「今日は生理2日目だから生理痛が・・・」「生理前だからイライラする」など、女性は毎月の生理によってかなり体調が変わってきます。生理前は便秘だったり、生理が始まるとその便秘が治る代わりに生理痛による腹痛や頭痛、立ちくらみなどあらゆる症状が出てきます。毎月同じことの繰り返しで嫌になる、というのが私たち女性の本音ですが、実は毎月やってくるからこそ、対策がとってもたてやすいのです。大きくわけて生理が始まってからの5~6日、その後1週間、生理前2週間と3つの期間にわけてその症状と食生活についてまとめてみました。



<生理が始まってからの食事の仕方>
生理が始まると生理痛に悩まされる人は多いと思います。お腹が痛かったり頭痛だったりと市販の薬に頼ることも多くなりますが、食生活はどうでしょうか。生理前は食欲が増える方も多いですが、生理が始まるとその食欲は落ち着いたり、人によっては生理痛の酷さからあまり食欲がなくなる方も多いようです。そこで、生理が始まって一番必要な栄養素である「鉄分」に着目してみましょう。生理が始まると経血がたくさん失われます。ということは鉄分も失われているとういことです。そこで効率よく失われる鉄分を補給するようにしましょう。また、鉄分と一緒にタンパク質を摂ることで吸収がよくなります。食欲もあまりないと思いますが、できるだけ3食をしっかり摂るようにしましょう。また、生理の間はお酒の飲みすぎに注意です。というのも、お酒は出血を促してしまうので、特に生理が始まったばかりの時期にたくさんのお酒を飲むことはあまり向いていません。




<生理が終わってからの1週間>
生理が終わると生理痛もなくなり、体がかなり軽くなったと感じると思います。そこでこれからの排卵期の1週間はダイエットに理想的な時期です。体のむくみも少なくなり、食欲が爆発的になることもないので、食事コントロールはしやすい時期ということになります。毎日続けられるようなウォーキングなど、軽めの運動を続けましょう。ヨガやピラティスなど、室内でも可能な運動も向いています。食事面はバランスよく、ということが基本ですが、生理中あまり食欲がなく食べられなかった方はタンパク質やビタミンなどをきちんと摂るようにしましょう。ちょうど生理開始から14日目前後に排卵日があるとされています。食事を抜いたり急激な体重減少があると排卵がうまく起こらないこともあるようです。きちんと3食を摂るようにしましょう。




<次の生理前の2週間>
この時期は「黄体期」と言われます。排卵日が過ぎると、女性の体は妊娠しているか否かに限らず体に水分をため込んで子宮を守ろうとしています。つまり、この時期はダイエットには向きません。だからといって暴飲暴食をするのではこの前の時期に行った運動や食事コントロールの意味がなくなってしまいます。そこで、むくみやすいということを頭に入れて運動をするようにしましょう。この時期にする運動は「脂肪を減らす、落とす」という目的ではなく、「むくみを次の日まで持ち越さない」という目的にしましょう。つまり、軽めのストレッチやヨガ、ピラティスなど気持ちいいと感じる運動がおすすめです。また、温かいお風呂にゆっくりつかるのもおすすめです。大切なのは継続することです。今日だけ、では意味がないので5分でいいので実践してみましょう。食事面では、むくみやすいという特徴を利用して、しっかりカリウムを摂るようにしましょう。カリウムが不足するとむくみやすい体になってしまいますので、しっかり野菜や適量の果物からカリウムを摂ってください。それと同時に塩分を摂り過ぎないようにも注意しましょう。せっかくカリウムを効率よくとってもラーメン三昧の食事では塩分をたくさん体に摂り込んでしまい意味がないですよね。また、この時期はPMS(月経前症候群)に悩む女性も多いと思います。PMSの症状緩和にはとにかく規則正しいバランスの取れた食事と言われています。その症状の原因は女性ホルモンやプロゲステロンなどいくつかの説が言われていますが、まだはっきりとして原因はわかっていません。バランスよくとは言ってもどのような栄養素を意識して食事を摂ったらいいのでしょうか。イライラする症状にはマグネシウムやカルシウム、女性ホルモンが少ないことが原因の場合はビタミンB6や亜鉛なども役立ちます。マグネシウムやカルシウムはひじきなどの海藻類に多く含まれています。また、ビタミンB6は魚類、亜鉛は貝類に多く含まれています。




いかがでしょうか。女性の体は毎日同じではありません。毎月の生理に加えて仕事、妊活、子育てのストレスなど、なかなか快適な毎日を送ることが難しい世の中です。でも、自分の体が今どの時期なのか、ということを認識すれば「なんだか体が重い」と言った原因不明の体調不良も変わってくるかもしれません。まずはスケジュールに自分の生理予定日を記入して今がどの時期なのかを確認することから初めてみてください。

AL001-onakagagu-20140830-thumb-1000xauto-17438[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)