人を好きになることは、人として大事なことです。ですが、恋愛感情を伴った上で好きと感じる相手が多いのは、ちょっと困りものです。そんな性格を治すための方法、コツをまとめたので、悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さい。



【そもそも、惚れっぽい性格ってどんな性格?】
惚れっぽいとは、深い理由やきっかけもなく、簡単に惚れてしまいやすいことを指します。関わる人の長所を見つけて、好意的に接することができるのは良いことかもしれません。しかし、誰もにそのような振る舞いをしていると、八方美人の軽い女とも受け取られかねないんですよね。

また、彼氏がいるにもかかわらず、そう言った傾向が治らないのであれば、ちょっと問題です。一線を越えないとしても、彼氏からしてみれば、不安でたまったもんじゃありません!大好きな彼を、なくなく失ってしまうことにも繋がります。では一体この性格、どうやって治せばよいのでしょうか。



【惚れっぽい性格を治すためのコツ】
◆「切り替えを意識する」

恋愛モードの自分と、そうでないときの自分をしっかり切り替えられるようにして下さい。コツは、その環境における目標意識をしっかり持つこと!例えば仕事場であれば、与えられた役割、業務のみに集中する。学校なら、勉強に集中すると言ったものです。すると、人への意識は二の次とできるので、惚れっぽさで問題が生じることを防げるんです。


◆「キャラを作る」
昨今多くの女子が実践している、このキャラ作り。某人気多人数アイドルグループを真似て、日常生活でこれを取り入れている人、増えてきているようです。惚れっぽいと言う欠点を把握しているのなら、惚れっぽくない、ちょっとクールなキャラを設定してみては。


◆「相手のマイナスポイントを探す」
惚れそうな相手を見つけたら、幻滅するようなマイナスポイントをあらかじめ探しておき、自分の中における評価を下げておきましょう。人間関係にも影響が出かねないので、最終手段的なところでもありますが…。どうしても見つからないのなら…、それは恋ですよきっと!



惚れっぽいと言う性格は、決して悪いものではありません。でも、誰もに恋愛的な好意を寄せていては、精神的に大変ですし、また周囲への印象も悪くなりがちです。そこで意識するべきなのが、気持ちのコントロールです。惚れっぽくないモードやキャラに切り替えたり、性格を補うような考え方を駆使して、問題に発展しないよう心掛けましょう。

uni4[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)