女も30超えればおばさんの部類。若い子からは煙たがられ、悪口を言われる存在・・・と思いきや、好かれているアラサー女子もいるではありませんか!好かれるアラサーと嫌われるアラサー、できれば好かれるアラサーになりたい!ということで、好かれるアラサー嫌われるアラサーを徹底比較しちゃいます。どういう30代が輝くのかを知って自分も好かれる三十路女になりましょう。



☆若さをねたむ女は嫌われる
「いいわねえ、若い子は!」「媚び売っちゃって~」「若いのは今のうちだけよ」なんて若さをねたんだ発言、直接間接問わず、しちゃいけませんし、態度に出してもいけません。素敵な三十路女は若い子をねたんだりしないもの。だって、いろんな経験があるからこそ今の自分がいるという自信があるからです。そんな姿を見て20代の子たちは「こんな女になりたい!」と思うのです。妬みのオーラをまとった女になんか憧れる人はいないんです。



☆必死な感じが嫌われる
三十路女が必死になるものと言えば【婚活】気合を入れまくって合コン、男の値踏み、必死に色目を使う姿、そのどれも哀れにすら見られます。逆に、「男なんていいの、キャリアさえあれば」なんて言ってあきらめの入った女も悲壮感が漂っていて、扱いにくい存在であることは確かです。では好かれる女性はどうかというと、いつも自然体。もしくはきちんとお付き合いしている人がいるか結婚しているかしていて、ガツガツ男性に興味を持つということはしません。かと言って、まったく興味がないわけではないので、20代の女子たちとも話が合うわけです。女同士の戦争って結局男がらみってことが多いですよね。そこに飢えた女が一人いるだけで空気がガッサガサになるんです。結婚を焦る気持ちもわかりますが、もう少し冷静になって周囲を見渡してみましょう。みんなドン引きしているかもしれませんよ。



☆いつもヒステリック、幸薄そうな三十路女
いつもキイキイヒステリックなお局様タイプの女も嫌われます。些細なことにカリカリする人って、結局今の自分に満足してないんですよね。つまり心に余裕がない。なので回りにも優しくすることができず、結局人が離れて行ってしまうんです。小さな幸せを幸せだと感じることができる女性の方が、同じ女性としても好感が持てますし、一緒にいて楽しいと思えるものなのです。カリカリした女よりもニコニコした女の方が好かれる・・・当たり前のことですね。



☆自称サバサバ系の女は人を傷つける!
自称サバサバ系の女性って多いですよね。でもサバサバ系と言ってもただ単に口が悪いだけの人も多いものです。若いころはまだ、何もわかってないからと言って許されたことでも、30も過ぎれば、下の子たちをフォローしてあげないといけない立場。それ以上言っちゃダメ!と思うようなことでも、ペロッと言っちゃって「ごめーん、私サバサバ系だから思ったことなんでも言っちゃうんだ!」なんてことをしたら、下の子たちからは「何あのおばさん!信じらんない!」ってなっても仕方ないですよね。人を傷つけることを言わない、落ち込んでいる人に気を使う、デリケートな部分に立ち入らない、こんな基本的なことを見逃していたら、先輩としてどころか人として軽蔑されてしまうこと間違いなしです。サバサバ系もいいけど、ちょっと他人の気持ちを汲むことも覚えていきましょう。



好かれるアラサーと嫌われるアラサーの違いは、その人といて楽しい気持ちになれるかどうか、です。ジャッジが厳しい同性の女の子たちに好かれようと思ったら、もうちょっと周囲の人の気持ちを考えた行動をとるようにしなければなりませんね。

kim[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)