女性は、少しワガママなくらいが男心をくすぐるものですよね!しかしそれが行き過ぎると逆効果で、男性をついイラッとさせてしまうこともあるのです。男性から見てこんなワガママならば許せるけれど、これだけは許せない!という、気をつけるべきワガママについて、紹介します。



【可愛い甘えに見えるワガママなら男性もメロメロに!】
女性のワガママの中でも男性が聞けば可愛い甘えに思えるものもあります。デートの際の別れ際に「今日はもっとずっと一緒にいたい」なんてうるんだ瞳で言われれば、男性としても嬉しくない筈はありませんよね。その他にも、デートで最初は水族館に行こうと決めていたけれど、当日会ったらいきなり、「今日はやっぱり海を見に行こうよ、おにぎり作ってきたから」なんて言われれば、やはり男性はときめくことでしょう。ワガママの中に甘えと気配りが見えるならば、男性も思わずキュン!としてしまうものなんですよね。



【ただワガママなだけでは男性もついイラッ!】
ワガママの中でも、男性とキャッチボールができないような一方的なものは嫌われる原因となります。どうすれば気に入ってくれるのか…それは、男性にどうして欲しいのかが分かる様なワガママであることが大切なのです。男性は普段は口数が少ないものですが、それだけに頭の中ではどの様に行動しようか常に考えているものです。出鼻をくじいてしまうだけではなく、解決案も浮かばない様な以下のワガママな言動には要注意!


◆「食事に関する文句・好き嫌い」
一緒に食事をする際「何でもいいよ」と言っておきながら、食べた後に「これって値段が高いわりに完璧手抜きの料理だね」「えー、こんなにトマト入ってたら食べられない!」などと文句や好き嫌いを言うのはNG!男性としては「折角二人で楽しく食べてるんだから文句言うなよ!」と言った感じになっちゃいます。


◆「仕事が忙しいことへの不満を言い過ぎる」
男性にとっては、社会人として自立していくことが一番大切。仕事が忙しくて、デートがドタキャンになってしまうこともあるでしょう。その際のベストな反応としては「じゃあ次はいつにする、ごちそうしてね!」と言った可愛い感じです。でも「何でもっと早く仕事を終わらせられる様に計画立てなかったの?」などと、キャンセルしたことに対していつまでも男性を責める女性のワガママにはイラッとくるものです。むかついても、そこはイイ女を演じるのが女子力の見せどころ!



女性がワガママであることは、男性はある意味覚悟の上で付き合っている部分があります。そのワガママを可愛いと思わせる為には、ワガママの中に「抜け道」を用意しておくことが大切なのです。自分から代替えのプランを言い出すか、男性に選択肢を与えるかで、常に「仕方ないな」と思わせながらも自分の思い通りに引っ張っていくことが大切です。ワガママを通した後は笑顔で振る舞って下さい。行き場のないワガママを言い過ぎて男性をイラッとさせない様に、賢い女性になりましょう!

2639504633_70b8f10426_o[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)