大好きなカレ彼女との楽しいデートや会話。でもそんな中で、ふと不安を感じてしまう瞬間、ありませんか?もしかして、そろそろ別れを告げられてしまうんじゃ…。そんな瞬間について、まとめてみました。



【別れを告げられるかも…どんなときに感じる?】
デートや会話など、お互い楽しく心から満足できているのであれば、基本的に別れはありません。本当に大好きな相手とお付き合いしているのに、何の理由もなく別れたいと考える人は基本的にいません。そのため、「別れを告げられるのでは?」と感じる瞬間は、ふと冷めた表情や印象を感じたときなどが一般的です。以下は、そんな風に感じる瞬間の代表的な例をまとめたものです。女性・男性目線それぞれのパターンを、挙げてみました。




【別れを告げられるかも…具体例集】
「笑顔がぎこちなかった」

いつも心置きなく笑い合っているラブラブカップルだったのに、ある瞬間からなぜか彼の笑顔がぎこちない…。これは、自分への想いが薄れてきているかもしれない…と、感じられますね。ただ冷めただけ、もしくは、他に気になる女性ができた…さまざまな状況が考えられます!


◆「スマホを頻繁にチェック」
二人でいるのにずっとスマホをいじってばかり。そんなに気になる他の女がいるのなら、別れのときも近い?


◆「ファッションが変わった」
いつも彼好みの可愛い系だった彼女が、いきなり大人系にチェンジ。ただのイメチェンならいいけど、別の男に影響されているんじゃ…。


◆「ベタベタさせてくれない」
一緒に居る時はどこでもいちゃいちゃしてくれていた彼女、でも、いきなりそっけなく振り払われるようになった。ひと度気持ちが離れると、女性って何だか、拒絶感を覚えてしまうんですよね。


◆「ラブラブタイムが楽しくなさそう!」
気持ちが離れかけたとき、甘いラブラブタイムであっても、あまり盛り上がらなくなります。夜の反応は、気持ちの部分と密接に関わっているので、別れを告げられる可能性が、特に顕著に窺えてしまうかも。



これらが見られたからと言って、かならずしも別れが近いとは言い切れません。ですが、気持ちが離れ出したと言うことは、それまでの関係が崩れ始めているということを容易に想像することができます。気持ちの準備が、必要かもしれません…。また事前に予測できれば、対処法を考えることにも繋げられます。違和感を感じたら、その時がやってくる前に、何とか気持ちを再燃させるべく、頑張ってみてもよいでしょう。

03142010150000[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)