こんにちは!私はいつも「こころの教育専門 メントレサポート」でストレス解消・トラウマ解消のためのマインドフルネスの心理カウンセリングやメンタルトレーニングを行っているのですが、中には恋愛やご家族についてのご相談も多く、威張っている彼・ご主人について悩んでいる方、とても多いのです。今日はそんな男性の心理を、どう見ていったらいいのかを見ていきましょう。



【必要以上の意識・誇示には、どんな心理があるの?】
一般論ですが、男性はある程度「女性を守りたい」「守っていく」という気持ちがあるもので、それは「女性を守るべき存在」と捉えているからです。力ひとつとっても男性の方が強く、女性の方が弱いので、「自分の方が強い。」とか「上に立って守らなくては。」という認識があります。けれどそれを、必要以上に意識したり誇示したりするのは、そこに何らかの心理が働いていると見て間違いありません。例えばどんなケースがあるのでしょうか?



◆育ってきた環境が原因のケース
一番多いのが、このケース。彼の幼い時の話しを聞いてみてください。
特に父親が多いのですが、子どもである彼に強い上下関係で接していた人はいなかったでしょうか?

 【例】

  1)話しを聞かずに自分のこと(お稽古・学校・進路、場合によっては友達や服装などというケースも!)が勝手に決められてしまった
  2)「学校は休んではいけない。」「食事は残さず食べるべき。」など、「~でなければいけない。」や「~すべき」が多かった
  3)家族で遊びに行くときは、「どこに行きたい?」と子どもに聞かず、「~へ行くぞ!」と決定事項として言われていた、など

これらは、親が上で子どもは下、従うのが当然というケースです。


◆彼が親の真似をしている
こういうご家庭の場合ご両親は責任感が強く、真面目で子供への躾がきちんと行き届いていたり・・・と、良いことも多いのですが、行き過ぎてしまうと有無を言わさない上下関係になってしまいます。更にこういった彼は「俺は男だから!」と、男としての役割を果たそうとする意識が強いので、「だから女も~」と、女性的であることや良妻賢母を要求してきます。女性は3歩下がって付いてくるもの・・・なんて、本気で思っている人もいるかもしれません。

カギはあなたの包容力
こういう彼とお付き合いしていくなら、あなたがそういう責任感の強い彼に従っていかれるかどうか、ついていけるかどうかが問題になります。
「仕方ないな」「まぁいいかな」という受け止めで、彼のリードを満足させられるなら大丈夫。いかがですか?


◆彼が親のようになりたくないと思っている
育ってきた環境が原因という意味では、全く逆の場合も威張る男性になることが結構あります。幼い頃は、上記のようなご両親とは全く反対に、親が頼りなかった・頼りたかったというケースも、彼を威張らせてしまうことがあります。つまり頼りたいのに頼れなくて辛い思いや嫌な思いをしたから、自分は頼りない人になるまいと頑張ってしまうケース。
モデルになるしっかりした男性像・・・例えば父の代わりに祖父、もしくは兄がしっかりしていたとか、母がしっかりしていたなど、モデルになる身近な方がいらっしゃればいいのですが、そうでないと単なる空威張りになりがちです。

カギは手のひらで転がす賢さ
彼にモデルの男性像がある場合は、先ほど書いた「カギは包容力」になるのですが、空威張りの場合はちょっと違います。彼自身もモデルがない分だけ、こころの中はどうしていいか解らず、結構不安なのです。ですから表面は「彼についていく彼女」を演じながら、裏では上手に誘導してあげる賢さが必要になります。昔でいうところの「手のひらで転がす」という感じですね。


◆あなたとの関係に不安を抱いているケース
もしかしたら俺たちうまくいっていないかも・・・という不安から、彼が威張っているケースがあります。うまくいっていると思いたいがために、友達の前であえて彼氏風を吹かせてみたり、威張ってこちらの反応を見ているなどのケースもあります。これは自分で不安を打ち消そうとしている心理が働いているのですね。

カギは愛されている安心感
自分のお友達にも彼としてちゃんと紹介するとか、「いつもありがとう」「大好き」など、感謝のことばや愛情をこまめにすることで、安心してもらいましょう。彼に不安がなくなれば、徐々に落ち着いてきます。



【やっぱり相性は大切】
大まかなケースをいくつか書きましたが、これからずっと一緒にいることになるかもしれない大切な彼ならば、あなたがどれだけ無理せずにいられるかということが、一番大切。無理は長続きしません。お互い100%の満足はありえないけれど、「やっぱり彼!」と思うなら、無理ない工夫や努力で、ぜひ良い関係を築いてくださいね!

8503994210_8f6822396d_b[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)