私達の世界は、自分対では分からない不思議な力が動いていると思いませんか?今回は、自分自身を、どれだけ高められることが出来るのか?というお話を、していきたいと思います。

引き寄せの法則、この言葉を簡単に言うと「思考は実現するという事」です。引き寄せ?と言われても、一体何のことやら、と思われてしまうかもしれませんが、私達の今の出来事は、いつかの私達の思考の具現化という意味になるのです。そして、もう一つ大切な事は、自分自身「思い込む」という事です。ここで質問です、「もし自分が考えたことが実現するというなら、皆もっと幸せなはずだ!」と疑問を持ってしまいますよね。そうなのです。思考は実現するのなら、本当はもっと皆が幸せで溢れているはずなのです。
でも、なぜそうはならないのだろう?というクエスチョンが浮かび上がってきますよね。このお話の、引き寄せの法則は、先ほども言った通り、頭の中で「思い込む事」が鍵を握っているのです。思い込みという言葉は、世間ではマイナスな言葉に使う場合が多いです。ですが、この思い込みは大きな力を持っているのです。

筆者はどちらかというと夢見がちなので、現実感がない言葉の使い方をしてしまうかもしれませんがご了承ください。



【ネガティブな考えを持たせようとする脳】
では、なぜ思考は実現するのなら、皆が幸せになれないのかな?という疑問について、恋愛をテーマに話したいと思います。

例)大好きな彼がいる。でもその彼と最近中々会えない。

この場合、彼女の思考はどう動くのか?多くの女子は「寂しい」「他に好きな人が出来たかもしれない」「なんで会えないのかな?」という思いでいっぱいになるでしょう。


このことで分かる事は、人は不安要素を少しでも感じてしまう事で、ポジティブには考えられないという事です。色々なマイナス要素を頭の中で、繰り返し想像しては、消していくという作業をどんどん積み上げていってしまうのです。この様に事実は一体なんなのか、自分自身では確かめる事が出来ない問題においては、人は悪い想像を準備しておくのです。そうすることで、その事実が悲しいモノであっても、事前の準備で、ショックを和らげるからでしょう。本当は、もっと、心から信じ合いたいのに、なぜ人は、マイナスな考えに囚われてしまうと、そこから抜け出せなくなってしまうのでしょうか。不安要素を一切取り除き「私は本当に幸せ」と思う事が出来難く作られているのは、私達人間を作った神様は、少し意地悪な気がします。そして、マイナスな思考はブラックホールのように破壊的威力で襲ってきて、日々心に浸食していきます。何もない状態で、何の確信も得られていなくても「私は幸せだ」と思いこむ事は、本当に困難で。ですが、初めに言った、引き寄せの法則は、「大丈夫、大丈夫」と自分自身信じ込ませることが大切なのです。この引き寄せの法則が、急に難しいことなのだと、認識させられます。



【過去の自分の思考が今の自分を作っているという理解】
思考は実現するという事は、今の自分は過去、自分がなりたいと考えていた自分の結果という事になります。「今の自分になりたいなんて思っていない!」と思う方が多いと思いますが、今の自分が好きじゃない人も、また、過去の色々な思考の中で無意識に今の自分を作りだしていったのです。反対に「こんな女の子になっているだろうな」とプラスな思考を募らせていくと、そうなるために日々の選択や行動や言葉は変わっていくもので、なりたい自分に、自分自身の足は向いていくのです。意識的でも無意識でも。だから結果的に、過去なりたかった女の子に、今なっているというお話です。意識を変えることが、未来の自分を作るという理解が、現代人にはとても少ないように感じます。

冒頭にも書いた、何かしらの力が、私達の世界には動いているという考えを、現代の人たちは、少し違う解釈をしているのかもしれません。私達の知らない所で、世界は何かしらの力がうごめいていて、きっと、私達の知らない所で、その力は発揮されていると思っていると思います。筆者が言いたいのは、そんな世界の真理というようなお話ではなく、自分の世界は、大なり小なり、みんなそれぞれに持っています。その世界こそ、今自分が変えなければいけない、一番身近なコミュニティなのです。そして、引き寄せの法則は、簡単に言うと、ネガティブ思考は自分自身を、どんどんマイナスの連鎖に引きずり込んでいくという事。そして、マイナスの連鎖を、「最近ついてない…」とか「私が何をしたのよ!」と、自分の事なのに俯瞰で感じる事で、自らが生み出した結果という考えにいたらないのです。その考えにいたらないと、そのマイナスの連鎖は形を変えて、ずっとあなたにつきまとっていくことでしょう。そうではなく、全ての物事の結果は、例え他人が関わっていたとしても、自分が選択し、考えたことなのだという思考をもつことで、ネガティブ連鎖を断ち切る事が一番大切なのです。

l201106041200[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)