お付き合いが長くなればなるほど、マンネリと言う言葉が、悪魔のようにつきまといます。マンネリとは、新鮮味が全く感じられず、小さな事でも感動できず、お互いの些細なことに対してイライラしてしまうなど、マイナス要素がどんどん表に出てきてしまうことです。そうなってしまった最後、一緒にいていても楽しくないし、どちらかと言うと苦痛に感じる場合が多くなります。
だったら別れればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、マンネリの怖いところは、お付き合いが長いという事実があるので、別れれば寂しいという気持ちはあるのです。1人なってもいいと言う強さがない女子には、マンネリしたところで別れを決断する人は少ないと思います。
じゃあ一体どうしたらいいの?!と言われるかもしれないので、今回は、お付き合いが長くなってもマンネリしないためにはどうしたら良いのか!と言う方法をご紹介していきたいと思います。



仲良しカップルで居続けるマンネリしない方法とは


【彼の存在を当たり前だとは思わないこと】
一緒にいてくれることが当たり前、そばにいることが当たり前、だからこそ1番思いやり、優しくするべき相手なのに私たちはないがしろにしがちです。当たり前に思うと、大切にできなくなるのはなぜなのでしょうか。離れる事はないと言う、不確かな安心感だけは持っていると、何時か泣くことになるのは、自分だということに気づいてほしいです。反対に彼に当たり前に思われると、腹が立ってしまうという所も女子にはあるので、そういう所も見直していかないとダメな部分だと感じました。



【相手を批判する前に、まずは自分】
マンネリをしてしまうと相手の嫌なところばかり目がいってしまい、今まで好きだった所は当たり前になってマイナスな部分が際立って感じていきます。それは、自分だけ思っているわけではなく、相手もあなたのことを同じように感じています。人間は褒められれば褒められるほど、頑張ろうと思う生き物なのに、人間は他人を批判する傾向が強いです。自分以外の人間を認めることを苦手とするのでしょうか。しかも、1番大切な相手を褒めることが出来ないのは少し寂しい気もしますよね。些細なことでも、好きな人に褒められたり、認められたりするのは嬉しいものです。




【見返りを求める恋愛に先はない】
こうしてあげたから、自分もこうして欲しいと言う見返りは、皆様誰しもが持っていると思います。ですがこの見返りは恋愛になると厄介な代物に変化してしまうのです。見返りを求めながら行動してしまうと、相手の対応が自分が望んでいるものでなかったら、どんどん不満は募ってきてしまいますよね。他人に見返りを求めるのは、まだ分からんでもないですが、恋愛に見返りを求めると思い通りにいかないことばかりで、自分自身で恋愛を難しくしていってしまうのです。




【いろいろな自分を見せること恥ずかしがらない】
女子は特に人を決めつけたがる傾向が強いので、身近にいる彼のことも決めつけてしまっている場合が多いです。決めつけると言う事は、自分自身は安心する要素ですが、人からすると居心地の良いものではありません。あなたってこんな人だから!という言葉遣いを使いたがるのも、それが理由でしょう。女子は安心しないと不安に襲われるのです。そしてまた自分自身も、彼のイメージに無意識に合わせて行ってしまうのです。私は彼にこう思われているであろうと言うイメージに近い自分になろうとするのです。こんなことをしていると、お互い面白くもなんともありませんよね。何もかも分かり切った相手と一緒にいる安心感とはまた違い、相手のイメージに合わせるというのはどんどん魅力を激減させていっているようなものです。そんな無駄な安心感をもつことよりも、いろいろな自分を彼に見せ、予測不可能な女子になる方が自分も相手も楽しいはずです。



【マンネリに1番多いのは、セックスによるマンネリ】
セックスによるマンネリは、男女間の問題で1番多いと思います。夫婦によるセックスレスも、今じゃ社会的問題ともされています。ですが、お付き合いをしているときのセックスの問題は、セックスレスではなくセックスのパターン化、または義務的な意識が多いと思います。全くセックスをしなくなったというわけでは無いのが余計に問題をあやふやにさせていくのでしょう。
性の問題は口にすると、余計にこじれると思いがちですが、だとしたら口に出さずに自分でも積極的になってみるのも一つの手ですね。先ほどの色々な自分を出してみるという事に似ていると思いますが、この部分でも新たな自分を開拓するのに必要な所だと思います。



いかがでしたでしょうか?
マンネリは相手の性だという意見が多いですが、実は自分にも大いに責任があるという事も分かっていてほしいと思います。マンネリしないために一番大切な事は、全ての事を当たり前に思わない事。そして、自分よがりにならない事。一番身近な相手に飽きられてしまうというのは、自分自身で【こういう人間】と決めつけてしまっているから起こる問題なので、相手の事も自分の事も決めつけない事が大きなポイントだと思います。

1024-cc-library010002671-2

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)