魅力とは一言でいえば何なのか?分かっているようで、分からないお話ですよね。美人・可愛い=モテるではなく、魅力的=モテる、が正式な式となるのです。そして魅力的=キレイ・可愛いとは限らないのです。ですが、女子は魅力的=キレイ・可愛いと思いこんでいる人が多く、キレイで可愛い女子は全て持っていると感じるのでしょうね。
だが、しかし!!その考えは大きな間違いでもあります!いくらビジュアルが最高でも、異性から人気がない女子はいるのですから。今回は、魅力的な女子とは一体?という疑問に、分かりやすく映画のヒロインに例えてお話していきたいと思います。



〈こんな女子になりたい!魅力たっぷりの映画のヒロイン〉
映画のヒロインは現実離れしているイメージが強いので、「こんな女子いないよ…」と思ってしまいがちです。
ですが、映画のヒロインは、ある意味女子に必要なバイブルでもあるのですから、そこは参考にしておくべきだと思います。それでは、魅力的でイイ女っぷりなヒロインが出ている、映画をご紹介したいと思います。


◆Mr.&Mrs.スミス
ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが何とも息がぴったりな、最高なラブアクション映画、Mr.&Mrs.スミス。この映画の内容は、ダンディでエキゾチックな男を演じるブッラット・ピット(ジョン)とクールでミステリアスな女を演じるアンジェリーナ・ジョリー(ジェーン)は、お互い仕事で訪れた先で運命的な出会いをする。とんとん拍子に結婚へ進んでいくのですが、夫婦生活を送っていくうちにお互いにすれ違いが生じてくる所から、この映画はスタートするのです。
魅力的すぎる二人が、セックスレスになるなんて考えられない始まりですが、そこは映画と思ってみて下さい。
この映画の一番の魅力は、アンジェリーナ・ジョリーが魅力的過ぎるという部分だと思える位の、フェロモン全開さと妖艶な雰囲気が、「こんな女になりたい!!」と切望するほど魅力的な女性なのです。前半では、何を考えているのか分からない、あまり感情が表に出ないイメージがあったのに、後半になるにつれて、どんどん無邪気な笑顔を見せるジェーンがちらほら出てくるのです。やはり、いつの時代も変わらずときめく瞬間は、ギャップなのかもしれませんね。しかも、妖艶でクールな雰囲気からの、無邪気で可愛げのある笑顔が見えるなんて、好きにならないわけがないほどの完璧な女性です。


◆風立ちぬ「ジブリ」
宮崎駿さんの映画ジブリ「風立ちぬ」、この映画は飛行機に憧れる青年、堀越二郎と、関東大震災で出会った二郎を、長い間慕う里見菜穂子の物語です。この映画は、夢を見る事さえ困難な時代に、ただ飛行機が好きだという思いが少年を動かしていく、その世界観と思想のギャップが、とても素晴らしくて感動を与えてくれます。そして二郎の心の支えの菜穂子は、幼いころに二郎に助けてもらった記憶を大切に大切にして生きてきて、やっと出会えたのにも関わらず、その時代不治の病とされていた結核を患いながらも、二郎との結婚を叶えるのです。出会えたことが全てで、短い期間でも大好きな彼のそばに居られた事を幸せに思い、二郎の元から猫のように消えるのです。
儚げで、守ってあげたくなる菜穂子の心は、とても強く、好きな人の負担になりたくない一心で離れる決意をするのです。病気で辛いことを隠すかのように、明るくふるまう菜穂子を見て、「秘すれば花」という言葉を思い出しました。全てをさらけ出すのは魅力的ではなく、小さな秘め事がよりその人を美しく魅せるのです。


◆世界の中心で愛を叫ぶ
日本中大ヒットを飛ばした、世界の中心で愛を叫ぶ。主人公のさくちゃんと、この映画のヒロイン アキは、高校生ながらも人生をかけた大恋愛を経験するのです。主人公のさくちゃんは、如何にも高校生男子の雰囲気満載な、可愛げのある男子、そしてスポーツ万能、成績優秀、才色兼備のヒロイン、アキの二人の恋愛物語です。印象的なシーンを見たさくちゃんは、アキをどんどん意識していきます。そして、アキもまたさくちゃんを意識していくのですが、アキの天真爛漫さが、さくちゃんからしたらからかわれているだけなのでは?と思ってしまうのです。
だけど、アキの思いも通じ、これからバラ色の高校生活!と思いきや、アキは大きな病にかかってしまうという残酷な展開が待っています。病気に向き合いながら、時に負けそうになりながら、一生懸命生にしがみつくアキを、最後の最後まで諦めないでそばに居続けるさくちゃん。大好きだからこそ、心配を掛けたくない、相手を思いやる気持ちが涙なしでは見れないほどの感動を与えてくれます。才色兼備でありながらも、鼻につかない完璧な美少女は、この「世界の中心で愛を叫ぶ」のアキだと思いました。



いかがでしたでしょうか?筆者が言いたい、女子の魅力とは、内なる輝きなのです。自分に誠実に、人にも誠実に生きていく事で、自分の魅力は知らず知らずの内に、養われていくのだと思います。

171

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)