初対面の人とは会話が弾まない!という体験をしたことはありませんか?誰でも初めて喋る人とは緊張するものです。そこで、言葉につまってしまう、会話ネタに困ることなんて当たり前。初対面の人とスムーズに話すことが出きるなんて、生まれつき持っていたい能力ですよね。でも、そんな能力がなくたって初対面でも盛り上がる会話ネタはたくさんある!今回は、同性・異性に使える会話のきっかけになるネタをご紹介します。



【初対面なのに盛り上がる会話ネタ】
初対面の人と話す際は、みな「接点」を探します。接点が全くなければ話が弾むことはありません。ですが、みな接点を探すからこそネタを出せばだれでも食いついてきます。初対面なのに盛り上がる会話ネタといえば定番は「たちつてとなかにはいれ」です。これは、食べ物、地域、通勤、天気、富、名前、体、ニュース、流行り、異性、レジャーの頭文字をとったもの。接点が全くない人に対してでも使える会話ネタです。初対面で最も注意したいのは、「あまり専門的な話を吹っ掛けない」ということ。個人的な見解や個人が専門としている話は相手にとって必要のない話となります。「たちつてとなかにはいれ」を意識して話を盛り上げていきましょう!




【異性に話しかける時に好印象を与える会話ネタ】

◆グルメの話

女性は基本的に「たくさん食べる」人よりも「味わって食べる」人が多く、グルメという言葉には敏感です。女性が食べ歩きが好きな理由はただ食べるだけじゃなく、楽しんで食べることだからです。そこで、女性に対しての場合はグルメネタが欠かせません。「このあたりの○○の美味しいお店を知りませんか?」など聞くと、話は盛り上がるかもしれません。
また、男性に対しても使えるネタです!男性は外食することが多いでしょうからたくさんのグルメ店を知っているはず!「ここ美味しいですよね!」なんて言ってきっと会話が弾むでしょう!


◆知恵話
男性でも女性でも、「賢い相手」に対しては好印象を持ちます。自分が知らないことを知っている相手に対しては、尊敬の眼差しを持ちますし、役立つ知恵話などすると、話題も広がっていきます。女性は基本お喋りが好きですし、男性は自分の知識を話すことが好きです。「○○って知ってます?」と言われたら、食いつくのも話を弾ませる秘訣ですね。


初対面の場合、もし緊張してしまって会話が弾まなければ「相手を褒める」ことから始めましょう。これは年上にたいしてはあまり使えませんが、相手に敬意を払うと打ち解けやすくなります。また、今回紹介した会話ネタを活用して、初対面の相手とも会話が弾むよう、頑張ってみて下さいね!

mns0008-009

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)