恋をして、好きになって、2人で愛を育んで、そして一緒に楽しい家庭を築こうと、永遠の愛を神様の前で誓い結婚します。どれだけそばにいても、どれだけの長い時間を一緒に過ごしても、そして夫婦といっても、ひとりひとり別々の考えを持った、別の生き物なのです。だから、自分の考えが正しいと思うことも、それを相手に押し付けることも間違っています。ですが、一生一緒にようと心に決めた相手なのだから、お互いの思いや思考を共有し、認め合い、歩み寄っていく事が大切です。

それが1番の理想で、こうあれば良いと願う夫婦像ですが、現実問題そう思い合える夫婦は、とても少なく感じます。最初の頃は、お互いを理解しあい分かり合おう努力をしますが、認め合うことや尊重し合う事が、いかに難しいことか知り、妥協やあきらめの心を持つ方が楽だと言う考えになるのです。楽しいではなく、楽な方に楽な方に行くことは、心にとって良いものだとは思いません。
そしてそのツケは、何年後、何十年後かに大きな利子をつけて自分たちに帰ってくるのです。今回は、マンネリ化してしまった夫婦の脱却計画を考えていきたいと思います。



おしゃべり大好きな女性がしがちな会話
女性と男性の大きな違いは、話す内容です。女性は特に結婚をして、専業主婦になると外の情報や、気になる話題はとても身近なものばかりになってしまいます。ご近所さんのお話や、今日はテレビや本を見て何を思ったか、子供の話などですね。男性が女性の話で興味があるものは、この中で言うと子供の話位でしょう。子供の話でさえも、それは母親の仕事だろ?と思っている男性も少なくありませんが、基本的に女性が話す会話の内容は、さして今重要でないことばかりなのです。重要なことだけをピンポイントに会話を行うとしたら、とても義務的になってしまい、会話なんてなくなっていく一方ですよね。


ですが、男性からするとご近所付き合いがどうだとか、今日テレビを見て何を思ったかなんてさして興味は無いのです。ここで考えられる事は、女性は話の内容有無ではなく、夫婦での会話をする事に重点を置いているように感じます。会話に内容がなかったとしても、しょうもない話をしたとしても、お付き合いをしていた頃は、ささいなことでも一緒に笑いあえていたのに…と感じるのでしょう。独り言を言っているわけでは無いのですから、話をしたら相槌を打って欲しいものです。その相槌がつまらなそうにされているとわかれば、女性側も無理に会話をしようと思わなくなるため、自然に会話は減っていくのです。男性は夫婦間の会話に対して無頓着なので、女性が白旗をあげてしまえば、2人の間に言葉を交わし合う事はなくなっていきます。



◆夫婦の会話に無頓着な男性がしがちな会話
男性の多くが、奥さんに対してのマニュアル本というもの思っています。そのマニュアル本は、どこから発売されて、誰が著者なのか、それもわからないけど、男性の頭には「無駄な争事は避け、こーゆー風に言っておけばいい」という風に、思考が働くのです。男性は社会でバリバリ働いてくるのですから、家にいる奥さんの小さな世界の会話なんて、さして興味もないと思います。ですが、夫婦の会話に大きいも小さいもあるのでしょうか。規模が大きい会話をすれば、実のある話で。規模の小さな会話は、しょうもない話。そんな勝手男性の固定観念で、奥さんの気持ちを離れさせている可能性も大いにあるのです。



(1)まずは、二人の空いた距離感を理解して、お互いで改善していくのではなく、まずは気づいた自分から変化を付けていきましょう。


(2)自分が発した言葉に、相手の返答が満足のいくものでなかっても、苛立たない・気にしないことが大切です。


(3)ありがとう・ごめんなさい・いってらっしゃい・おかえりなさい・いってきます・おはよう・おやすみは、ちゃんと言葉にしていく事から始めていく事。


(4)相手の変化に気づけるように、相手の事をちゃんと見る事。少しの変化を感じたなら、無理に聞き出そうとするのではなく、話したくなるような雰囲気を保つこと。


(5)言葉を交わす事が会話ですが、まず作るべき空間は「お互いの、適度な居心地の良さ」


(6)一緒の時間は、必ず一日一回は作ること、向き合う事は思いの前に、まずは行動から。


(7)まずは、笑顔を心掛けてみましょう。


(8)「何だか、機嫌がいいのかな?」と思わせることで、相手も話しやすくなってくる。


(9)喋り上手じゃない、まずは相手の言葉を真剣に聞いて見て、その時は口を挟まない、もしかしたら聞いてほしいだけなのかも…という「もしも」を考えてみる事。


(10)言いたいという思いだけじゃ伝わらない、伝えたいという思いが先立つと行動が変わるはず。



急に行動や、言葉を変化するのは難しいと思います。そして、自分が発する会話を真剣に聞いてほしいと願うのではなく、まずは、相手の会話に耳を傾けてみて下さい。そうすることで、相手もどんどん話してきてくれます。だってちゃんと聞いてくれているという思いだけで、心はあったかい気持ちになりますよね。まずは、そのあったかい気持ちを相手に与えることから始めてみませんか?


lgf01a201304211200[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)