人間には2種類しかない。それは男と女です。私たちが生まれた時、この2つに分類される意味は、きっと子孫繁栄のためなのでしょう。 だけど私たちは動物ではありません。子孫繁栄のためだからといって、好きでもない人とセックスをしたり、好きでもない人と愛の言葉を交わし合うなんてことはありえないのです。しかも動物ならそもそもアイノコトバなんて皆無ですよね。私たち人間に、言葉を与えてくれた神様はきっと、何十億人いる人間の中から、お互い惹かれ合うよう、パートナーを探すために言葉を作ってくれたのだと筆者は思います。 そして2人が出会い、お互いの口から思いを発し、気持ちを膨らませ、それが恋愛に発展していくのです。 子孫繁栄を大前提としているのならば、恋愛をするだけ効率が悪いのではないかという見方もできますが、神様はきっと、子孫繁栄をするにあたり、ちゃんと愛を持って後世につなげていってほしいと願ったのでしょう。



【男性は視覚で恋をする】
人間が男と女に分けられた時から、男女の体の中のメカニズムは多少異なっていきます。種類としては同じ人間ですが、やはり脳におけるメカニズムも、体の中の機能も異なっている分、人を愛するという行為にあたって感覚は全く違うのです。男性が恋に落ちる瞬間は、例えてみる⇒「男は第一印象5秒で決める」とよく言われますよね。その理由は、男性は異性を見た時一番に働く本能 機能は視覚だからです。 ですから、男は本当に可愛い女の子が大好き!という言葉が世にはびこるのでしょう。 その言葉は、本当に心理をついていて、世の中にあるAVやエロ本など、視覚を刺激するものが多いのもきっと、その理由から来ているのだと思います。 この本能的な部分が立証されているのならば、男性はやはり女性のことを外見だけで判断しているということになってしまいます。ですが、そうなると、これからの結婚者数もどんどんどんどん低くなってきてしまいますよね。そうなってしまっては、宇宙の真理の大前提における子孫繁栄という部分が薄れていってしまいます。 それは、神様もきっと困ってしまいますよね。 ですから、男性の目には少し薄いベールのようなもの被せているのです。 女性よりも少し脳を単純にし、顔は美人だけど性格がブサイクと分かれば、やっぱりお付き合いはできない!という結果になるように。 外見もよくて、中身も良い女性なら、男性からすると大満足だと思いますが、男性の目には薄いベールを被せられているので、外見が最大級に美人ではなくても可愛らしいと思えれば、その第一関門はクリアできるのです。何様だと女性からすると言ってやりたくなりますよね。ですがそれは男性の本能的な部分なので、男性自らが「俺はこんな男だから!」という認識ではなく、無意識に起こってしまう現象なのです。ですがそこで、男性が一番、男性なりに、目怒らし考える時期があります。 それは結婚です。 その第一関門がクリアされたとしても、やはり結婚するにあたって深い関係になれるとか、性格や価値観、男性なりに中身で決めるのです。ですが女性のように、将来設計や一緒に人生を歩んでいこうと思う、生活能力に優れているかなど、そういった深い部分まで読み取ることはありません。



【女性は聴覚で恋をする】
男性はこのように視覚で判断する傾向が強い生き物ですか、反対に女性はどの部分が発達し、どんな本能で相手を見極めているんでしょうか。男性が視覚に比べ、女性は聴覚なのです。 女性がよく男性に対して「あなたの声って素敵」という言葉をよく使いますよね。その理由は本能的な部分が大きく作用していて、女性は男性よりも言語中枢が発達していることから、声が言葉を聞き分けたり、読み取ることに長けているのです。つまり女性にとって、恋に落ちるためには、言葉や会話は必須ポイントとなるのです。男女の聴覚器官は、生まれた時から異なっていることご存知ですか?女の子の赤ちゃんは男の子の赤ちゃんよりも、早くお母さんの声やお父さんの声、そして周りの音などを聞き分けたりします。だから言葉を話すのが、男の子よりも女の子のほうが早いのでしょう。また女性は言語処理をつかさどる左脳に神経細胞の数が多く、使われている脳の部分が多いのです。 よく、男女のケンカで、「あなた昔こういったよね!」と女性が言うと、「そんなこと言ったっけ…」と男性が言うという会話をよく繰り返してしまいますよね。その理由はというと先ほども言ったとおり、女性は男性よりも言語処理機能、言語中枢が発達しているため、ささいな会話などでも細かく記憶しインプットしてるのです。そして女性は、どれだけ大切なことでも男性は覚えていない…という現実に苛立ちを感じたり、無駄に悲しくなってしまったりするのです。こういうときは、無駄に悲しくなる必要ありません。そして苛立つ必要も無いのです。男性は主に、女性よりも言語中枢が活発ではないため、こういった状況はある意味仕方がないことなのです。 今回の話で、女性は言葉や会話に惚れるという記事を書いていますが、状況見て分かるように女性からすると、視覚で恋をするわけではないので、男性が女性のことを外見で判断しているという部分に、理解できないと反論するのでしょう。 ですが女性も、どれだけ顔がカッコ良くてスタイルが良くても、愛の言葉を囁いてくれない、言葉を大切にしてくれない、自分が発する言葉に責任を持ってくれない男子には、第一関門さえクリアすることはできません。もしかすると男性よりも女性の方が、その第一関門クリア率は低いのかもしれませんね。やはり女性は体の構造的にも受け身となるので、そういったものは狭き門という本能的な部分が働いているのかもしれません。


69E93B56-B956-4022-A8CB-A19AD08442D3[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)