも良いですが、相手にとっては「軽いな」という印象を受けかねません。


◆手紙のメリット・デメリット
手紙はメールをよりも送るのに時間がかかります。それはデメリットでもありますが、その分気持ちを込めることができます。手書きになる分、その人の気持ちが一番良く現れると言っても良いです。手紙を書こうと思っている方は、自分の手で自分の文字で書くようにしましょう。



【手紙でしか伝わらない気持ち】
誰かからメールを受け取ったとします。そこに、愛するメッセージが書かれていたとしたらどうでしょうか。もちろん嬉しいことは嬉しいと思います。しかし、機械が出力した文字というのは、人間が読み取るには少し伝わりにくいものがあります。

例えば「好きなんだよね」とメッセージが来ても、相手がどのような表情で書いたのか想像しにくいです。手紙であれば、その感情が文字に籠り、気持ちもぐっと感じやすくなります。手紙の最大のメリットは、相手に気持ちを正直に伝えることができるということなのです。
これから相手に気持ちを伝えたいと思っている方は、メールではなく手紙にしましょう。特に相手が大切な方であればあるほど、その気持ちは手紙でしか伝わりません。



手紙を書くということから次第に離れて行っている方も多いですが、気持ちを伝える手法として効果的なのはやっぱり手紙です。機械でのやり取りではなく、手から手へ渡すのが「手紙」なのです。それはきっと気持ちを伝えるのに最適な方法ですよ。今の気持ちを正直に伝えたいという方は、手紙に気持ちを込めて書いて見てはいかがでしょうか。

lgf01a201408160900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)