世の中には芸能人に限らず、ルックスがいいイケメンの部類に入る人達がたくさんいます。しかし、その人たちが日常的に女性にモテモテかというとそうではないことも多いようです。女性からすると、モテそうだな、と思うのに、モテないというのは、何か理由があるようです。今回はその理由を女性の視点から解説していきます。



【イケメンなのにモテない男子とは】
イケメンの定義とは、見た目が整った男性を指して言う言葉です。テレビで見るアイドルはみんなイケメンですよね。それでもモテないということは、見た目のアドバンテージをモノともしないようなマイナスポイントがあるということになってしまいます。ある調査では、その特徴として、無神経で相手が嫌がることばかり言う、次いで、歯を磨いていない、お風呂に入っていないなど不潔で清潔感がない、さらに、ナルシストであるとか、お金にルーズであるといったものが挙げられます。不潔という点はさておき、それ以外にはイケメンであってもなくても、人としてお付き合いはしたくないような人の特徴が並びますね。これを見ていると、女性が答えたアンケートとはいっても、贔屓のような要素が一切入っていないのが分かります。イケメンというのは、男性が思うほど、女性には響かない要素なのかもしれませんね。




【女子が男子に求めていることとは】
ひところは結婚相手に求める条件として『三高』と言われ、最近は『三低』と言われるようになりました。結婚相手でも交際相手でも変わらずに女性が男性に求めていることは、まず、優しさです。そして、包容力も大切です。男性が女性に対して女性らしさを求めるように、女性も男性に男らしさを求めています。ですので、自分に自信がないような言動をする人は女性は願い下げです。さらには、女性をさりげなくリードしてくれることや、非常時にも冷静に対応できる柔軟性、そして最後にはファッションや身なりがきちんとしていることが挙がってきます。これを全て叶えれられる男性がいるのかと思うほど様々な条件が挙がっていますが、女性は本気なんですね。それに女性もこれらを全て叶えている男性などいないことはとっくに理解しています。大切なのは、こうあろうと努力してくれることなんです。端から諦めてしまうような人は、女性に求められることはないでしょう。




いかがでしたか?男性がこれを読むと、女性が好き勝手なことばかり言っているように感じるかもしれません。イケメンにアドバンテージがないと知ったらショックを受ける方もいるでしょう。しかし、イケメンではないと思っている男性にとっては、チャンスかもしれません。ですので、女性は日頃からイケメンはモテるアドバンテージではないことを、男性に教えてあげて、そのほかの魅力となる部分を磨いてもらうようにアドバイスしてあげてもいいでしょう。いい男がいなければ、育てるまでですよ。

314818268_1aa9a13dd7_o[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)