女性のコンプレックスの元と言えば…そう!胸の大きさです。
同級生のみんなのおっぱいがどんどん大きく膨らんでいく中、小さい自分の胸を見てため息をついた記憶がある人も多いのではないでしょうか?

近年の日本では、食事やライフスタイルの欧米化が進み、Cカップサイズが普通となってきました。そんな中、Aカップレディたちは肩身の狭い思いをしています。けれど、大人になってからでも遅くない!今からでもバストアップをがんばりましょう。自分のライフスタイルを見直しつつ、少しでも大きく胸を育て、サイズアップを目指すのです!

☆まずは姿勢を見直してバストアップ

バストが育たない人の中には、猫背の人がいます。バストアップのためには乳房を育てならないのですが、猫背の人はなかなか胸筋が発達しにくいのです。胸を張り、まっすぐの姿勢で歩くようにすると、適度に胸筋が発達し、胸が成長しやすくなるというわけ。これだけでも結構違ってきますので、姿勢が悪い人はちょっとチャレンジしてみてください。

☆続いてマッサージ!二の腕の脂肪をバストに移動
二の腕の脂肪をもみほぐし、脇の下からリンパを通りバストの上へ持って行く。
こんなバストアップマッサージがあるのを知っていましたか?

このマッサージ法には、脂肪をバストにプレゼントするのはもちろんなんですが、血流を良くするという目的もあります。胸の筋肉を発達させるためには十分な血流が必要。リンパの流れを良くし、バストにいつも血液が流れる状態を作りましょう。

☆胸筋を鍛えるためにエクササイズ

左右の腕を胸の真ん中でくっつけたり、合唱するようなポーズで掌を押し合ったりすると腕や胸の筋肉が使われているのがわかりますね。この運動はバストアップに効果的なんです。胸を支える筋肉を発達させることで、ぴんと上向きの形の良いバストを形成することができます。空いた時間にできるほど簡単ですので、試してみてくださいね。

☆きちんと睡眠を取るとエストロゲンアップ
バストアップのためにはきちんと睡眠をとることが大切です。質の良い睡眠は、女性ホルモンであるエストロゲンの働きをよくしてくれることにつながります。

バストアップには、このエストロゲンの働きが必要不可欠。エストロゲンがうまく働かないと、バストの成長は望めません。エストロゲンを上手にコントロールし、バストアップにつなげましょう。

☆食事でバストアップ?聞く食材はこれだ!

バストアップは食事の面からもアプローチできます。
一番有名なのは【おから】【納豆】【豆腐】などの大豆製品。大豆には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが多く含まれており、それがバストアップにつながるのだとか。

また、エストロゲンの働きを促す【ボロン】という物質が多く含まれているキャベツもバストアップに効果的。ただし、このボロン、熱に弱いため、生のまま摂取するのが原則になってきます。生のキャベツを大量に摂取は・・・ちょっときついかもしれませんね。

逆に摂取しないほうがいいのが【牛乳】

牛の大きなおっぱいからの連想か、牛乳飲んだらおっぱいが大きくなる!と言う噂が流れたことがありましたが、それは真っ赤なウソ。牛乳にバストアップの効果はありません。
もし、大きくなったような気がするのであれば、ただ単に脂肪が付いただけのこと。牛乳は、脂肪分が高いため、太りやすいというデメリットがあるので、美を追求する女性なら、ガンガン飲むのはやめておいた方が良いでしょう。

一時期はバストアップにいいとされていた、【ざくろ】と【赤ワイン】もバストアップの効果がないことがわかっています。

どちらも女らしさを感じる食物ですし、セクシーなイメージがあるためバストに効きそうではありますが、バストアップのために無理して摂取する必要は全くありません。摂っても摂らなくてもどっちでもいい。そんな存在ですね。

☆裏ワザで…きちんとサイズの合ったブラをつけるというのも手です。

ブラのサイズがあっているかどうかはとても重要な項目。特にサイズが小さな女性は見栄を張ってちょっと大きめのブラをつけていることがありますが、それでは逆効果。小さなバストが余計に小さく見えるだけです。アンダーとトップをきちんと測り、自分のサイズにフィットしたブラをつけるだけで、胸が大きく見えることもありますよ。また、正しいブラをつけることで、胸の成長を妨げなくなりますから、今までブラのせいで成長が滞っていた場合は、すぐにバストアップ効果を感じることができるようになるでしょう。

 

いかがでしたか?
胸が大きくなると自信もついてきます。実践できそうなものはどんどん実践してバストアップを目指してください。ただ、おっぱい占いの歌ではありませんが、女性は胸だけではありません。胸が小さいからと言ってあまり卑屈になる必要もないのです。他の面も磨いて素敵な女性になりましょう。



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)