手を出しにくいと感じる女子と、反対に手を出しやすいと感じる女子、皆さんなら男子はどちらの女子を選ぶと思いますか?答えはわかっていますよね。答えは前者の手を出しにくいと感じる女子の方です。
もしも間違ったあなたは、男子から声をかけられやすい女子=モテる女子とお思いになっていませんか?これは間違いです。男子は本気になればなるほど、女子には手を出しにくいと感じるのです。気になる彼ができたとしても、すぐにそういう関係になってしまい、いつの間にかフェードアウトしているなんてことが多くありませんか?そんな恋愛ばかりを送ってしまう女子の多くは、男子に手を出しやすい女だと思われている証拠です。
手を出しやすいと言う事は、男子から見てハードルが低い女子と言う意味でもあり、簡単に手を出しにきたなら、怒ってもいいほどの侮辱です。ではなぜ、世の中には手を出しにくい女子と、手を出されやすい女子が存在するのでしょうか?今回は、この正反対の女子についてお話ししていきたいと思います。



◆女子は、いくつになっても貞操観念を忘れないことが大切
現代の若者は、貞操観念と言う言葉の意味を知らないのかと言う位、お付き合いする相手をコロコロ変えたりします。そして女子は受け身だということも知らないのか、たくさんの体関係を持ったこと自慢する女子もいます。

貞操観念とは、女子ならば持っておかなければならない、恥じらいという自己防衛本能です。



◆手を出されると言う事は、自分に何かしらのすきがあると言う事
男子にとって少し空きがある位の女子の方が可愛いと思われやすいと思いますが、こーゆーすきではなく、貞操観念が低く感じるすきだと、あなたと一緒にお付き合いをしようと言う気はさらさらないということです。

男子はわかりやすいほど、本名の女子に対しては手を出すのを怖がるのです。嫌われたくない、嫌に思われたくない、そういった気持ちたちが男子を踏みとどませるのです。


簡単に手に入る女子のことを、男子は大事にしようとすると思いますか?簡単に手に入るのですから、簡単に捨てて行くに決まっています。自分自身の負荷価値を上げるのは自分で、相手に決められるものではありません。手を出しやすい女の子と言うのは、流されやすい女子と言う事でもあり、自分の意見をしっかり持っていない女子は、男子からすると、都合の良い女子なのかもしれませんね。
女子は受け身なのですから、男子の都合の良い存在になんて、なってはいけないのです。



最近の若い女の子たちは、貞操観念がないように感じますが、最終的に泣くのは女子でしかないのです。そんな低次元の男に泣かされるなんて、恥ずかしいと思うことが大切です。
手を出しにくいと感じる女子は、自己主張を持っており、ノーと言える強さを相手の感じているからだと思います。女子が勘違いしやすい、手を出されやすい女=モテている女ではないと言うことがわかっていただけたでしょうか。それほど男子も馬鹿ではありませんし、それほど無鉄砲でもないのです。

長いスパンでの恋愛ができにくくなってると言われている、現代の若者たちはきっと、変に女だからとか、男だからとか、という垣根がなくなってるように感じます。肉食系女子が増えてきたなんていわれていますが、それとこれとは話が別です。



そして中には、心の距離を縮めるのが面倒で、体の距離を縮めることで、心の距離も近くなると勘違いしている子たちも多く、体の距離を縮めたところで、心の距離が縮まるわけがないのです。本来ならば心の距離が縮まってこそ、自然に体が触れ合うと言うのが流れなのに、現代の恋愛は、少し生き急いでるようにも感じます。ゆっくり時間をかけて、お互いの心を尊重しあい、はぐくみ会うことが恋愛の醍醐味でもあるのに、簡単にマンネリし、お互いの存在が疎ましく感じるようになる、そんなものは、恋愛ではなくただのおままごとに過ぎません。



大人になって、いつか結婚をして、子供を産んだ時、今のような若者たちの考えが、自分の中を痛めた子供にも浸透していくのかと思うと、少し怖く感じますよね。
いろいろなものを軽く考えてしまい、自分自身の行動に責任を持てないでいると、いつまでたっても心は成長しないままです。


私たちは、生きていく上で、いろいろなことを学び、自分を大切にする術を学んでいきます。そうすることで、女性の尊厳は守られ、自分自身に付加価値をつけていくのではないでしょうか。そこの部分を軽く考えていると、いつまでたってもいい男には恵まれないし、自分の考えと同じレベルの男子ばかりが、自分の周りをうろちょろしてるのです。


今回は女子にとって1番大切な貞操観念についてお話しをしたのですが、この考え自体が古いとも言われかねませんよね。ですが、こういう考えを持つことで、自分を守れるのならば、それはとてもありがたいお話だと感じました。

PAK15_mitumeruonnanokolala500-thumb-1000xauto-3044[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)