皆さんは恋愛対象者と恋愛非対象者の判断を、どこの部分で決めていますか?今回のお話は、男子と女子の「恋愛対象者」となる瞬間の違い、というお話をしたいと思います。

良く聞く男子アルアル話では、男子は出会って5秒もしない内に、恋愛対象とそうでないというジャッジをしていると言います。
その反対に女子の場合は、恋愛対象者と言う判断は、第一印象でも決まる場合もありますが、行動や言動で一気に逆転する可能性も大いに考えられます。この違いは一体どこから来ているものなのでしょうか?



〈追いかけたい本能を持っている男子は第一印象で決める傾向がある〉
追われるよりも追いかけたい本能がある男子は、相手の行動や言動で恋愛対象者かそうでないかは判断しません。

追いかけたい本能が強いという事は、愛されているから心が動くというよりも、愛しているから相手の心を動かしたい願望が強いのではないでしょうか。


ですが、出会った瞬間の第一印象で、恋愛対象者を決めるというと、やはり「男子は女子の事を顔だけで判断している!」と思われることでしょう。この問いに対して「そんなことない!」とは言い切れることはなく、半分くらいは外見の好みで判断します。

残りの半分は直感や、感覚、雰囲気なので、女子のいう「外見だけで判断している」という論は賛否両論になるのです。もしも、女子が思う「男子は女子を顔だけで判断している」という意見が全ての男子に当てはまるとなると、世界のカップルたちの数は大いに減少していってしまうでしょう。そして、いくら外見がよくても、恋人が出来ない女子が存在する理由も、説明がつかなくなってしまいますよね?

もしかしたら、第一印象で男子が見極めるポイントは、第一印象の雰囲気と感覚が心を占めているのだと思いました。人生の選択は様々な所で知らず知らずに繰り広げられています。

cc-library010002939[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)