昔に比べて男と言う生き物は、「俺は男だから!」という意識が格段に低くなってしまっていると思います。その理由の一つに、草食系男子(もう古いですが…)という男子のカテゴリーが出来たのでしょうね。男なのに草食系というミスマッチに感じる言葉も、現代の男子にはしっくりくる言葉になってしまっています。見た目や雰囲気自体を男らしく、暑苦しい感じではなくても、ココという所でちゃんと女子を守って見せるという意識が真の「男らしさ」だと思います。

ですが、今の時代は男子よりも女子が強くなってきた事から、見た目も中身も草食系男子が増えてきたのなら、ある意味この世の中は上手い事出来ているのかな?なんて思ってしまいますよね。だからと言って、男子である限り、女子を守れるくらいの意識を持っていないと、この世界でのし上がっていく事は困難です。反対に女子も男子から「守ってあげたい!」と感じさせるくらいの可愛げは、持っておくことが大切なのでしょうね。今回は、男子がついつい惹かれてしまう『守ってあげたくなる女子』の特徴を挙げていきたいと思います。



〈守ってあげたくなる女子の特徴〉
一言でいうと「守ってあげてくなる女子」とは、女子力の高さと素直さだと筆者は思います。女子世界によくある、アルアル話ですが。合コンに行っても、人気がある女子は大抵男子が好きそうな服装・髪型・仕草を分かっています。上記の女子の事を、女子の中では「ブリっ子」などと言われて煙たがられてしまいます。


ここで、大半の女子はブリっ子女子の事を「嫌な女」という認識をしますが、それは大間違い!本当の嫌な女は、戦に出る勇気もなくその他の女子の批判や妬み、僻みを持ってしまう女子の方なのです。「私男子の前でブリっ子なんて出来ないわ~」という女子、好きな人の前でさえも可愛い自分を演出できないなら一体誰の前で出すのでしょうか?ブリっ子女子や、男子から人気のある女子を煙たがる理由は、妬みと僻み根性でしかないのです。

そして反対に、好きな男子の前でちゃんと女の子を出せる女子は、ただ素直なだけなのです。好きな人に可愛いと言ってもらいたいがための演出が、男子の心をキュンとさせるのではないでしょうか?「守ってあげたくなる女子の特徴」をお話する前に、自分は他人からこう見られているというイメージを、まずは脱ぎ捨てる必要があるという事なのです。そしてブリっ子女子も、男子全員に女子力を発揮しては、それただの軽い女子にみられてしまうので注意してください。



◆出来ない事は、出来ないと言う。知らない事は、知らないと言う。
大人になると「出来ない」という言葉が、簡単には使えなくなってきてしまいます。そして、「知らない」という言葉を使えなくなるのは、他人の目が気になってしまうからです。誰しもが知っている事を、「え~わかんない~」と言ってしまうと「計算高いな…」と感じさせてしまいますが、反対に知らない事を「知ってるよ~」と知ったかぶりをするのも、また意味のない事です。頑張ろうともせずに「出来ない」と白旗を揚げるのではなく、試みたうえで出来ない場合は「出来ない」と言いましょう。

そして「知らない」ことを恥ずかしがる前に、新しい情報が入ることを喜んでください。女子たる可愛げとは、そういった素直な面なのだと筆者は思います。



◆「ありがとう」が素直に言える女子
「ありがとう」と「ごめんなさい」は、人間にとって必要な言葉です。ですが、この言葉も先ほど書いた「素直さ」が大切で、要らないプライドを高く高く積み上げていってしまうと、この言葉達を素直に表せられなくなってしまうのです。


そして男子の多くは、「ありがとう」とちゃんと言える女子がいい!という意見が多いのも、男子のイメージの中で女子は「してもらう事が当たり前」だという認識がされているのかもしれません。そんな幼稚園児でも分かるようなことを、大人になって出来なくなるようじゃだめですよね。自分の気持ちを表すことが出来るのは、言葉でしかないのですから、言葉をもっと大切に使って欲しいと思います。



◆自己主張を使い分けている女子
自分の意見を相手に伝えることは、生きていく上で大切な事です。自分に意見を押し通す意志の強さも、時には必要になってくるからです。ですが、自分は正しい!と思い込んでしまい、自己主張が強すぎると良好な人間関係を築くのは少し難しくなってしまいますよね。

この自己主張を使い分けている女子と言うのは、自分の意見全てをかたくなに押し通すのではなく、相手の言葉をちゃんと聞き受け入れる姿勢がある女子は、男子からの好感度だけでなく人としての好感度も確実に上がるのです。当たり前で、誰しもがわかっているお話かもしれませんが、シンプルなことほど私達は忘れやすくなってしまうのです。

lgf01a201411201500[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)