自分磨きってやってますか?自分磨きって、単にダイエットや美容だけじゃないんですよ。最近、月森が外で見かける女の子たち、とってもかわいいんですけど、なんか下品だったりします。大口開けてがはがは笑っていたり、椅子で大股開きしていたり、大声で他人の悪口を延々話していたり・・・
顔はかわいいんですよ!?スタイルもとってもいい!でも、その行動がすべてを帳消しにしているのです。

古臭いと言われればそれまでなんですが、せっかくなら、しぐさもかわいらしくすればいいのにななんて、勝手に思っちゃってます。外見だけでなく、内面や作法を磨くという自分磨きもあるということを知ってほしい、ただそれだけなんです。

例えば、教養を身につければ、それだけレベルの高い男性との会話が成立する可能性が高くなってきます。本を読んだり、興味のある分野に没頭してみたり、とにかくいろんな知識を身に着けてください。それがあなたの教養を高めます。

知識のない女性と話していても、楽しい会話なんてできません。せいぜいその場のノリで話す内容くらいです。流行のファッション?テレビの内容?そんな会話しかできない女性は、つまらない年の取り方をすることになります。
しぐさも気を付けてみましょう。何も完璧な上品さを手に入れろとは言いません。
背筋を伸ばし、座るときは足を閉じ、笑う時は下品になりすぎないように気を付ける、これだけでもだいぶ違います。さらに、箸の持ち方など、食事マナーがきれいだと、丁寧なしつけを受けてきた女性であるというイメージが付きますし、一緒に食事をする方も楽しく思えます。人から見て、どんなしぐさが美しく見えるのかを研究するのも自分磨きの一つですね。

人の悪口を言うのもやめましょう。よそ様の悪口をいろんなところで言って回るのは、正直、いい印象はありません。自分の現状に満足している女性ほど、よそ様の文句は言わないのです。よそ様の文句が出る=ひがみがあるということですので、それだけでマイナスな印象を持たれることになるのは間違いなしです。

挨拶やお礼をしっかりと言うのも大切。外であったら挨拶もしない、何かしてもらってもお礼も言わない、これじゃあ素敵な女性とは程遠いですよね。挨拶やお礼と言うのは人と人をつなぐ心のキャッチボールです。どんなでも意識して行うようにしましょう。

人にやさしく出来ていますでしょうか?いくら美人でも思いやりがなければただの冷たい人。反対に顔がそこそこでも、とても優しく、人を気遣うことができる女性は誰からも好かれます。一言で人にやさしく、と言いましたが、人にやさしくするって結局は、相手のことを考えるってことなんです。相手のことを考え、相手が喜ぶことをしてあげよう、いつもそういう気持ちを持っていられたら素敵ですね。

関連することになりますが、自分の言葉に責任を持つ、ということも覚えておくべきです。
言葉って不思議なもので、言い方一つで相手の受け取り方が変わってしまうんですよね。同じことを言っているのに、違う感想を持たれてしまう、これが言葉の怖いところです。


例えば、飲み会に呼ばれたけれど、どうしても欠席しなければならない時ってありますよね。そんな時、「私はいいよ。欠席~」とだけ伝えるのか、「行きたいけど、用事があるから欠席します。」と伝えるのでは、だいぶ違うってわかりますか?
ただ欠席と言い放ってしまうよりも、行きたいけどという前向きな言葉や、用事があってと言うきちんとした理由ががあるほうが、言われた方も納得しやすいですし、次回も誘おうという気持ちになれるもの。

こういったことは、どんな時、どんなシチュエーションでも起こりうることで、言ってしまった言葉はもう、相手の受け取り方次第、となってしまうんです。自分の口から出た言葉を回収することはできません。いったん自分の口から出た言葉はもう、相手の物になってしまうんです。ですので、言葉は大切にしましょう。と言っているのです。

「自分はそんなつもりなかったのに」「話せばわかる」そんな風に思うかもしれませんが、どんな言葉であれ、自分の口から出た言葉です。責任を持ちましょう。



女性の品格って、一言でまとめてしまえば【他人を気遣う心】なんですよね。
他人が見てみっともなくないだろうか、他人が聞いて耳障りになっていないだろうか、他人がどういう気持ちになるだろうか、そういうことを自然に考えられる女性が素敵な女性と言えるのかもしれません。

ちょっと自分を振り返ってみてください。自分の周りの人たちは、自分と一緒にいて幸せそうですか?仕事ばかりで周囲が見えてなかったりしませんか?自分のことで手いっぱいで周囲を置き去りにしてませんか? まずは身近な人の気持ちを考えることから始めてみましょう。

AMI85_amimisotokami500-thumb-260xauto-3808

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)