社会人になって働いている女性にとって、一番敵に回したくないのは【お局様】ですよね?上司も怖いけど、なんだかんだ言って同性に厳しいお局様の方が絶対に怖い!(上司が女性だったら最恐)というわけで、お局様には極力嫌われないように気を付けましょう!
今回は、年上女性が嫌う女の子のタイプ特集。地雷を踏まないよう、事前学習して、目をつけられないように頑張りましょう。



☆嫌われポイント①挨拶をしない
なんだかんだ言っても、挨拶をする子に心底嫌がらせをする人は少ないです。お局様と言ってもおんなじ女性ですし、人間です。挨拶をしない子に「なにあれ!感じ悪い!」と思っても仕方ないのでは?特に挨拶は社会人としてのマナー。こんな基礎的なマナーすらもできないのではお局様じゃなくてもイラッとするのは当然ですね。笑顔できちんと挨拶できているか振り返ってみてください。人間関係の基本ですよ。



☆嫌われポイント②幸せアピールがすごい
性格も顔も家柄もすべてが普通、なのにすっごく順風満帆な人生を送っている・・・こういう女性は妬まれます。なんていうか、雲の上の存在のような人なら諦めもつくけど、自分と近い人間が幸せになるのは許せない!ってやつですよね。書いてる筆者もよくわかっています。ええ、これはただの逆恨みですよね。でも、女同士ってこれがあるから怖いんですよね~。特に独身のお局様だと恋愛や結婚に敏感になっていることがあり、そういう人の前でカレシや旦那さんとの幸せ自慢をしちゃうと、ますます嫌われます。「ここは職場よ」「どうやって取り入ったのかしら?」「男しか見えてないんじゃない?」こういうやっかみが降りかからないよう、幸せ自慢はほどほどにしましょう。まあ、筆者から言わせてもらえば、そんなことでひがむ根性のせいで結婚できないんじゃないの?って感じですが、どうせ会社だけのお付き合い、職場の雰囲気を守るためと思って割り切ってほっときましょう。



☆嫌われポイント③謝る前に口答え
口答えが多い子は「あの子生意気~」なんて言って嫌われます。
「この仕事お願いできる?」
「え?でも私の仕事じゃないですよね」
「遅刻はダメじゃないの」
「上司に連絡して遅れてます」
「頼んどいたものできてないじゃない」「他に優先する仕事があったんです」


どれも最初に「ごめんなさい」が付いてればまだ可愛げがあるものを、それもなく口答えばっかり。これはかわいくありません。まずは、とにかく【ごめんなさい】とか【すみませんが】とつけましょう。これは、「あなたの意に沿わなくてごめんなさい」という意味で、行為そのものを謝るわけではないのです。なので、ごめんなさいのワンクッションを置いてから、自分なりの理由を言うようにすると、少しは相手の気も和らぎます。
また、ツンケンして言わずに、本当にすみませんの気持ちを込めながら言うようにすると「まあ、仕方ないわね、私も無理を言ったかもしれないし」となる可能性だってありますので、申し訳ないという気持ちを表面に出すようにしてみてください。



女同士って難しいんですよね。お腹の中では何を考えているかわからないのにニコニコしながら近づいてくる。回答を間違えたら裏で何を言われるかわからない。うまく立ち回らないと、自分の立場が危うくなることもあります。なので、基本は関わらない!ことが大切です。嫌われない、目をつけられない、ほどほどにうまくやる。これが会社に長くいる女性と上手に付き合っていくコツです。就職先の先輩たちはお友達ではありません。会社の人間、ただそれだけなのです。働きやすい環境を作るためにも、自分の行動を振り返っていく必要がありますよ。

lgf01c201306070900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)